デボノバ


 「宇宙船」Vol.18(昭和59年6月)。今号より隔月刊になります。巻頭カラー頁はJAC。練習風景の取材とメンバーへのインタビュー等。東映ヒーローが日本特撮のスタンダードになっていく徴候がはっきり顕われてきました。

 特集は1957年ハマープロ製作の「吸血鬼ドラキュラ」。ドラキュラス、ドラキュラン、ヒルドラキュラ等、ドラキュラを剽窃した日本の怪獣、怪人をいくらでも挙げることができるのですが、原典を知らないのは知識として畸形だと恥じて、ブラム・ストーカーの原作を読んでみたことがあります。ものすごく厚くて活字が小さくて、読了するのに半年ほどかかったような記憶があります。面白いとか怖いとかというよりも、東ヨーロッパの風景が想像できないので、ただ羅列された活字を辿っただけでした。特撮ファンとして一つの苦行を修したという事実だけは残りました。それにしても、ヨーロッパの景色というのは想像しにくいものです。「アルプスの少女ハイジ」にしても青森県の山奥に棲むほっぺの赤いペチャッとした顔の女の子の話だと無意識下で思っていたようです。外人の少女が演じる実写のハイジを観たとき、ものすごい違和感がありました。

 第二特集は「悪魔くん」。これは平山亨さんが初めて手がけた特撮番組であり、もちろん大傑作であり、「ウルトラQ」と並ぶ歴史的重要な作品ですが、私個人としては思い入れがありません。よく出来すぎた優等生のような印象があります。
 高山良策怪獣製作日記は昭和47年4月1日から6月5日。「シルバー仮面」「快傑ライオン丸」そして、池谷仙克さんが持って来たと思われる「ダイゴロウ対ゴリアス」。今回はその中からデボノバを描いてみました。両眼があるように見えますが、実はタイタンのような一つ目にまぶたが垂れ下がっているのです。ここぞという時に、巨大な目を見せて驚かせるはずだったのですが、そのギミックが仕掛けられた頭は造られなかったようです。ゴースン党の幹部怪人として登場したデボノバだったのですが、個性的な一匹狼型怪人に人気をさらわれ、強敵というより人望の無い管理職のような立ち位置になってしまいます。「悪魔くん」について語るには、私はその任にないのですが、「快傑ライオン丸」の話ならもっともっとしたいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking