アイスキュロス


 宇宙船文庫「ウルトラマン怪獣事典」「ウルトラセブン怪獣事典」(昭和60年4月)。この二冊は、特撮ファンでもない友達の部屋の本棚に、それこそ何かの参考にという感じで並んでいました。「わしも持っとるで」と言ったら、叱責されました。ウルトラ怪獣図鑑のたぐいをあれほど持っているのに、そこにこの二冊を買い加えることはもったいないと。言われてみたらその通りで、ウルトラファンの基本知識を超えることは書いてありません。
 ただ、とても感じの良い本なのです。真面目な同級生の本棚に参考書と一緒に並んでいても違和感が無いのです。逆に言うなら、不真面目な劣等生の私には似つかわしくない本かも知れません。

 で、今回のイラストはコレ。公式にはアイロス星人とされていますが、ファンの間では違うと言われています。円盤の方はウルトラホークに撃墜されるのに、本体の方がアイスラッガーをはね返すのはおかしい。アイロス星人が連れてきた怪獣(古い兵法用語では貔貅と云う)と考えた方が納得がいきます。アイロス星獣と呼ぼうかと思いましたが、アイロス星の動物ではないかも知れないし、人工的な生物かも知れません。「V3から来た男」の準備稿ではシリウス星人が連れてきたアイスキュロスという名前になっています。カッコいいのでこれにしました。

 第13話「V3から来た男」の脚本は市川森一さん。「快獣ブースカ」から抜擢されてのウルトラシナリオ第一本目です。地球防衛軍のディティールを書き込んだような話です。
 宇宙からの侵略者に対しては、Vナンバーの警戒ステーションから戦闘機隊が出動して大気圏に侵入する前に邀撃するシステムになっています。宇宙戦闘隊に選抜されるのは技倆優秀な者なのですが、戦死する確立は高く出世コースからも外れた貧乏くじポストでもあります。いくら手当てや恩給をもらっても宇宙に常駐しているので使う機会がありません。宇宙ステーションV3戦闘隊長はクラタ。キリヤマとは士官学校で同期。実技での成績は自分の方が上だったのに、ウルトラ警備隊の隊長になれなかったことに不満を持っているという設定。すごくリアルです。
 さらにリアルなのは、この人事が適材適所であること。キリヤマ隊長は最後まで部下から犠牲を出しませんでしたが、クラタ隊長はよく部下を喪っています。基本的に個人プレイの人なのです。キリヤマが警備隊から戦死者を出さなかったことは幸運も手伝っていたのですが、運が強いことも古今の指揮官に大きく求められる資質です。

 キリヤマとクラタ……。阪神ファンなら村山実と江夏豊の関係を連想します。一方は監督になり、一方は阪神を追われて、あちこちのチームを転々とし、どこへ行っても喧嘩していました。あるいは西川きよしと横山やすし。一方は国会議員になり、一方は犯罪者。キカイダータイプとハカイダータイプ。どちらかといえば、男の理想型はハカイダータイプなのですが、市川森一さんはキカイダータイプだったと思います。ブースカからセブンに行って、子供番組から大人番組に行って、シナリオライターとしてテレビ人として華麗に成功してゆきました。それをハカイダーのように妬んでいたのが、長坂秀佳さんだったと云われています。

 防衛組織の機能分担が一番丁寧に描写されていたのは「ウルトラマンガイア」のXIGですが、軍隊としての説得力は圧倒的に「ウルトラセブン」の地球防衛軍です。スタッフやキャストに戦争体験があり、自身が軍隊に入っていた人もいたからです。XIGを見ていて気になるのは、上級者下級者関係なく基地内無帽で挙手の礼をしていることです。私にはふざけているようにしか見えません。「V3から来た男」の一場面。ホーク1号の格納庫に続く通路で、マナベ参謀に「キリヤマを守ってやってくれ」と言われ、クラタは背筋を伸ばし上体を15度前に倒します。あれが正しい敬礼です。
 なお、クラタ役の南廣は昭和3年生まれ。昭和20年の時点で徴兵年齢に達していないので軍隊経験はありません。ところが、菱見百合子によるとキリヤマ隊長中山昭二は昭和3年生まれなのに軍隊に入っていたといいます。どういうことかと思ったら、なんと少年兵に志願していたのでした。

 「V3から来た男」完成作品のラストシーンはクラタとキリヤマのしみじみとした別れなのですが、シナリオでは、V3帰還後、アイロス星人の円盤艦隊が逆襲してきて、クラタがまた迎撃に出るというものです。戦争続行のままで終る話は無いので、こっちの方がよかったかなとも思います。
 あと、南廣の風貌は、202機撃墜の零戦パイロット岩本徹三中尉の写真に似ています。この人も酒呑んで慰安所から出撃するハカイダータイプです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking