カメストーン


 書斎派というのか出不精といおうか、引きこもり系の私が四天王寺に通うようになって、生活スタイルが一変しました。いまや、すっかりワイルドなアウトドア派です。歩いて30分くらいな場所にこんなワンダーランドがあったとは!“東大もと暮らし”とはこのことです。広大な敷地に堂塔史跡がひしめいています。お釈迦様の足跡もあれば源義経が鎧を掛けた松の木もあります。猿回しを見たり法話を聴いたり写経をしたり…豪快に遊んでおります。ディズニーランドというのは行ったことが無いのですが四天王寺より楽しいとは想像できません。ちなみに千四百年前に公人中の公人聖徳太子が建てたという歴史があり境内は24時間出入り自由なので、公共施設か公園のように思われているのですが、実は四天王寺は私有地です。寺内にある秋野暢子が卒業した名門四天王寺高校も私学です。

 今年は四天王寺名物古本市にも行ってきました。タイガーマスク研究会の参考資料として買った、昭和46年の週刊少年マガジンの感想を書いておきます。
 巻頭カラー特集は大山倍達と「最強!大山空手の秘密」!少女アイドルのグラビアが巻頭を飾る現在の週刊少年マガジンとの連続性は一点も見出せません。「タイガーマスク」は講談社月刊ぼくらで連載が開始されたのですが、週刊ぼくらマガジンに移行し、休刊統合にともない週刊少年マガジンに吸収されます。かつては「ぼくら」の顔で、カラー扉絵に二色刷りだったのですが、少年マガジンに来てからは肩身がせまそうです。この号は、悪役ワールドリーグ戦に優勝するも心身ともにぼろぼろになり、ラスベガスのネオンの中を「つかれた……」とつぶやいて帰っていく後ろ姿がラストシーンです。この後、帰国し、大阪府立体育館の裏道でダンプにはねられて死にます。
「タイガーマスク」を吸収したことで週刊少年マガジンは梶原一騎作品を三本同時連載することになります。他の二本は「あしたのジョー」と「空手バカ一代」。「あしたのジョー」はテレビ局主催のパーティの場面。ここにホセ・メンドーサが紛れ込んでいました。「グッドラック」と言ってジョーの肩に手をかけたら、あまりの握力に跡が残っていたという、あのエピソードにつながります。「空手バカ一代」は大山倍達とピストン堀口がプレミアムなスパーリングをする回。大山倍達とピストン堀口に技術交換を伴う交流があったことは事実。漫画では素人のように言っていますが、実は大山倍達は空手を習うより前にボクシングをやっていました。柔道も三段です。しかし、空手一筋のバカではなく器用な総合格闘家にしてしまったならタイトルに掲げたテーマが薄れます。

 連載漫画の一番後ろに石森章太郎「仮面ライダー」があってびっくりしました。トクをした気分もあったのですが、表紙にタイトルが載っていないことに不審をおぼえました。肩身のせまそうな「タイガーマスク」よりもひっそりとあるのです。ぼくらマガジンが休刊した理由は、仮面ライダーにタイガーマスクが人気を持っていかれたことでした。講談社は仮面ライダー専門誌テレビマガジンを創刊するのですが、石森章太郎「仮面ライダー」の連載は、テレビマガジンに行かず、「タイガーマスク」とともに週刊少年マガジンに移っていたのでした。この号の回は、一文字隼人が日の下電子の謎を探っているうちにショッカーの真相にたどりつく最終回目前のエピソードです。テレビの仮面ライダーが社会現象になるほどの話題になっていた頃、石森章太郎先生の漫画版仮面ライダーは、あまりにも人気が無かったのです。仮面ライダーファンの私も聞いたことがありませんでした。言ってはいけないタブーだったのでしょうか。

 四天王寺前夕陽丘駅のゆるキャラは亀和尚です。生惠幸子師匠のツッコミは「なにゆーてんのドロガメー!四天王寺に行ったらなんぼでもおる」でした。本当に昔、私は四天王寺の亀池から亀を一匹盗んだことがあります。そんな私から四天王寺さんにお願いがあります。亀池の亀を日本種と外来種に別けて、どちらかを西側の丸池に移してもらえないでしょうか?日本産の亀は絶滅が危惧されています。重ねてお願いします。グッドラック。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking