デンセンマン


 ケイブンシャ「ヒーローロボット大百科」の翌年昭和53年に出た「テレビヒーロー大百科」。表紙のメインは闘将ダイモス。そして、V3、タロウ、ジャン・クーゴ、ガッチャマン、鉄腕アトム、009。特撮ヒーローはV3とタロウだけ。時代はアニメ優位です。ただ、この時点では子供番組をアニメと実写に区分するという考え方は明確ではなかったようです。表紙の七人で放送中の現役ヒーローは闘将ダイモスとジャン・クーゴ。ジャン・クーゴとは「惑星ロボ ダンガードA」の後番組「SF西遊記スタージンガー」の主人公。宇宙の孫悟空です。この時代の子供は、堺正章の「西遊記」とドリフターズの「飛べ!孫悟空」、テレビマガジンの「ゴーゴー悟空」、そして「SF西遊記スタージンガー」と四つの西遊記を同時体験していたのです。世界は孫悟空で出来ているのかと思っていたことでしょう。

 昭和53年とは、昭和33年に「月光仮面」が始まってちょうど20年。この大百科の副題は「ヒーロー20年史」。基本データ付きの年表が載っています。これをベースにして、新作を追加したり古い作品を挿入したりして、私もヒーロー史を作成し続けています。月光仮面は鞍馬天狗を現代風にアレンジしたものですが、鞍馬天狗から月光仮面登場の間に、頭巾スタイルの剣士ヒーローがたくさんいます。快傑黒頭巾、白頭巾、紫頭巾、まだら頭巾……。あと、多いのが、まぼろし探偵型。黒シャツ、黒ズボンに、黒の簡単な仮面。近年、発見したのが「快傑ハヤブサ」。昭和24年の映画です。日本ヒーロー史の完成が私の使命だと思っています。
 ヒーローの定義の範囲をどこまで拡げるかも難題です。この「テレビヒーロー大百科」にも、“ゆかいなヒーロー”というカテゴリーが設けられていて、デンセンマン、ムキムキマン、カウンタックマン、パンツマンその他が紹介されています。デンセンマンのデザインは石森章太郎先生と云われていますが、私はデザイン画を見たことがありません。そんなこと言ったらマシンマンもブラックも石ノ森ヒーローではなくなるのですが……。デンセンマンは漫画にもなって、秋田書店の冒険王には「釣りバカ日誌」で知られる北見けんいちさんが連載されていました。この人は石森プロではなく、赤塚不二夫先生のフジオプロの人でした。
 ムキムキマンのデザインは小森和子さんと云われていますが、おばちゃまの記憶には無かったようです。「ムキムキマン体操」のレコードは文化祭のバザーでタダ同然で入手してヒーロー史用の資料として保管しています。振り付けは楳図かずお先生ということですが、これもどこまで真実なのか?ヒーロー史完成の道はけわしいのです。
スポンサーサイト
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking