五代雄介


 平成がもうすぐ終るそうで焦っております。どうしたらよいのかわからないので、怪獣ハウスでは、平成ライダーのイラストを最後の日まで描いていくことにしました。
 と言っても、全員は描ききれません。だいたい平成ライダーが何人いるのかわからないのです。実情を知らない人は『そんな基本的なことが?』と不審に思われることでしょう。それが、わからないのです。

 とりあえず第一作「仮面ライダークウガ」から。Episode 1「復活」。五代雄介・オダギリジョーが話しかけてきます。迷子になって泣いている子を見つけてという状況設定なのですが、カメラに向かっての一人芝居。これが初登場シーン。
 この人が、新しい仮面ライダーのようです。藤岡弘、村上弘明、倉田てつお、かつてのスターティングライダーにくらべて表情がゆるい……私は、近所に住んでいる酒グセの悪い漫画家の友達に似ていると思いました。頼り無さそうな男です。しかし、そこは仮面ライダーでした。変身したら強くなるのですから誰がやってもかまいません。まさか、このオダギリジョーが、プロデューサーが三顧の礼で頼み込んだほどの俳優だったとは考えもしませんでした。

 今回、観直してみようとして気がついたことがあります。DVDは普及し始めていたはずですが、私はまだVHSで保存していました。そして、昭和ライダーと違うのは当然だとしても、現在放送中の平成ライダーとも違います。独特。孤高とも言いたいテイストがあります。ハイビジョンに移行する過渡期で、映像は技術的実験段階の観もあるのですが、作品としても実験的で挑戦的です。仮面ライダーの称号を冠するヒーローを世に問う真剣さが伝わってきます。

 まずリアリティーが追及されました。そのため、ドラマ中に「仮面ライダー」という言葉は出てきません。また、人間側は怪人の名前を知りません。また、それまでほとんど活躍しなかった警察が(仮面ライダー)クウガと共闘します。
 そして、人が殺されます。前作(10年前)「仮面ライダーブラック」の頃は自主規制していたのか、特撮番組で人が殺される描写は無くなっていたのです。Episode 1で怪人に殺された人の遺族のその後がEpisode7 で描かれていたのには感動しました。真剣に変身ヒーロードラマを作るなら、批判も怖れず殺傷シーンを入れなくてはなりません。人の死なない変身番組は欺罔であって、人が死ぬドラマを良心的番組と呼びたい。

 そこでオダギリジョーが偉いのは、脚本に一度「死ぬ」と書かれてあったら、前日、一睡もせず蹌踉となり、死体に見えるよう役作りをして撮影に臨んだというのです。
 オダギリジョーの五代雄介にはEpisode が進むにつれ魅了されていきます。クウガに変身して戦う理由は「みんなを笑顔にしたいから」。そして、それは「キレイごと」だとわかっているのです。
 仮面ライダーとは何か…一つの答として、それは「キレイごと」。
 とことんやさしくて、ものすごく強い。そんな完璧な男がいて欲しいと誰もが願うのですが……最終回Episode 49「雄介」で、クウガ五代雄介はいなくなります。わかば保育園の園児もさびしがります。雄介の妹で保母のみのりが言いました。「本当はいてはいけない」と。神にも悪魔にもなれる絶対的完全な存在を、不完全な人間の社会は受け入れることが出来ないのではないか?「仮面ライダークウガ」は、たどりつきそうになった結論を次作に渡します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今回リクエストイラストをお願いしようと思いましたが平成ライダーのイラストを平成最後の日・・・つまり4月30日まで描く予定みたいなので5月以降に改めてリクエストしたいと思います。
平成ライダーって確か主人公意外にも仮面ライダーが存在するので収拾がつかないような気もしますが頑張って下さい。

謹賀新年

明けましておめでとうございます
今年も特撮の話をしましょう。
特撮イラストのリクエストなら、いつでも大歓迎です。平成ライダーにこだわっているわけでもないのです。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking