王女ラブ


「特撮秘宝」vol.3(平成28年2月)を買ったら、王女ラブ役滝沢れい子のインタビューが載っていました。すでに素顔で活動していたタレントさんで、ラブはほんのアルバイトのつもりでやったとのこと。まったく忘れていて、完成したパイロットフィルムも観ていなかったといいます。写真を見せられて、ようやく長い人生にこういう扮装をした瞬間の記憶がおぼろげによみがえってきました。拍子抜けするインタビューではありましたが、ほっとしました。女優の卵みたいな女の子があの恰好をさせられ、新番組「シルバージャガー」が始まるときをずっと待っていたとしたら、それは罪深い……いや、やっぱり「ゴジラ対メカゴジラ」に出演したベルベラ・リーンや「キングコングの逆襲」に出演したリンダ・ミラーのように、日本滞在中の最高の感激的な思い出ですといった、胸の熱くなるようなリップサービスはできないのでしょうか?

 特集1は「スペクトルマン」です。一箇所気になったのは、公害Gメンが、スポンサーのクレームで怪獣Gメンになったという話です。本当でしょうか?戦時中、英語が禁止されて、ストライクが「よし」にボールが「だめ」になったという笑い話を連想しました。実際は英語も野球も禁止されていません。顛末を簡単に記しますと、国家を挙げての総力戦を完遂するために経済統制がなされました。野球のボールを作る皮革は軍需物資でもあります。日本野球聯盟(職業野球)が皮を分けてもらうために興亜院に提出した書類の中に、野球用語の言い換えがあったのです。当然、学生野球では「ストライク」「ボール」のままでした。なぜ、こういうウソが実話のように伝えられたかというと、対米戦争をしていたのだから、アメリカの国技である野球は目の敵にされたはずという、戦後の思い込み史観と被害者史観です。
 被害者史観という言葉はいま私が勝手に作りました。公害問題において加害者と被害者があったというのは後世の視点であって、本来両者の境界線は曖昧です。自動車部品を作っている人が自動車を運転して大気汚染に苦しんでいたとしても、この人に加害者の意識はありません。「スペクトルマン」のスポンサーといえばロッテですが、ロッテに公害の加害者側という自覚があったのでしょうか?大東亜戦争に負けたときでも、極東軍事裁判で死刑にされた人々に責任を押し付けて、生き残った日本人は被害者のつもりになりました。無理に思い込んだのではなく、なんの疑問ももたず信じたのです。規制が強化されて、公害問題は表面上終熄しました。じつは、規制の無い国に工場を移転して、その国の環境を汚染し現地の人の健康を蝕んでいたのです。この事実に対して加害者意識を抱く日本人はいるのでしょうか?古い話ばかりしましたが、東日本大震災でも、東京電力を加害者に仕立てて賠償金を請求する人に疑問を持ちました。東京電力も被災者です。極論ですが、発電所を糾弾できる人は電気の供給を受けていなかった人だけです。

「スペクトルマン」から話がそれましたが、公害怪獣だけではストーリーが制約されネタが尽きてきたので、怪獣問題全般を扱う怪獣Gメンになったと考えるほうが自然です。スポンサーからクレームがあったとしたら、「宇宙猿人ゴリ」という番組名についてだろうと思います。これを「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」にされ、さらに「スペクトルマン」にされたことは、原作うしおそうじさんにとって身震いするほど悔しいことだったと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking