サイドマシーン


 長坂秀佳名作集さらば斗いの日々そして…三回目は「人造人間キカイダー」。例のごとく伊上勝さんによって書き始められたのですが、新番組「仮面ライダーV3」の方が忙しくなり、後を長坂さんが書き継ぎます。実質上のメインライターになりました。ご本人は、乗っ取ったという言い方をされます。宿命的に「仮面ライダー」と比較されるのですが、作品としては上という評価で語られてきました。「人造人間キカイダー」くらい評価の定まった作品は無いかも知れません。評価の定まってしまった作品……良心回路の規矩から脱することができないジローのようです。

 「キカイダー」と言えばハカイダー。終盤に登場するこのキャラクターの功績で名作として完結します。しかし、ハカイダーが出てきたために、それまでのエピソードが全部三番叟になってしまったことは、作品として悲劇ではなかったか?という見方を提示した上で、ハカイダー以前のベストエピソードを選ぼうと思ったのですが、これも第11話「ゴールドウルフが地獄に吠える」という定番が決まっていました。長坂さんの脚本で、光明寺博士に造られた、キカイダーの兄弟ロボット。月光電池で動くゴールドウルフを演じたのは坂口徹郎!

 あと一つの悲劇的評価の定番は、漫画版の方がテレビより完成度が高いと言われていること。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking