仮面ライダーブラック


「宇宙船Vol.38」つづき。10月4日より新番組「仮面ライダーBLACK」が始まるという速報と石ノ森先生のインタビューが載っています。漫画は週刊少年サンデーに9月から連載されていました。
 私のなかでは、いまでも「仮面ライダーBLACK」が仮面ライダーの決定版です。
 漫画版のブラックの外見はバッタの怪人でした。これがすごく良かったので、実写版のブラックを見たときはがっかりしました。バンダイ側が玩具として販売することを前提にデザインしたもので、面白味の薄い姿になっています。

 テレビ版「仮面ライダーBLACK」は、第1話「BLACK!変身」と第2話「怪人パーティ」は必見!あとはふつうの変身ヒーロー番組です。是非、読んでもらいたいのは少年サンデー版の「仮面ライダーBLACK」。単行本で全6巻。読み方としては、漫画として眺めるのではなく頭の中で実写に変換して下さい。ものすごく壮大な映像が見えてきます。
 こう言うと、石ノ森漫画、敷衍して表現ジャンルとしての漫画の独立性を否定するかのようですが、決してそうではありません。「仮面ライダー(スカイ)」の企画が進行していた昭和54年。石森章太郎先生は、月刊少年マガジン8月号に絵コンテ漫画「仮面ライダー」という100ページの読切り作品を発表されています。シナリオと漫画と絵コンテで構成されていて、漫画としては読みにくいスタイルなのですが、最後に「読者のみなさんのイマジネーションでこれを2時間の映画にしてください」と課題をつきつけられます。この絵コンテ漫画「仮面ライダー」と「仮面ライダーBLACK」、「真仮面ライダー」が石ノ森先生の考えておられた仮面ライダーではないかと思います。

 仮面ライダーはメカ系とバイオ系に分けられますが、私の好みはアマゾン、ブラックのバイオ系ライダーです。お盆に墓参りに帰ったら、十年くらい前に改造手術を受けて足に人工関節を入れた母が、このごろ痛いとぼやいていました。やっぱり人工臓器とか人工骨格のようなメカを入れてみても人間は強くなれないと再認識しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking