8マン


「宇宙船」Vol.62(平成4年11月)。「8マンーすべての寂しい夜のためにー」撮影速報。
 リム出版という書肆が、漫画「8マン」の復刻版を出したら予想以上に売れたので、そのいきおいで製作した映画。キャロル・キングのナンバーから8曲選んで、ジョー山中が歌い、それをBGMにして淡々とストーリーが進みます。
1. Down To The Darkness
2. It's To Late
3. Too Much Rain
4. Will You Love Me Tomorrow
5. I Can't Stop Thinking About You
6. Natural Woman
7. Brother Brother
8. Ain't That The Way
 あの…主題歌♫光る海、光る大空、光る大地〜は、最初にタイトルが出るところで、かすかにそれとわかるオルゴールの音が、思い出をよびさますように鳴ります。

 私論であり私感も入りますが、漫画・アニメが実写化されるときに私が重視するのは再現度です。映画「8マン」で主人公・東八郎を演じるのは宍戸開。原作に似ていません。この人は、その前年テレビドラマ「千代の富士物語」で国民栄誉賞級横綱の役をやっています。キャラクターとしても、孤独の探偵、苦悩のサイボーグの役にはふさわしくありません。宍戸開自身が、宇宙船Vol.62のインタビューでも「この役は自分ではないような気がする……」と心細いことを言っています。
 東八郎の前世=横田刑事の役はジェットマンで結城凱を演じた若松俊秀でした。どうせなら、結城凱の8マンが見たかったのですが、東八郎役に私が推薦したかったのは唐沢寿明です。ひたいの形が桑田次郎先生の描く東八郎と同じなのです。当時の唐沢寿明は何をやっていたのか?覚えておられるかたもあると思いますが、サントリーの栄養ドリンク「熱血飲料」のCFで熱血キッドなる変身ヒーローをやっていたのです。

 以下、漫画・アニメから実写になったものについて断片的に……。

 平成22年の映画「宇宙戦艦ヤマト」。キムタクの古代進はともかくとして、山崎努の沖田十三、西田敏行の徳川彦左衛門、柳葉敏郎の真田志郎、堤真一の古代守がイメージにピッタリで大喜びしたのですが、この日本製SF特撮映画の記事が宇宙船に載っていなかったのです。それより前の平成6年、やはりキムタクが特攻隊員役の戦争特撮「君を忘れない」も宇宙船に載っていませんでした。謎です。ちなみに香取慎吾の「忍者ハットリ君」、草薙剛の「日本沈没」は宇宙船に取り上げられていました。謎です。

 2年くらい前のテレビドラマ「ど根性ガエル」は評判よかったそうですが、再現度を重視する私としては不満でした。それよりも、同じくらいの時期のテレビドラマ「ハクション大魔王」は再現にこだわる誠意と熱意が感じられ高評価しました。それならば、再現度ベスト1は何やろか……と考えて、思い出したのが、ヤングジャンプの連載漫画を実写化した「押忍!空手部」(平成2年)!主人公高木の外見を松田勝がその肉体で完全再現していました。豆トピックとしては、まだ細くて若いころの彦摩呂が空手部員の役で出ています。「押忍!空手部」は漫画実写のB級グルメグランプリやあ〜。

「ベルサイユのばら」を本当にフランス人の女優で映画化したら、オスカルが女にしか見えなくて失敗したそうですが、外人の少女が演じる実写映画の「アルプスの少女ハイジ」を見たときも、ものすごい違和感を感じました。無意識下で青森県の山奥の物語くらいに思っていたのでした。私の思うハイジのイメージキャストは、スキージャンプの高梨沙羅選手です。(雪山での撮影も得意。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking