マリバロン


 前回のイラストの資料として引きずり出した「仮面ライダーBLACK・RX超全集」(小学館/平成元年8月)。開いたら、別の雑誌から切り取った「仮面ノリダー」の記事を挟んでいました。「仮面ライダーBLACK RX」の放送期間は昭和63年10月23日から平成元年9月24日。RXは昭和ライダーか平成ライダーかという論争がありますが、まさに昭和から平成に遷る同じ時期に「とんねるずのみなさんのおかげです」の中のコーナーとして仮面ノリダーが活躍していたのです。仮面ライダーらしからぬRXに対して、仮面ノリダーのカラーリングは旧1号に準じたものでした。なによりも小林昭二のおやっさんが出ていました。さらにはナレーターが中江真司!仮面ノリダーは仮面ライダーなのか?違うのか?その答を先送りにしようと、この記事を保管したのです。もしも、ノリダーが仮面ライダーという結論に至ったとき、こいつらはどうなるのかと、当時の私は、やはり別の雑誌から切り抜いた、明石家さんまのかまへんライダーとビートたけしのカメライダーの写真も挟んでいます。かまへんライダーは「オレたちひょうきん族」のキャラクターですが、カメライダーは何という番組に出ていたのか思い出せません。グドンのぬいぐるみと戦っています。パロディーとしても雑過ぎます。
       
 さて、今回のイラストは、息子が旅館の中居を強姦して今年話題の人になったマリバロンです。ことのしだいはともかくとして、高畑淳子にそれほどのネームバリューがあったのかと感慨深いものがありました。もちろん、紫綬褒章を受けたほどの名女優なのですが、われわれにとっては、いまでも東映のヒーロー番組にチョコチョコ出ていた人です。
 特撮ヒーローファンの哀しみは、そこに出演していた俳優がいつもそれっきりで終ってしまうことです。BLACK・RXと二年間にわたって仮面ライダーを演じた倉田てつを。そのあとNHKの朝のドラマ「君の名は」の主役に抜擢されます。スター街道をまっしぐらに行くのかと思ったのですが、スター街道を驀進して行ったのは相手役の鈴木京香でした。この人を見るたびに倉田てつをのことが心配になるのです。
 近年のライダーでは、フォーゼ・福士蒼汰、電王・佐藤健がこれからどうなるのか応援したいのですが、クウガ・オダギリジョーは確乎たる位置を築いています。藤岡弘、村上弘明は刑事ドラマや時代劇といった大衆の中でスターになっていったのですが、オダギリジョーはアート系の作品に進んでいきました。あと、「仮面ノリダー」の弟分チビノリダーをやっていた伊藤淳史は、いまでもドラマで活躍しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking