シャドウナイト


 長坂秀佳シナリオ秀作撰さらば斗いの日々そして…四回目「キカイダー01」。最初から長坂さんが脚本を書いています。前回、「人造人間キカイダー」はテレビより漫画版の方が完成度が高いと書きました。漫画にも01は登場するのですが、最後までキカイダー・ジローが主人公です。ジャイアントデビル(アーマゲドンゴッド)も完成しますし、ハカイダーも最後まで存在意義を失いません。そして、ピノキオの絵本から始まったこの物語が、きっちりピノキオで終るのです。全六巻の単行本を友達に借りて読み終えたときの感動が忘れられません。何度も再販されるのですが二度と読みなおしていません。十代のときの感性で読まなければ意味が無い気がするのです。繊細であやういストーリーです。

 で…テレビ版「キカイダー01」は何度も何度も観返しています。前作「キカイダー」がガタガタした印象があるのは、開米プロの不細工なぬいぐるみロボットのヨタヨタ感から来ているのですが、「キカイダー01」ではその不出来なぬいぐるみを色を塗りなおして再使用しているのです。01の乗るダブルマシンも新車を購入せず、ジローが使っていたサイドカーの流用です。ハカイダー四人衆はもちろん、ハカイダーのアトラク用スーツ……。製作費をケチっている事情が画面からガンガン伝わってきます。実際、石油危機でロボットに入れるガソリンに困っていると嘆くセリフもあります。日本の怪獣ブーム、変身ブームを世界経済の潮流というマクロな視点で俯瞰する必要もあるかも知れませんが、怪獣ハウスではしません。

 一つだけ書いておきたいことがありました。「キカイダー」の予告編を読むナレーターがダークロボットのことを「怪獣」と言っています。実際の動物をモチーフに造られ、人間並みのAIを搭載したロボットは怪獣ではありません。ついでに…ハカイダーはサイボーグだと言っていますが、人間の脳を入れても、人格をオミットしていたらサイボーグと呼べないと思います。統制感の無さがテレビ作品「人造人間キカイダー」の弱点です。

 では、最初から長坂秀佳さんがメインライターだった「キカイダー01」が統制がとれていたのかと言うと、そうでもありません。行き当たりばったりに作っているようにしか思えないのです。ハカイダー四人衆は合体してガッタイダーというわけのわからない物になります。謎の女リエコは、それまでの経緯を無視してロボットだったことになります。緊張の糸を弛めることが許されない逃亡劇の合間にも、タイアップのホテルでは、温泉につかってほっこりして未開人のダンスを満喫します。すべりまくりの百地玩太はいつの間にか消えました。第19話では日本にいながらインデアンに襲撃されます。場所柄をわきまえず襲撃するインデアンにも過失はありますが、襲撃される側が疑問を感じないことが問題です。ガタガタとかヨロヨロという表現を超えた不条理です。それでいながら、子供向けのゆるいことをやっているわけではありません。第21話「吸血の館 美人女子寮の恐怖!」では強姦からの妊娠、出産を暗喩させています。

 その第21話の脚本は長坂さんなのですが、監督は今村農夫也という人。他の子供番組では見ない名前です。第20話から参加して、小林幸子がゲスト出演する35話や、ハカイダーが恋する28話などを演出して、最終回もこの監督です。

 前作「人造人間キカイダー」はストーリーや設定に破綻が見られても、服部半平役のうえだ峻とかギル役の安藤三男がいて、ドラマを支えていたのですが、「01」には、そういう俳優が存在しません。しかし、私が功労者として考えるのは、ハカイダーです。新組織シャドウが出現したときや、ザダム、ビジンダーらの新キャラクター加入時に、その存在理由は無くなっていたのですが、ついに最終回まで生き残っていました。キカイダーと対決していた頃の颯爽とした姿を思えば、無意味に生きているだけのハカイダーは痛々しくもあったのですが、それでもかっこよかった。「キカイダー01」が人気番組として語り伝えられるのはハカイダーの功績だった、というのが私の説です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking