機動刑事ジバン


「宇宙船」Vol.49(平成元年8月)。巻頭カラー頁で紹介されるのは立体映画「仮面ライダー世界に駆ける」。ブラックとRXとロボライダーとバイオライダーが時空を超えて共闘します。敵はゴルゴムとクライシスの連合軍。高畑淳子も出演しています。仮面ライダー展とか石ノ森章太郎展で上映されるので私も二回観ているのですが、本来は夕張市の石炭と歴史村という観光施設の3D映写機のために作られたものです。
 炭坑で栄えた夕張は閉山とともに他聞にもれず廃れていきました。当時の夕張市長はやり手で「炭坑から観光へ」というスローガンをかかげて、遊園地を併設した炭坑史の展示館を作りました。それが「石炭と歴史村」です。また、市長はそのテの映画が好きな人だったらしく、国内外のB級ホラーやSF映画を招待する「夕張国際ファンタスティック映画祭」を始めました。これに便乗したのが…もとい!協力したのが仮面ライダーブラックでした。たびたびロケに行っています。映画の町夕張を宣伝し、ただで宿泊して帰ってきました。御存知の通り、バブル経済がはじけた後、夕張市はまっ先に財政破綻しました。

「世界忍者戦ジライヤ」の後番組は「機動刑事ジバン」なのですが、この作品はついに宇宙船誌上で特集されることはありませんでした。あきらかにロボコップの模倣で私も落胆しました。そもそもロボコップは、わが宇宙刑事ギャバンの真似でした。ギャバンのデザインにハリウッドがインスパイアされたということ。また、アメリカ側からの許可伺いを東映が快諾したという話に特撮ファンはわがこととして誇らしい思いになっていたのに…「ロボコップ」のヒットを見て、すぐに「機動刑事ジバン」が登場するとがっかりします。ジバン以前のシャドウムーンとロボライダーにもロボコップの影響は反映されていました。「ジバン」以降はずっとロボット刑事ものが続きます。ロボコップ自体面白いと感じなかった私には受難の時代の始まりでした。サイバーコップもロボコップにヒントを得た疑いがあります。

 ロボコップだらけだったあの時代、ディズニー映画が「ライオンキング」というアニメを公開しました。どう観てもわが手塚治虫先生の名作「ジャングル大帝」の剽窃です。全日本人がいきりたったのですが、ご遺族の方は著作権侵害というような問題にはしないと明言されました。これでみな冷静になり且つ感動しました。漫画やアニメは夢の世界なのです。俗世の法律や浮世の金銭に興味を持たないことが創造者本来の姿です。あるいは無頓着をよそおうことが戯作者の美学なのです。戦前、版権の無いのらくろの商品が日本中に出回りましたが、作者の田川水泡先生は周囲が注進しても訴訟問題にしませんでした。子供が喜んでいるのならそれでよいのだと。
……ところが、「ライオンキング」が評判になると、すぐさま「ジャングル大帝」の新作映画が製作されます。主題歌は松たか子でした。日本国民はひっくり返りました。あの清冽な感動はなんだったのか。

 話変りますが…劇団四季のミュージカル「ライオンキング」は登場人物が動物なので子供に喜ばれているらしいのですが、四季さんにこそ、どうせ同じことをするのなら「ジャングル大帝」を題材にして欲しかった。また、タカラヅカさんには「ベルサイユの薔薇」とか「スカーレットピンパーネル」をやるくらいなら「リボンの騎士」を歌劇にしてもらいたいと思います。あと…「機動刑事ジバン」のことを悪く書きましたが、敵の怪人(バイオノイドと呼ばれる)のデザインと造型は秀逸です。生物の特性を抽出し分解再構築しています。生物感の完全表現を目指したゴルゴム怪人の再進化でした。また、機動刑事ジバンを造る博士を演じたのが伊豆肇で、キカイダーファンならニンマリします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking