アイアンロックス


「ウルトラセブンISM」(平成14年・辰巳出版)セブン正編、ファイト、ゲスト編、続編レオを網羅して、セブンの戦歴が俯瞰できる本。しかし、この本の真価ありがたさは、TVスペシャル二本とビデオ版の詳細が記録されていること。特にビデオは平成10年から14年にかけて途切れ途切れに発表されたので、それでなくても複雑な物語の全貌が把握しきれません。そんな平成ウルトラセブンが一冊にまとまっていることが私にとってはありがたいのです。こういうありがたくて便利な本を私は「ありがた本」と称して重宝しています。次回から「ありがた本」の特集をしていきたいと思います。今、急に決めました。

 ところで、歴史から消えそうなバップビデオの「ウルトラセブン」。必見とは言わずとも端倪すべからざる物です。ウルトラ警備隊役の出演者は固定されていました。つまり、この新レギュラーは四年間ウルトラ警備隊員であったわけで、オリジナルメンバーが制服を着ていた期間よりも長かったのです。忘れてならないのはカザモリ隊員です。モロボシダンからウルトラセブンを引き継いだはずなのに、「メビウス」以降のシリーズで無視されています。あいかわらず森次晃嗣がウルトラアイをつけています。
 また、カザモリ役の山﨑勝之は「仮面ライダー555」第4話で、ベルトを装着して一回だけ555に変身しました。これもまた重大なことではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking