薙羅


 宇宙船Vol.52(平成2年7月)。特集「ウルトラQザ・ムービー星の伝説」。佐々木守脚本、実相寺昭雄監督。難解というか難物な映画でした。ストーリーはいたって単純です。縄文時代から地球に住みついていた宇宙人が、現代人による自然破壊に辛抱できず宇宙に帰っていくというだけ。ああそうですかと言うだけです。実相寺監督も、テーマは自然への畏敬だと仰っています。しかし……どうも、それだけではないような気がしませんでしたか?

 この脚本は、じつは「ウルトラマン」のために書かれたものでした。昭和57年ATGで企画され実現しなかった映画「元祖ウルトラマン怪獣聖書」。「ウルトラマン」からウルトラマンを抜いて「ウルトラQ」にしたのです。試みに「星の伝説」にウルトラマンをあて嵌めてみると納得できなかった部分の辻褄が合います。
 怪獣薙羅が出現して暴れるのですが誰にも攻撃されないまま退場しました。怪獣が出た以上、なんらかの決着がつかないと観客はすっきりできません。もしウルトラマンがいて、これを退治していれば、現代人に最後の抵抗をして敗れ、あきらめた宇宙人は地球を去っていったことになります。
 また、女宇宙人(高樹澪)が古代からの経緯(と心情)を、あなたにならわかってもらえる気がすると万城目淳に告白するのですが、柴俊夫演じる万城目淳は凡俗にしか見えません。映画版での職業はテレビディレクター。なぜ、この男が地球人の代表に選ばれたのか疑問だったのですが、その役がハヤタであったら万人が納得します。

「怪獣聖書」は「佐々木守シナリオ傑作集 ウルトラマン怪獣墓場」(昭和59年/大和書房)に収録されています。その脚本と実相寺監督と佐々木守さんの対談、そして佐々木さんによるあとがきを併せて読んだとき「怪獣聖書=星の伝説」の裏にあった主題が見えてきます。
 まず「怪獣聖書」が書かれたのは昭和57年なのですが、物語の時代設定は昭和42年秋になっています。この時期の日本にウルトラマンはいなかったのですが、佐々木さんとしてはその時でなくてはならなかったのです。猛烈な文化大革命の時代。ベトナム戦争反対運動に呼応して、日本でも学生運動が盛んだった時代。若者が共産主義革命の実現をめざしていた時代。古代から住んでいたという宇宙人のモチーフは「アイアンキング」で佐々木さんが書いた不知火一族や独立幻野党と同じく共産ゲリラだったのです。地球に失望して故郷の星へ帰るという結末は、よど号をハイジャックして北朝鮮へ亡命した赤軍の行動と一致します。
 共産主義革命に敗北した後に掲げるテーマは、自然への畏敬、自然保護くらいしかなかったのでしょうが、日本の国家体制への批判は、平成二年の「星の伝説」にもくすぶっています。

 私は共産主義を勉強したことはないのですが、自然保護とは直結しない思想だという気がします。労働者が尊ばれる社会だということですが、農業にせよ工業にせよ、その行為は自然破壊です。直接、自然に接触することの無いテレビディレクター等の職業にしても、農産物や工業製品の恩恵に浴しているかぎり同罪です。共産主義から派生した主体思想も人間を中心にするもので、自然あるいは神を人間の上におきません。
 そういえば「星の伝説」に出て来る宇宙人も日本人に紛れて日本社会で生きていました。自然破壊の加担者です。自然破壊の当事者が自然保護を訴える映画が「ウルトラQザ・ムービー 星の伝説」という結論になりそうなのですが……

 ならば、佐々木守さんが戦っていた相手は何者だったのか?それは天皇です。国民学校三年生の夏に終戦。小学校に改まった五年六年の担任だった宮本博先生に教えられたのが民主主義。輝くような素晴らしい社会が到来するはずだったのに、あいかわらず天皇がいたのです。天皇とは天界地界冥界の王にして、すべての神々と全人類とあらゆる動物、妖怪までも統べるもの。そんな人が民主主義国家や共産主義国家に存在するはずがありません。人の上にいるのですから、当然、人間の作った法律を超越しています。これでは法治国家でもありません。こんなはずではなかったと、佐々木守さんは「アイアンキング」でも「星の伝説」でも大和朝廷が成立する前の縄文時代に先住民族がいたことを主張して、皇統の正当を否定していたのです。


 怪獣映画やヒーロードラマでは起きる事件がでかいので、しばしば国政体制を揺るがすような騒動になります。それでも、やっぱり皇室は聖域で「超光戦士シャンゼリオン」でも「シン・ゴジラ」でも、国体に言及することはありませんでした。つい最近、天皇陛下はどうなったんやろと心配したのが「仮面ライダービルド」です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「ウルトラQ」の世界で

「ウルトラマン」の前作「ウルトラQ」は東京に怪奇現象が起きたらどうする?というテーマの作品で特に怪獣が登場する回では視聴率が上がったため今度は宇宙から怪獣を倒す専門家を登場させようという企画で作られたのが「ウルトラマン」だったのは有名です。
僕としては「ウルトラQ」の世界で怪獣が登場した際にはウルトラマンゾフィーが登場して怪獣を倒す活躍があって欲しいと思いました。「ウルトラQ」の世界にゾフィーの登場は多くのファンが望んでいました。何故ならウルトラシリーズでゾフィーが怪獣と1対1で戦って勝った記録はゼロで他にもゴルゴダ星で貼り付けにされたりヒッポリト星人にオブジェにされたりと宇宙警備隊隊長のわりには簡単に罠にはまってしまうなど活躍も乏しいからです。

ゾフィー

 我々の世代はコロコロコミックやてれびくんのウルトラ漫画で、ウルトラ兄弟のリーダーとして大活躍するゾフィーの記憶が強烈にあります。
「ウルトラマンメビウス」ではサコミズ隊長がゾフィーと一体化しました。演じた田中実さんは真面目で頭が良さそうでゾフィーにぴったりだと思いました。

「ウルトラQ」の怪獣はうやむやで死んでいくやつがいるのでCGでゾフィーを入れることもできそうです。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking