ウルトラマンパワード


「宇宙船」Vol.66(平成5年10月)。現地取材「ULTRAMAN THE ULTIMATE HERO(日本題『ウルトラマンパワード』)」。ウルトラマンがいよいよハリウッドに進出。登場する怪獣も、成田亨デザインを前田真宏さんがアレンジして現地のスタッフによってぬいぐるみが製作されました。高山良策さんのオリジナルとどっちが良いかと迷うくらい素晴らしいものが出来上がりました。オーストラリアで作られた「ウルトラマングレート」よりも「ウルトラマン」に近いことを日本のファンは喜びました。もちろん、日本のファンは、我らのウルトラマンがアメリカ人のド肝を抜いて、その勢いのまま世界のウルトラマンになるのだと思っていました。

 ところが…残念なことに、アメリカでは、大評判にならなかったのでした。突然巨人になる理由が解らないとか…怪獣との格闘が動物虐待に映るとか…この理解の差異を歴史観または宗教観の違いとして研究してみれば興味深い結論が出るのかも知れません。かといって、アメリカのヒーローが日本に受け入れられていないかといえばさにあらずで、人気があります。

 80年前に生まれたアメリカのヒーロー、スーパーマンやバットマンは現在も続いているようです。公開される新作映画を観て驚くのは、ウルトラマンより長い歴史があるのに、あいかわらず、クラーク・ケントとブルース・ウエインで、一人なのです。
 いや、驚くほうがおかしくて、歴史的に観れば、日本古来のヒーロー、桃太郎や金太郎、水戸黄門も鞍馬天狗も一人です。増えるほうが不思議なのです。巨大化もしません。宗教的に観ても、御本尊御神体が入れ替わってゆく宗教はありません。ウルトラマンが特殊過ぎるのです。これ自体が独立した宗教かも知れません。

 テレビ番組で、京都府福知山出身の芸人が、昔話の二大ヒーローといえば桃太郎と金太郎だが、桃太郎にくらべて金太郎の話はつまらないという説を提示していました。
 金太郎側に立って弁護しますと、金太郎の物語は熊との相撲で完結するのではなく、これは、大江山の鬼退治のサイドストーリーのうちの一つなのです。大江山の鬼とは、実は山賊の集団であったというのが定説になっています。これを征伐した源頼光の家来の一人が坂田金時。城門破壊用の巨大鉞がアイテムとして人々に注目されました。想像ですが、風貌や性格も良かったのだと思います。出自が源平藤橘の武家でなかったことも庶民の人気者になる理由たり得たと思います。(対して桃太郎は景行天皇の第ニ子という貴種説あり。)そこで作られた話が「金太郎」です。昔は山姥の子供だったのですが、現代人に共感が得られなくなって人間の母親と山で二人暮らしに直されました。このへんで話が骨抜きになっていったのです。

 前回、京都から大阪まで易々と歩いてくるゴジラの脚力に脅威を感じていたら、大阪学院陸上部(当時)の高橋尚子にとっては、京都大阪間は隣の家へ遊びに行くくらいの感覚だったという話になりました。大江山は、京都から自動車で二時間くらい…現在の福知山市にあります。ウルトラマンファン必見の成田亨さん製作鬼の銅像が建っています。この距離を往還して京都市中で狼藉略奪を繰り返していたとは、それが鬼であろうと山賊であろうと無理ではないか?私が伝説を疑ったら「日本陸軍はもっと重装備で、大江山の鬼どころかヂンギスカン、アレキサンダーに匹敵する距離を歩いたのだ」と、父が論証しました。その親父も先月末の寒波にやられて死にました。 征軍行萬里 寒風吹戦衣
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking