ワルダー


 宇宙船文庫「日本最強悪役列伝」(昭和62年6月)。「月光仮面」から「超人機メタルダー」までのテレビ悪役200人を選出した本。大々的な世論調査をしたはずはなく、構成執筆として記名されている大石真さんほか三人くらいで決められたものだと思います。なぜか安藤三男のキャラクターが多く上位に選ばれているなと思うくらいは特に異論はありません。バルタン星人とジャミラは入っていますが、知能の低い怪獣は悪役の定義から外されているようです。
 そのバルタン星人は2位で、1位はハカイダー。ハカイダーの1位は現在も不動。ヒロインNo.1が永遠にアンヌ隊員であることとともに、考えてみれば「特撮」は動きの少ないジャンルです。

 前々回ビジンダーを描いたので、今回はワルダー。「日本最強悪役列伝」には15位で入っています。キカイダー01を倒すためにシャドウが雇った殺し屋ロボット。誰に造られたのかという出自が明かされません。ダークとシャドウ以外にもアンドロイドのメーカーがあり、レンタルもやっているのかという空想がひろがります。原作漫画にも登場しますが、まったく違うキャラクターです。初登場回の脚本は長坂秀佳さんなのですが、むしろ勝手な方向に独り歩きして行ったようなヤツです。
 おそらく、当初はキカイダーに対するハカイダーのような、01の好敵手として設定されました。ハカイダーの武器が銃だったので、ワルダーの武器は剣。なりゆきでサムライロボットの性格が与えられました。悪役ながら清廉潔白というオリジナルでハカイダーとのキャラクターの差異を確定させます。唯一の弱点はQちゃんと同じで犬が怖いこと。(なお長坂先生は犬好きで、作品にも犬がよく出てきます。)

 サムライロボットにされたことが、ワルダーにとっては幸だったのか不幸だったのか?昔の武芸者が武者修行で強くなっていくように、ワルダーのシステムも闘争を経験することで学習するプログラムですが、やはり、往時の剣士が真剣の決闘を勝ち抜きながら、精神を高めていったように、ワルダーの電子頭脳も精神的なものを醸成していきます。戦って勝って強くなる…その先に何があるのか。すなわち、キカイダーと同じ悩みを持ち始めました。自分はなぜ人造人間なのか?
 同僚ともいうべきハカイダーは相談相手になりません。知能は高そうですが狡猾な野心家であるこいつとは、最初から気が合いませんでした。むしろ、敵ながら強くてまっすぐな01に敬意を抱くのですが、それだけに弱みを告白するには男の意地が邪魔します。
 そこに、ビジンダーがいました。女の姿で油断させて01を倒すというコンセプトで造られたシャドウロボットだったのですが、01に良心回路を入れられてしまいました。人間的な思考が働き始めると、女であるだけに外見への苦悩は深刻になります。ワルダーは、人間社会でロボットとして生きる疑問と、目下の悩みをうちあけます。ビジンダーは共感しました。複雑な気持ちを理解してくれるビジンダーに感じた母性はすぐに恋情に変化します。剣の道を極め、禅境に至る可能性もあったサムライプログラムだったのですが、導く師に出会えなかったワルダーは恋慕の獄に堕ちてしまいました。

 しかし、ビジンダーが好きなのは01だったのでした。ワルダーは、守り刀として宝刀村雨をビジンダーに贈ります。これは自分の刀正宗とセットになっているものです。このワルダーの思いを込めた刀を…ビジンダーは、01にやってしまうのです。ワルダーは嫉妬に狂って01に決闘を挑み、村雨で斬られて死にます。

 奥山にふみわけ入りて人里に出る。柳生十兵衛のこの言葉をワルダーに供えたいと思います。非情の道を追い求めた先にも人の世が恋しくなると、いにしえの剣豪が言っていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking