キティファイヤー


「宇宙船」Vol.15(昭和58年8月)。高山良策怪獣製作日記昭和46年8月30日〜11月7日よりキティファイヤー。高山さんが造られたミラーマン怪獣は、このキティファイヤーだけです。ピープロのスペクトルマン怪獣の仕事はあいかわらず続いていますが、池谷仙克さんがシルバー仮面宇宙人の仕事を持ち込んできます。キティファイヤーは燃え上がる炎を表現しようとバンザイした形でぬいぐるみが造られたため、ふなっしーより動きが不自由だったのですが、二回目に登場したときは、ミラーマンとよく格闘しています。おそらく、肩の周りを改良したのだと思われます。

 さて、Vol.15の特集1は「宇宙家族ロビンソン」。特集2は「大アマゾンの半魚人」。真に、時代にも読者にも媚びない編集方針です。池田憲章さんが『「宇宙家族ロビンソン」のことを思い出すと血湧き肉踊ってくる。』と語っておられるのですが、あとの世代の者には、その実感がわかりません。また、アマゾンの半魚人のデザインは鮮烈で画期的だったと言われても、我々は先にラゴンを見てしまっているので、衝撃的でもなく驚嘆もありません。されども!「宇宙家族ロビンソン」を知らずして「ここは惑星0番地」を論評することはできませんし、「大アマゾンの半魚人」の原題「CREATURE FROM THE BLACK LAGOON」のLAGOONが、わがラゴンの名前の由来なのです。日本の歴史や大東亜戦争の真相を知らなくても、この国で生きることになんらさしつかえは無いのですが、特撮ファンであるなら、古い恐怖映画や昔のSF番組は観ておかなくてはなりません。そして、当時の人がどんな反応を示し評価をしたのかを拝聴する必要があります。
 菊池秀行さんらによる「NEO HORROW入門」。私はホラー作品は興味が無いというより苦手です。こう言うと、精神が健全であるようですが、たぶん、この社会に教育されて洗脳されて去勢されてしまっているのです。人間の皮を剥いだり、首を切り落としたりする映画があること。また、そんな映像を作らざるを得ない人がいることを認めたいと思います。ホラー映画進化論では、作品の意義とは人の心が人の心に伝わることであるから、故に何百億円の製作費で作られた超大作映画はニセモノであるとして、少なくとも心の闇を映すホラー映画はすべからく貧であるべしと断じておられます。
 これは、“SPLATTER MOVIE”の定義を翻訳し菊池さんの意見を加えた文章なのですが、いまや人口に膾炙されることになった“スプラッタームービー”という分類語が日本で初めて紹介された瞬間だったのではないでしょうか?かつての「宇宙船」は時代にも読者にも媚びなかったと書きましたが、じつは、時代より先に行き読者を引っ張っていたのでした。

 一つ、仮説を立てます。もはや日常語として定着してしまった「着ぐるみ」という造語の発祥が宇宙船であることは確実なのですが、起因はアマゾンの半魚人ではないか?昭和58年発行のVol.15の時点では「半魚人のぬいぐるみ」と書かれていますが、そのMONSTER SUITとしか呼びようのない皮膚を日本式のぬいぐるみと翻訳することに無理矢理な感を覚えて、編集部の聖咲奇さんあたりが着ぐるみという呼称を造ったのではないか……?検証続行します。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking