陽炎


「テレビジョンドラマ別冊 仮面の忍者赤影」(昭和61年/放送映画出版)。表紙になっている赤影の写真は宇宙船Vol.11の赤影特集や講談社特撮ヒーローマガジンの赤影の表紙にも使われました。「赤影」のスチール写真は少ないのかといえば、けっしてそんなことはありません。ただ、当時のことですから白黒フィルムで撮影されていたのです。このテレビジョンドラマ別冊には他の本で見ることのない貴重な現場写真が沢山収録されています。
 写真集のような本ですが、一つだけ「歌舞伎と赤影」と題した短い試論が掲載されています。前回予告して、私が今回書きたかったのは、この小論の受け売りで、「赤影」をより娯しむためには歌舞伎を識るべし。特撮ファンのたしなみとして歌舞伎鑑賞の推奨論だったのですが、自身がさほど歌舞伎に詳しくないことに気づきました。「赤影」について書こうとすると毎度しりごみしてしまいます。稀代の傑作「仮面の忍者赤影」について、いまさら言うべきことは無いのかも知れません。

 小心者のヘタレな私が勇気をふりしぼり、全特撮ファンを向うにして(なおかつ匿名のブログで…)特撮ヒロインナンバー1はアンヌではない。菱見百合子ではないと言い続けてきました。ナンバー1は「赤影」の陽炎です。以下、ぐだぐだとそう思う理由を述べていきます。
 ヒロインが最高であることの前提条件はヒーローが最高であることです。最高の男を相手にした上で負けない女でなくてはなりません。世間の例として、日本一かっこいい男キムタクの嫁があれでいいのかとか、世界最強の高校生範馬刃牙の彼女があんなくだらない女でよいのかと他人事ながら不満になります。そういえば、我々の世代はコロコロコミックやテレビくんに洗脳されて、セブンがウルトラ最強のファイターという認識を刷り込まれてきましたが、虚心坦懐にファーストセブンを見直すと、モロボシダンというのは、けっこうたよりない男です。アンヌみたいなぬけた女がお似合いかも。なるほどベストカップルでした。
 赤影は完璧に近い男です。この男に何をもって対抗するのか?忍術者として同等の技倆を有するというキャラクター設定も考えられますが、それではストーリーを破綻させます。電波人間タックルなど失敗例は枚挙に暇がありません。陽炎はといえば戦闘においてはほとんど無力です。
 地位や財産でヒーローを上回るという手段もあります。「あしたのジョー」の白木葉子のパターンです。しかし、地位ということで見れば影一族の頭領の家に生まれた赤影は、青影の姉陽炎より身分が上です。赤影と、青影、白影は仲間ではなく主従なのです。
 劇中、陽炎に付与された特性は盲でした。怪獣の胃袋の中も透視する眼力を持つ赤影に対して、陽炎は盲。サンヨー電機がスポンサーになりカラーテレビを普及させるために作り上げられたという極彩色の世界にあって陽炎は盲なのです。色即是空。無限変幻多彩の赤影忍法も亦空とする絶対真実。また、盲であるということは、男ですら見とれてしまう赤影の美しい顔が見えないのです。もったいないと思うのは凡俗の妄念。盲の陽炎にして、外見に迷わされず赤影の美しい心を知ることができるのです。
 その最終回。超人、怪人、怪獣入り乱れての無差別級バトルロイヤルを勝ち抜いて忍者の頂上を極めた赤影は、チャンピオンにのみ許される黄金の仮面を着けます。しかし、そこは魔界の入り口であり到達点でありながら通過点です。これより人の住む場所まで降りてきて武芸の道は完成します。赤影を、その場所まで間違いなく導いてくれるヒロインこそ陽炎だと思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking