ゾンビロン


「メガロマン」のつづきで、今回は怪獣について書こうと思います。この作品の商標©は、じん・男組・東宝です。じんプロというのは、この後「Xボンバー」を制作する会社で、「宇宙船」Vol.4(昭和55年4月発行)に代表の池田公雄さんの写真が載っています。謹厳篤実そうな方で、写真から拝察する年齢から見て、軍役にも就いておられた世代だと思います。こんな方がどうして怪獣番組を作ろうとされたのかが、メガロマン七不思議のその三です。おそらく、それまでの怪獣ブームには関わっておられなかったのでしょう。怪獣特撮が結局もうからないことを御存知ではないようです。
 男組は、原作の雁屋哲さんの名義と思って間違いありません。同時期。池上遼一先生と少年サンデーに「男組」を連載されていました。池上遼一先生と書き流しましたが、池上先生こそ私の最も尊敬する漫画家さんでした。先生の生原稿を見せていただいたこともありました。池上先生のアシスタントになりたいなと考えたこともありましたが、この原稿を私の手垢で穢してはならないと、ついに言い出すことができませんでした。……そういえば、このことは友達にも家族にも言ったことがありませんでした。「たけし軍団に入りたい」「プロレスラーになりたい」「修学旅行を抜け出して北島三郎に弟子入りしたい」といった話の流れで「池上遼一のアシスタントになりたい」くらいのこと言ってもよかったものを…。
 そして、東宝。東宝の怪獣ドラマといわれてすぐ思いつくのが「流星人間ゾーン」と「行け!ゴッドマン」ですが、メガロマン怪獣も、この二作と共通するテイストがあります。ゾーン怪獣(恐獣)を軽量化し、ゴッドマン怪獣の“イヤな感じ”を加味したのがメガロマン怪獣の味わいです。「カード図鑑メガロマン」から三枚選んで紹介します。

 左から、シャークロン。サメがモチーフだと言うのですが、テレスドンに角をつけただけにしか見えません。背景から切り抜かれているのでわからないのですが、実物はテレスドンと同様しっぽがあります。なぜ背景が切り抜かれているかといえば、ぬいぐるみ完成直後、開米プロの敷地で撮影されたもので、納入用の軽トラ等が写り込んでいたりするからです。特撮ファンとしては、そっちの方がありがたいのですが、子供向け出版物なので夢を壊さない配慮がなされています。
 その隣がレザックス。汚物の塊にしか見えません。「怪獣」という字義には不快感とか嫌悪感が包摂されているのかも知れませんが、それでも疑問の多い姿です。
 その右がパラボラン。名前から察して機械的な外見にしたかったのだと思われますが、ぬいぐるみの作りが粗いので、無機質さを表現できていません。写真のトリミングが微妙に変なのは、おそらくホリゾントが切れて照明機材が入っていたからだと考えられます。
 今回のイラストに選んだのが、ゾンビロン。映りの悪いテレビで見たときびっくりしました。素っ裸に墨を塗って出てきたのかと思ったのでした。ナマハゲ以下、これを怪獣として見ろというのか?!しかし、安心してください。メガロマンカードのスチール写真でよく見たら黒いタイツを着ていました。ただし、このゾンビロン、スイドラスの牙等を付け替えて改造され、ザターンという別の怪獣として再使用されます。メガロマン七不思議のその四は、東宝という怪獣界の成田屋宗家の商標を冠しながら、どうして怪獣がこうも残念なのかということです。

 しかし、ことわっておきます。世に女好きと呼ばれる人が容姿や年齢を価値基準にしていないように、怪獣好きは、ぬいぐるみの出来映えやデザインがまずいほど愛着をそそられるのです。そのうち、史上最低の怪獣群、ゴッドマン怪獣の特集をやりたいとも思っています。    つづく
スポンサーサイト

カマギドン


 ウルトラマンがアニメになり、ガンダムがスタートした特撮大ピンチの昭和54年。忘れてはならない怪獣番組がありました。思い出さなかったら忘れそうになる怪獣ドラマ「メガロマン」。今回のお題は「カード図鑑 メガロマン」(昭和54年・朝日ソノラマ)。私の好きなブログ「ソラリスの時間」に出ていた一枚の写真をたよりに四天王寺の古物市を探して手に入れました。貼り函こそ無くなっているもののカードは全部そろっています。メガロマン怪獣のディテールがわかるスチール写真は貴重です。値段を尋ねたら4000円と言われました。店主が女の人だったので、あまく見て話したら、「メガロマン」の概要を把握されていました。そうなると怪獣好き相手に4000円は高くもなく安くもありません。むこうの方が一枚上手でした。
 アニメブームの反作用のように、日本特撮を再評価する動きが昭和53年頃に起こったのですが、思えばそれはゴジラとウルトラマンの復活を待望する活動でした。時代の空気を読み切れずに登場したメガロマンは、目論んだよりも歓迎されなかったのでした。手持ちの資料も本当に少ないので、私のメガロマン観を書いてお茶を濁しておきます。
 おそらくテレビ先行企画だと考えられますが、原作が雁屋哲さんになっています。少年サンデーに「男組」を書かれていた頃なのでしょうか、この時期の雁屋哲さんは料理より拳法に興味があったようです。メガロマンも宇宙拳法で戦います。そうなると宇宙空手のウルトラマンレオと対決させたくなりますが、レオの身長は52m。メガロマンはなんと150m!試合が成立しません。
 メガロマンに変身するのは地球人の父とロゼッタ星人の母の間に生まれた獅子堂たかし。演じるのは北詰優基という俳優なのですが、ものすごい美男子です。キムタクよりかっこいい。これほどの人がなぜ有名にならなかったのかがメガロマン七不思議その一です。ふたごの弟・ひろしももちろん北詰優基が演じています。獅子堂たかし・ひろし…大金持ちのおぼっちゃんみたいな名前です(すまんのう〜)。
 ヒロインとして十代の娘が存在し、アクションもこなして活躍するのですが、それよりも、獅子堂たかしのお母さんの方が断然魅力的なのです。宇宙人という設定に負けない美女なのでした。メガロマン七不思議その二は、なぜ若いヒロインより圧倒的にお母さんに魅かれるのかということでした。「カード図鑑 メガロマン」にも単体カードが二枚あります。なお、お父さんは川津祐介。他に、穂積ぺぺ、黒部進がレギュラーで出ています。黒部の役はベーロックという悪者。名前を逆さにしています。

 このブログのどこかで、私が思う一番かっこいい主題歌は「宇宙の騎士テッカマン」だと書きましたが、エンディングで一番かっこいいのはメガロマン「我が心のロゼッタ星」だと思い続けています。     つづく
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking