ビオランテ


「宇宙船」Vol.50(平成元年11月)。G警報緊急発令「ゴジラvsビオランテ」。前作から五年の時を経ての大朗報!いやゴジラが甦って日本国土に上陸するのですから悲報と訂正すべきか。とにかく平成帝の御代にもゴジラが出現しました。さらに危険な新怪獣ビオランテ誕生……怪獣バカは怪獣さえ見ていたらよいってなもんですが、実写映画である以上、出演俳優も気になります。本作の人間側主人公は三田村邦彦と田中好子。なぜこの二人が選ばれたのか?当時、それが一つの疑問でした。江戸時代の飾り職人の秀さんがどうして科学者の役なのか?田中好子はキャンディーズの頃から知っているのでおばさんという印象があり、当時の私には感情移入しにくい対象でした。前作のヒロイン沢口靖子の友達という設定があったようですが十歳くらい離れています。その前作の主人公は田中健だったのですが、その配役を知ったときも、なぜこの人が?という疑問をいだきました。「俺たちの旅」で中村雅俊のたよりない友達の役をやっていましたが、ゴジラに結びつきません。そういえば、前作「ゴジラ」で小林佳樹が演じた総理大臣の名前が三田村でした。そこから三田村邦彦につながったのか、まさか……。ちなみに…すぐ近所に三田村邦彦いきつけの焼き肉屋があります。

 敢えて、こんなことを書いてみます。前号から始まった、満田穧監督の新連載「ウルトラの星を見た男たち」。ウルトラシリーズと円谷作品の製作裏話。必読の内容で今号以降も続くのですが私はこれが読めません。何度がんばっても無理でした。ねちゃねちゃの御飯といおうか糖尿病になりそうなあまったるい文章なのです。
 もちろん「ウルトラセブン」最終回の功労者で、トークショーで証言されるときは快活にお話しされます。日本国民で満田監督の声を聴いたことがないという人はいないはずです。ウルトラホーク発進を指令する管制官の声が満田監督です。
「宇宙船」の連載で毎号熟読していたのは、このブログで何度か紹介した平山亨プロデューサーの「私の愛したキャラクターたち」。歯切れの良い壮快な文章でした。しかし、晩年の平山さんしか知らないのですが、お話されたら滑舌の悪い人でした。歯切れの良い文章といえば、司馬遼太郎ですが、やはり晩年の司馬先生の講演を聴きに行ったら、滑舌が悪く何を仰っているのかわかりませんでした。

「ゴジラvsビオランテ」のラストシーン。三田村邦彦がちょっとした大活躍を見せます。それを評してスーちゃんが「バットマンみたい」と同年の競合正月映画に例えます。この一言で全部が台無しになってしまいました。前回「ロボコップ」は面白くなかったと嘯いた私ですが、ティム・バートン監督の「バットマン」は悔しくなるくらい面白いと感じたのです。以降の「バットマン」映画もハズレがありません。それでも、バットマンが好きとは言えない日本特撮ファンの辛さを誰が知るのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking