特警ウインスペクター


「宇宙船」Vol.53(平成2年8月)。カラー頁は「特警ウインスペクター」。宮内洋がひさしぶりにヒーロー番組に帰ってきました。宮内洋の歌う挿入歌が作られドラマ中にも流れました。続編「ソルブレイン」では宮内洋(役名正木俊介)のソフビが発売されます。レスキューポリスシリーズと呼ばれ三年続きました。宮内洋に始まり宮内洋に終ったシリーズだったのですが、どういうわけか私は熱狂できませんでした。私の精神年齢が成長したのか?それは無い…

 当時録画したビデオを見返してみます。第1話「赤ちゃん暴走!」…いきなり脱力です。赤ちゃんが暴走したところで被害は知れています。むろん、赤ちゃんがはいはいする話ではありません。悪い博士が、ノーベル賞を取ったライバルの博士をねたんで、その孫を誘拐し、ロボットの運転するタンクローリーに乗せて暴走させるのです。
 このサブタイトルから連想するのは「Gメン`75」第229話「暴走トラック殺人ゲーム」です。トラックを暴走させてはねる人数を競い合うゲームかと思ったら、まったく違って、島谷刑事(宮内洋)が麻薬ルートを潜入捜査する話です。宮内ファンは必見の回。
 さて、その赤ちゃんを暴走させた悪い博士を演じたのが、黒部進。いくら宮内ファンでも黒部進が逮捕される姿は見たくありません。初回から後味の悪さを感じました。別の回では二瓶正也がゲスト出演するのですが、これも良い役ではありません。逆に伴直弥とか荒木しげるといった東映ヒーロー出身の俳優は、ものすごく良い役でゲスト出演します。いやな番組だと思いました。なお、伴直弥が出るのは第9話「爆弾じかけの犬」。このサブタイトルから連想するのは「特捜最前線」第361話「警察犬イカロスの誘拐」。手強い犯人の役を演じるのは宮内洋。宮内ファン必見の回。

 本放送を録画しておくのが良いと思うのはコマーシャルが入っていることです。特撮ファンはCMとともに検証を愉しみたいものです。バンダイの玩具のCMは映像技術の宝物です。ウインスペクター標準装備デイトリックM−2を構えるのは外人の子供。プラスチックの銃でも外人に持たせると値打ちが2、3割増すようです。メタルヒーローから平成ライダーまでずっとスポンサーについているのが丸大ソーセージ。その映像が毎回凝っていて、ウインスペクターについては、バンダイ以上、あるいは本編以上にかっこいいのです。
 そして、日本船舶振興会のCM。その寄付金で運営されているというオーバーブルック盲学校を在りし日の笹川良一会長が参観されています。

 笹川良一。戦時中は国粋大衆党の代議士として大政翼賛会を批判して投獄され、戦後は特攻艇でモーターボートレースを始めて大成功した人です。しかし、この人の人生のクライマックスは終戦直後。進駐軍と東京裁判を批判する演説をやり、戦犯として逮捕されます。その目的は巣鴨プリズンに潜入して、囚人になっている人に裁判のやりかたをアドバイスすることでした。特に「臣節の保全」が口癖の真面目人間、東條英機が心配でした。言葉を間違えると天皇陛下を法廷に立たせることになりかねません。どうせ死刑はまぬがれないのだから開戦の責任は自分にあることにしろと、笹川良一さんは東條を納得させたのです。結果、東條英機は陛下の意思に逆らって、さらには国民を誤った方向に指導して戦争を遂行したことになりました。総理大臣としてギリギリまで対米戦回避の努力を続けてきた東條としては心外です。日本の歴史の人柱にさせられたのです。靖国神社に祀られることをもって瞑すべし。靖国神社には軍人ではないのに快傑ハリマオも祀られています。
 ここで私が魅かれるのは、東條英機ではなく笹川良一さんです。忠実に職務を実行する人も立派ですが、自分の意志と責任で正義を断行する人の方が面白い。こういう男を“快傑”と呼ぶのではないでしょうか。
 現行の警察で手に負えない事件を強化服を着て解決する…ここまではウインスペクターも、かつて私が熱中した快傑ズバットも同じ(どちらも装着タイムは5分が限界)なのですが、ウインスペクターは警察組織の中にあって法律の範囲から出ません。対して、ズバットは目的のためには警察も法律も無視して行動します。私がウインスペクターをもの足りないと思ったのはこのあたりが理由のような気がしてきました。
スポンサーサイト
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking