ユートム


「宇宙船」について、しばらく書いていきたいと思います。三ヶ月に一回の刊行で、なおかつ購読者を限定する内容なのですが、この雑誌が世の中に及ぼした影響は小さくないのです。一例として、私は使わないのですが“着ぐるみ”という言い方も「宇宙船」が出所です。それよりも、創刊当時“特撮ファン”という存在が無かったのです。「特撮」という言葉も技術用語であって、現在のように国産怪獣映画・実写ヒーロー番組などのカテゴリーを想起させるものではありませんでした。アニメファンは既に勢力を持って独立しており、徳間書店の月刊アニメージュなどの専門誌も出ていましたが、特撮ファンは、まだ自覚すらしていなかったのです。「宇宙船」以前に出ていたファンタスティックコレクションを読んでみますと“SPFXファン”とも書かれていますが定着しなかったようです。

 それでは、創刊号(昭和55年・朝日ソノラマ)を見ていきます。巻頭特集は「SFファンによるオリジナルモデルコレクション 2Dを超えろ!3D.」SFイラストというジャンルは認知されていたので、「宇宙船」の独自色として選んだのが自作の立体造型物。企画者は聖咲奇さん。Vol.2以降、読者自作モデルの写真を募集したところ、ばんばん送られてきて、名物コーナーになりました。フィギュアとかディテールという言葉が一般的になったのも「宇宙船」の功績ではなかったか?コンテストなども催されるのですが、読者のなかには不器用な人もやっぱりいます。自分で造れないので譲って欲しいという手紙が増えてきます。モデラーは型取りして郵送してあげるのですが、これが、けっこういい商売になりました。趣味と実益を兼ねてホクホクです。そのうち、バンダイなどの玩具メーカーが、この人達に目をつけ、やがて日本経済の一翼を担うフィギュア産業に進展していくのです。

 現在、フィギュアは出来の良いものが簡単に購入できます。しかし、本当は、気に入ったキャラクターやメカを、自分で粘土やプラスチックで造って色を塗るものです。このことだけは強く言っておきたいのです。「宇宙船」の創刊当初のキャッチフレーズは『ビジュアルSF世代の雑誌』。SFといえば、ビジュアルとことわるまでもなく映画だと言う人の方が多いと思いますが、SFとは小説なのです。これが本当です。SF研究会に入って「スターウォーズが好き」と言ったら、たしなめられる時代があったことも併せて記録しておきます。   つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking