ジャイガー対キングシーサー


「SF怪獣と宇宙戦艦」(昭和54年・小学館)。コロタン文庫の39巻。映画とテレビに登場するキャラクター達が、エーリアン、ロボット、怪獣、スペースクラフト、アースクラフト、武器、異世界、ヒーローの8つのカテゴリーにカタログ風に分類されています。大百科サイズの本で映画のストーリーを紹介されても読みにくく、このカタログ形式の方がすっきりします。前回、怪獣図鑑を買う際の条件は自分の知らない怪獣が載っていることと書きましたが、キングジョーやウルトラホーク1号といった家族よりつきあいの長いものが掲載されている「SF怪獣と宇宙戦艦」はホッとします。また、サンダーバードなら、1、2、4号はアースクラフト、3、5号はスペースクラフトの項に別々にわけられているのですが、わがウルトラホーク1号はスペースクラフトの項に入っています。主にジェット戦闘機として運用されていたのですが、そういえば、ペガッサシティーを攻撃に行ったこともあったと、なんか嬉しくなってしまいます。
 執筆者を見ると、聖咲奇さん、開田裕治さん、隈谷和夫さん、米田仁士さんら、この後「宇宙船」の創刊に関わる人々の名前が並んでいます。「宇宙船」のイラストといえば米田仁士さんでした。読者欄の小さいカットなどにも凛とした気品がありました。F.フラゼッタを意識されていたようですが、フラゼッタの猛々しさは無く、かわりにかわいらしさがありました。これは米田さん個人の資質というより民族的限界ではないかと思います。米田さんのイラストがあるときの宇宙船は高尚な専門誌を読んでいる気がしたのですが、編集スタッフが代わってイラストレーターも違う人になると、なんとなく低級な雑誌になりました。次回からまた、宇宙船の考証を再開します。

 コロタン文庫のラインナップを見ると、鉄道ものが充実しています。昭和58年3月の時点で全87タイトルあるのですが、そのうちの17冊が鉄道関係です。私は、子供の頃からこの趣味だけはありませんでした。「国鉄駅名全百科」「鉄道時刻表全百科」「鉄道切符全百科」等という題名を読んだだけで大笑いしてしまいます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:15年9月上旬の画像関連情報

 本日三本目の更新です。一本目「 湯浅版視聴記 /09/11 」はこちら。 二本目「 海ほおずきのトレーラートト 15/09 」にはこちらから。 前回1日更新の「 8月下旬の画像情報 」に続いて、 本項では、昭和・平成のガメラシリーズに関するオリジナルイラストや画像の類を、ま...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking