真仮面ライダー


「宇宙船」Vol.58(平成3年11月)。「真仮面ライダー」製作開始。石ノ森先生は予算と時間の問題で完成度に憾みが残る「仮面ライダー」を何度かリメイクしようとされました。スカイライダーもブラックも、実は、それまでのシリーズをリセットしてスタートしたのですが、結局最後は先輩ライダーが出て来てしまいました。しかし、今度こそ本気です。「真」の対語は「偽」。それまでの仮面ライダーは存在しなかったことになります……の、はずだったのですが、現在の立ち位置はやっぱり歴代ライダーの一人。公式の初参戦は、映画「全ライダー対大ショッカー」なのですが、それまでに紅白歌合戦の応援アトラクションでほかのライダーと一緒に出ていました。『あんたはそこに並んだらあかんやろ』と思いました。

「仮面ライダー」は予算と時間に追われていたことに加えて、毎日放送の容喙などで初期設定が変ってしまう場合が多く、画面が矛盾したりストーリーが破綻したりしています。そこを頭の中で弥縫し修整しながら観ていくので、仮面ライダーファンそれぞれに「真仮面ライダー」の物語が出来上がってゆきます。私にも「真仮面ライダー」があります。
 まず、ショッカー首領の正体ですが、スカイライダー最終回に姿を見せた宇宙怪獣ではありません。断定しますが、これは私の「真仮面ライダー」なのでおつきあい下さい。人間が想像しそうな形の生物を造って顕わしたのです。やつらの科学力なら可能です。それよりも、ショッカーを捜査してきたFBIの滝和也が、首領の正体を想像して「案外、つまらない人間かもな」と吐き捨てるように言った科白が印象に残っています。ショッカーの首領は人間です。「仮面ライダー」のテーマから考察しても宇宙生物であるより人間でなくてはなりません。
 改造手術の理論と技法はナチス政権時代のドイツで開発されたというのはオフィシャルな設定です。当時のドイツは世界水準の先を行くメカニック兵器を駆使したのですが、一方で、チベット密教とか超能力を研究し、これが戦争に役立たないかと本気で考えていました。インカ帝国の獣人製造法や日本の化身忍法も人体実験で検証し、動物や昆虫の改造人間を産み出したのです。
 それなら、ショッカー首領はヒットラーかという可能性も考えられます。不死身の改造人間になって君臨し続ける影の帝王ヒットラーという妄想はロマンの誘惑があります。しかし、地下室でピストル自決した総統の体と脳は、御存知の通り怪人ヒトデヒットラーに使われました。ショッカーとは、ヒットラーすらチンピラあつかいする大組織なのです。

 なんとなく…私は、子供の頃からヒットラーとナチスには欺瞞を感じていました。特撮でもアニメでも正義の日本人がナチスドイツをモデルにした悪の組織と戦います。先の世界大戦では日本はドイツと同盟国だったはずです。こう言うと、かならず杉原千畝の故事を免罪符のように持ち出して、日本人はユダヤ人を助けたと反駁されます。しかし、ユダヤ人の歴史の長さは日本の倍で、その四千年間、日本との利害関係は無かったのです。ヒットラーのユダヤ人差別には共鳴しようがありません。それは理解できなかっただけで正義からではありません。
 戦前のユダヤ人の数が1600万人、それが戦後には1000万人になっていたということで、差し引き600万人のユダヤ人が殺されたことになっていますが、ありえない数字です。ユダヤ教から改宗しただけです。ユダヤ人とは人種ではなく宗教概念なのです。日本人でそれをわかっていない人もいます。
 国家社会主義労働者党のヒットラーはドイツ国民の選挙によって指導者に選ばれました。その政権は他のヨーロッパ諸国からも支持されました。当時、本当に人気があったようで、戦前のアメリカでも青少年のアンケートで2位に入っていたそうです。ちなみに1位はアインシュタイン、3位がルーズベルト…。日本の子供にも下層階級からドイツ総統までのぼりつめた英雄として尊敬し目標とする人物像とされていました。それが現在、なぜ、歴史上絶対の悪人とされ、ドイツにおいてすら否定されているのか?ナチス・ヒットラーより、はるかに巨大な陰謀によって世界が瞞着されているに違いありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。いつも楽しく拝読しております。
仮面ライダーの繰り返しのリセットと本物の仮面ライダー、おっしゃるとおりで石ノ森章太郎は、何度も何度も仮面ライダーを作り直そうとしましたが、そのたびにずれていって、結局本物にたどりつけていないという印象が強いですね。仮面ライダーのマンガ(仮面ライダーのファンが仮面ライダーのコスプレをするやつ)とか、そういうコンセプトを含めても、ほんとの仮面ライダーというのがたどりつけないものなのかなと感じます。
それは現代にいたっても、おなじかなと思います。毎年、これじゃない感じの仮面ライダーが続々と出てますけれども…。そのこれじゃないということがもはや仮面ライダーのアイデンティティであるかのようでさえありますね。
それはそれとして、ショッカーの真の首領はなんなのかという考察はとても興味深いです。わたしも宇宙人説には首肯しかねます。同意します。宇宙人がわざわざ地球にやってきて、ちまちまと改造人間を作るかという気がするし、それなら世界征服でなくて地球制服だろうと思うし、だいたいあんな宇宙怪獣みたいなのの手でメスをもてるかっつーの、って気もするし。宇宙からやってきて地球の動植物ばっかりをモチーフにするのは納得できないし。金星怪人とか隕石怪人とかいないじゃないですか。
非常に人間的なことをしているのだから、人間に興味があるわけで、それは人間であることの証左であるとしか思えないわけです。突如宇宙人とかいわれて最終回だけぽーんと外れても、それまでの話とぜんぜん整合性がとれてないと思う。とってつけたような話で薄っぺらです。漫画版の変身忍者嵐もおなじように宇宙人というのがとうとうなエンディングでしたが、それはないだろうとしか思えなかったです。
もっとも悪の組織の首領の正体というのは、仮面ライダーや石ノ森章太郎に限らずむずかしいもので、リアルだなぁと感じたのは、『仮面ライダーX』の呪博士(神敬介の父の親友)、『仮面ライダーアマゾン』の十面鬼(これも親友だったか)、みたいなところですね。それまでのストーリーと無関係に出てくる首領は存在感が稀薄だと思います。身近なだれかの身内とか兄弟喧嘩みたいなものに、リアルさを感じるというか。ちょうど昨今だと、神社の相続で兄弟で殺し合ったりしてますけど。そういう土着的というか血縁的ななにかというのは、愛憎なかばする関係なんだなという印象です。そういう点では石ノ森章太郎ではないけど永井豪の『デビルマン』の首領の正体は、じつにすごいと感じます。
宇宙人とか宇宙怪獣はあまりにもギャップ大きいです。

真仮面ライダー

コメントありがとうございました。
私より知識が広く読解力の鋭いかたに、ショッカー首領人間説妄想について同意していただいたことを心強く感じました。私が確証を提示できなかったことも証明していただきました。人間に興味があることが人間の証左。まちがいありません。

変身ヒーローの概念を破壊するほどの衝撃をともなって誕生したのが仮面ライダーでした。既成概念を破ることが仮面ライダーのアイデンティティだとするなら、平成の新作も視聴者の予測を超え続けなくてはならないのかも知れません。それは血を吐きながら続ける永久革命のようですが、石ノ森章太郎先生は萬画宣言で、人間の創造力は無限だと断言されました。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking