マグネドン


 宇宙船文庫「帰ってきたウルトラマン怪獣事典」(昭和61年3月)よりマグネドン。じつは「タイガーマスク研究会」から怪獣ハウスへ飛ぶバナーのシルエットもマグネドンです。
 昔……ポピーから「キングザウルス」というシリーズでウルトラ怪獣のソフビが発売されていました。おもちゃ売場で見ていたら、背後から母が「一つ買うてやるで」と言ってきました。そんなことを言われたのは初めてで驚きました。このアホには勉強せえと言ってもムダだと見限られたのかと背筋が寒くなりました。それはそれとして、せっかく買ってくれると言うのです。買ってもらおうではありませんか。
 ところがです。この中から一つだけとなると、どうにも選べないのです。レッドキングにしよか…いや、もっと珍しいやつにすべきか…グズグズ迷っていたら、小さい子供が来て「あっ、これもの凄うカッコいい」と即決でマグネドンを持っていったのでした。

 マグネドン。デザインはプロデューサーの熊谷健さん。素人だと甘く思ってはなりません。「帰りマン」最強の人気怪獣ベムスターも熊谷さんのデザインです。顔の位置が低いのでMATが地上戦をするときに目線が合います。その際、首の後ろの絶妙な位置から生えた角が威圧し圧迫してきます。名前の通り強い磁力で飛行機の計器類を狂わすため、高空からの攻撃が無理なのです。

 マグネドンが登場するのは第20話「怪獣は宇宙の流れ星」このサブタイトルでは宇宙から来た隕石怪獣かと思いますが、地球の怪獣です。『いや、校庭に落ちた隕石を次郎が持って帰ったら怪獣になったような記憶がある…』という人がいると思いますが、それは前の回のサータンです。では出身地はどこかといえば、北極の地底!氷の中ということでしょうか?その下は海なので、さらにその下ということか?そして、どんなコースを通って日本に来たのか?理由は?
 脚本は石堂淑郎さん。脚本家として既に映画界に重きをなしていた人です。晩年は時事評論を連載して日本の御意見番と呼ばれていました。最晩年は“賢人”の称号で紹介されていました。しかし、ウルトラファンにとっては、永遠のバカライターです。とりあえず雑。

 とにかく雑。マグネドンはダムに迫り、チョコっと穴を穿ちます。水が漏れてきたところで郷秀樹がウルトラマンに変身。ウルトラブレスレットをペチャっと貼りつけてダムの穴を応急処置。そうしておいてマグネドンと戦うのですが、こいつがなかなか強い。地球の無限の磁力をエネルギーにしていることに気づいたウルトラマンは、地上から離して宇宙へ連れ出そうと思いました。ダムの穴をふさいでいたウルトラブレスレットを戻します。へ⁈(°_°)当然ながら、また水が漏れ溢れてきます。
 ウルトラマンはブレスレットを光のロープに変えマグネドンを縛り上げます。そして、宇宙へ。その後のダムの描写は無し。

 さて、宇宙へ出ました。この時点で普通の動物は死にます。死なないまでも事態は解決です。しかし、ウルトラマンは引力がありそうなどこかの星に着陸。引力があるということはマグネドンの喜ぶ磁力もあります。ウルトラマンはわざわざ不利な状況を作って仕切り直し。格闘再開。またまた苦戦。結局ブレスレット頼みで辛勝。マグネドンは粉々になりました。その粉砕されたマグネドンのかけらが地球に降りそそぎ、大気圏で燃えます。ここでサブタイトル「怪獣は宇宙の流れ星」の意味がわかります。まて⁉(`o´)やっぱり納得できません。よその星で砕けた肉片が地球に降ってくるなんてことはありえません。これが、石堂脚本です‼

 石堂さんの次作が第23話「暗黒怪獣星を吐け!」。さらにひどい問題作なのですが、石堂さんが参加してから、20%を切りかけていた視聴率が恢復したというのです。以降のシリーズでも、視聴率が下がってくると石堂さんに脚本を頼みに行きました。「ウルトラマン80」の最終回も石堂淑郎脚本。「あ!キリンもゾウも氷になった‼」というサブタイトルで、昭和のウルトラエピソードの掉尾を見事に辱めてくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking