ショッカー2


 宇宙船文庫「仮面ライダー立体資料集」(昭和61年11月)。仮面ライダーの研究的検証は、シリーズ空白期に始まりました。モデラー達はフィギュアを造ったり、マスクを再現しようとするのですが、まず、旧1号の色が判りません。主題歌では〽緑の仮面~と謳われているのですが、テレビ画面や印刷物では、うすいブルーか濃いグレーに見えます。市販のラッカーに無い色です。
 実は、ダークグリーンに塗られていたのですが、フィルムに写ると真っ黒になるので、その場でプッとパールを吹いたのでした。その分量は当然不明です。目の色が中途ハンパにピンクなのは、本当は透明にしたかったのですが、当時の材質には不純物が混じっていたので、成型して硬化させると計算外の赤味が出てしまったのです。2号からは、ザボンのクリアレッドを塗って真っ赤にしてしまいます。
 その2号の仮面の色も一定しません。最初は緑だったのですが、その塗料が切れたので黒になります。新1号編ではライトグリーンになり、その後も緑になったり黒くなったりしながら、現在はライトグリーンです。

 立体資料集、圧巻は西村祐次さん構成執筆の仮面ライダーおもちゃコレクション。参入したメーカーはタカトク、バンダイ、ヨネザワ、ブルマーク、マスダヤ、タカラ……そして数多の海賊業者。商品数において比肩する番組はありません。仮面ライダーによる当時のバンダイの年間収益は300億円とも500億円とも云われています。昭和47年度の東映の収益も300億円でした。毎日放送と石森プロにも同等の利益が配分されていたものと推測できます。
 立体物ではありませんが、仮面ライダースナックのカードについても言及されています。噂ですが、かっぱあられから社名を変更したカルビーはライダースナックの売上で、北海道に広大なじゃがいも畑を買いました。そこで採れたじゃがいもで作ったサッポロポテトとポテトチップスが、大ヒット商品になります。実はそれまでの日本人は、おやつとしても主食としてもあまりじゃがいもを食べていなかったそうです。

 仮面ライダーが日本人の食習慣を変えたと言えば牽強付会になりますが、この時期、異常な本数の怪獣怪人番組が作られたことの原因は仮面ライダーにあります。安く作ってガッポリ稼げるのが変身番組だと思われたのです。玉石混交であることは論証するまでもありませんが、唯物弁証法量質転換の法則というか、この時代の作品群が現在に続く日本特撮と特撮ファンの資源であり宝物です。

 仮面ライダーの功罪。その罪障も特撮ファンとしては糾弾しておきたいと思います。仮面ライダーが稼ぎ出した100億円とも1000億円とも云われるお金は、いも畑の買収に使われこそすれ、撮影現場に還元されることはありませんでした。製作予算の相場として前例になり、スタッフや俳優の困苦は後々にまで続きます。
 仮面ライダーにおける平山亨さんと伊上勝さんの罪科は、子供番組の程度を下げたことです。日本の子供番組は、実写にしろアニメにしろ、最初から高度なものを指向していました。昭和34年の東映テレビ作品「七色仮面」は、ストーリーにおいて「仮面ライダー」より複雑難解です。「仮面ライダー」の企画書には参考作品として東映動画の「タイガーマスク」が挙げられていますが、核心にあった、人間の成長を描き剰え社会問題を追及せんとした気概は継承されませんでした。
 平山さんと伊上さんには大傑作「仮面の忍者赤影」があります。面白さと完成度において「仮面ライダー」は、これを超えていないと思います。それでも、商品として、具体的な金額で証明されたら、仮面ライダーで採られた手法は正しかったことになるのです。
        つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking