超人機メタルダー


 前回ふれました「ありがた本」について説明していきたいと思います。「宇宙刑事年代記」(平成16年・徳間書店)。本屋で見つけたとき「夢か?」と疑ったくらいありがたい本。メタルヒーローシリーズが一冊にまとまった本が本当に欲しかったのです。薄い本で「宇宙刑事ギャバン」から「テツワン探偵ロボタック」まで17年間の17作品がざっと載っています。そんなに詳しく知りたくもないという複雑な欲求にも応じてくれていたのです。
 ペラペラっとめくるだけでメタルヒーローの苦闘の跡が回想できます。ある時期から、どんなにがんばっても人気が出なくて苦労したと思いますが、観ている側も苦痛でした。ジャンパーソンはワケわからなくて頭がいたくなりました。ブルースワットは面白くなさ過ぎて目をそむけたことがありました。
 巻末の放映リストを見ると、比較的評判の良かった記憶がある「超人機メタルダー」だけが、一年間続かず39回で打ち切られていたことがわかります。それまで金曜夜7時の番組だったのですが、「メタルダー」25話から日曜朝9時30分に降格しました。

 この本の副題は「メタルヒーローシリーズの系譜」なのですが、メタルヒーローという路線名が言われ出したのは「超人機メタルダー」からではなかったでしょうか?ちなみに、スーパー戦隊という呼称を初めて見たのは徳間書店テレビランドワンパック「スーパー戦隊図鑑」でした。「太陽戦隊サンバルカン」の時代です。ついでに、不思議コメディーは「不思議少女ナイルなトトメス」のときに出たCD「東映不思議コメディーテーマソング集」でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking