怪獣王子


「宇宙船Vol.5」(昭和56年2月)TV映画SF特撮十番勝負と銘打って昭和40年代前半のTV作品が紹介されます。「マグマ大使」「赤影」「キャプテンウルトラ」「光速エスパー」「怪獣王子」「魔神バンダー」「悪魔くん」「ブースカ」「バンパイヤ」「河童の三平」。いずれも珠玉の作品だと思うのですが、昭和30年までに生まれた宇宙船の編集者や執筆者はこれらの番組を中学生の目で観ていました。実際、同じ時期に放映されていた「ウルトラマン」「ウルトラセブン」と比較すると、評価は冷静になってしまったことでしょう。第二特集は「海底軍艦」研究。竹内博さんと開田裕治さんが書いておられるのですが、こちらは興奮と熱気のこもった文章で思い入れの深さが伝わってきます。
 投稿欄を見るかぎり、購読者はだいたい中学生です。まったくの仮面ライダー世代なのですが、まだ発言権は許されていません。轟天号とか金星ガニだのを見せられて恭しく戴いてありがたがるだけ。宇宙船と読者の関係は師と弟子でした。

 Vol.2から載っている高山良策さんの日記が本当に面白い。今回は昭和41年10月から42年3月。アボラスとバニラからゼットンまで。誰が読んでも忙しそうなのはわかるのですが、現代の本職品田冬樹さんでも「考えられないペース」と驚嘆されていました。「ウルトラマン」だけでなく、「ブースカ」の仕事もちょこちょこ入ってきます。さらに、ここへ日本特撮の「怪獣王子」が割り込んでくるのです。日本特撮の社長大橋史典さんは画家だけでは生活できない高山さんに映画の人形や小道具を作る仕事を紹介した人。義理が絡んで断りきれません。京都で製作されていた「怪獣王子」が最初からトラブル続きだったことは御存知の通り。注文の要件も混乱し、高山さんのスケジュールもむちゃくちゃになりました。ついに昭和42年2月27日ぶち切れます。『成田氏より電話。38話の二大怪獣を一怪獣にしたが、また二怪獣になったので同じく3月10日までにサイゴもやってほしいとの事。おれを殺すつもりか!』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

宇宙の平和

現役で見てましたが、
主題歌で
宇宙の平和を守るんだ
とい詞があり、
なんで原始人が宇宙の平和を守るんだ?!
と子供心に馬鹿にしていました。
少年画報の連載漫画も面白くなかったです。

石川球太

『怪獣王子』が当時の子供に馬鹿にされていたというのも意外かつ重要な証言です。野性的で露出度が高いので女子に人気があったとも聞きました。石川球太先生は動物漫画で名高い人です。「怪獣王子」の漫画化にはピッタリな気がするのですが……事実、日本特撮株式会社はこれ一作で倒産してしまいました。残念でした。

原人ビビ

石川球太は少年サンデーで「原人ビビ」という原始人の人気漫画がありましたが、原始人と怪獣では相性が悪かったですね。少年画報では人気なかったです。少年キングでは園田光慶が怪獣王子を描いてました。

相性

忍者と妖怪は相性が良いのですが、原始人と怪獣は相性が悪いのか……う〜む、そう言われれば、キングコングでも、モスラでも、そこに文明人が入って来るとこからドラマが始まります。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking