レインボーマン(アニメ版)


 昭和58年度版テレビヒーロー大百科からスーパーメジャーヒーロー宇宙刑事シャリバンを描いた後で思い直しました。怪獣ハウスに載せるイラストは、陽の当たらなかった者でなくてはならないと。すなわちアニメ版レインボーマンこそ平成最後の年に誰かが思い出して供養してやらねばならなかったのでした。
 アニメ版レインボーマンは失敗作でした。商品展開を考えて巨大ロボットを登場させたことが間違いでした。ロボットで決着をつけるならレインボーマンに変身する理由が半分無くなり、物語の説得力が失われます。なによりも、毎日放送は日曜日の午後に「超時空要塞マクロス」と一緒に放映したのです。視聴者は同系統のロボットアニメとして比較せざるを得ません。一目瞭然と言うより同じ時代の新作アニメとは思えないほどの技術の差がありました。「マクロス」のオープニング。エレベーターで格納庫から甲板に上がってきて、誘導員の指示で飛び立つバルキリーの緻密な作画に心を鷲掴みにされます。バルキリーは合体ロボットではなく一体変型タイプです。当時現役の実機F-14そのままの飛行形態から、ガラッとひっくり返って戦闘ロボットになります。これを完全再現したおもちゃが発売されていました。どうなっているのか知りたくて、私は春休みにアルバイトをして手にいれました。合体方式でもなくパーツの付け替えもなく、しかも、飛行形態とロボット形態どちらもかっこいいという、すばらしいデザイン、すごい設計でした。前回、シャリバンをほめちぎりましたが、グランドバースから変型するバトルバースは不格好でした。戦闘ロボットというより作業機械を意識したといいますが、そういう運用描写は本編中に無かったと思います。同時期、機関車からロボットに一体変型する銀河疾風サスライガーというのがありました。アニメではかっこよかったのですが、おもちゃにしたとき再現しきれずバランスの悪い物になっていて買う気が起こりませんでした。

 初めてアルバイトして買った完全変型バルキリーは、いまもこの写真のような状態で保管しています。では、それ以前に欲しいおもちゃがあったらどうしていたかというと、木を削って自作していました。サテライザー、大空魔竜、マグマライザー、ウルトラホーク1号、ビートル、ウルトリア……。その時点における技術力を傾注して作り上げた自信作ではあったのですが、家を出るときに湮滅しました。これを子孫に見られたら恥ずかしいと思ったのです。
 私の生家に、ものすごく精巧な船の木製模型がありました。作ったのはおばあちゃんの妹の子供で、戦中戦後のある時期、うちに住んでいました。健治郎さんという人で、いとこである父の口からも「けんちゃん」という名前がよく出てきました。もちろん、お会いしたこともあります。高価なプラモデルをお土産に持ってこられました。小学生の頃の写真を見ると、丸顔でかわいくて賢そうな子供です。その人が私と同じ年頃に自作したという船の完成度が圧倒的だったのです。船体も完全に対称で表面も磨き上げられていました。この作品と較べられたら私の作ったものはゴミでしかなかったのです。
 さて……その健治郎さんとは別に、もう一人、おばあちゃんの弟の子供という人もいたらしいのです。この人は出来が悪く寝小便ばかりするので、おばあちゃんに怒られてばかりでした。ひねくれた性格がさらに歪み、家を飛び出しそのまま行方不明になってしまいました。名前も覚えられておらず、おばあちゃんも、弟武一さんの子供だからと「武一の子」という記憶しか残っていません。ある宗教に、その人の生まれ変わりが私だと告げられました。問題児になったのは、その子のたたりだと告げられ、怖くなった母がお祓いをしてもらったという一幕がありました。
 アニメ版レインボーマンの話が、いつのまにか私の前世の話になっていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

孤高の戦士

アニメ版の「レインボーマン」は失敗作で番組が打ち切り状態に終わりましたが私としては今後の展開も気になっていたので最後まで放送は続けて欲しいと思いました。
そして、もう一つ気になったのが特撮版の「レインボーマン」で主人公のヤマトタケシは一人でレインボーマンの7つの化身に変身出来るのですが作品で見るとレインボーマンそしてヤマトタケシは孤高の戦士に思え私としてはレインボーマンは忍者キャプター同様ヤマトタケシと6人の仲間がそれぞれの化身に変身して戦って欲しかったです。言わば「戦隊シリーズ」の時代先取りですね。
ヤマトタケシは戦士としての使命感と自分の幸せを願う心の葛藤を繰り広げ、その心の歪みを恋人の支えで乗り越えましたが、やはり戦闘における彼のフォローする心強い仲間達は必要だと思いました。

七人のレインボーマン

インドの古代仏教の秘法を会得した七人の聖者……壮大な物語になりそうです。忍者キャプターも戦隊も最新の武器や道具を使うことが前提ですが、レインボーマンは肉体と精神の潜在能力だけで戦います。人類愛を根本とした超能力VS科学兵器。素手で戦うことがレインボーマンのテーマなのですから、アニメ版レインボーマンに巨大ロボットを与えたのは間違いです。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking