山本リンダ


 前回、ウルトラマングレートの話から必然的に京本政樹に言及することになりました。それで思い出したのが「京本政樹のHERO考証学」(平成4年・バンダイ)。B-CLUBの連載に補筆したものですが、写真が奇麗だったので買っておいたのです。
 探し出して開いてみました。写真もさることながら、時を経て価値を見出すのは、ヒーロー番組出演者へのインタビューでした。俳優が俳優にインタビューすることは有効で、同業者としての安心感もあるし嘘も言いにくくなります。黒部進、森次弘嗣、坂口徹郎、藤岡弘、伴直弥、団時朗、宮内洋……。佐々木剛には連絡が取れなかったのか、代わりに、何と!山本リンダに話を聴いています。この人の長い芸歴の中の「仮面ライダー」に出演していた半年間だけを切り取ったインタビューというのは後にも先にも無いと思います。

 山本リンダがレギュラーで出演していることについては、共演者ですら不思議がっていました。その謎が京本政樹のインタビューによってあきらかになっていきます。
 昭和46年春、リンダはミノルフォンレコードからキャニオンレコードに移籍するのですが、当時、レコード会社を移籍した場合、半年間は歌手活動ができない慣例がありました。会社としては、遊ばせているくらいなら女優でもやらせようということになります。リンダは「プレイガールに出たい」と希望を言います。それがなぜか「仮面ライダー」になっていたのでした。最終的な真実は両方の番組を担当していた阿部征二プロデューサーだけが知るところなのですが、キャニオン=リンダ側から申し出があったタイミングは、藤岡弘が骨折して急遽2号ライダーの準備をしていたときだと考えられます。
「どうにもとまらない」を発表するのは半年経って「仮面ライダー」を降板した後です。ここからが我々の知る破天荒な印象の山本リンダです。では、それまでの山本リンダとはどういう存在だったのか?想像しにくいのですが「こまっちゃうな」の一言で一世を風靡したというのです。言われてみると、ショッカーの攻撃に対してリンダ(役名マリ)は「こまっちゃうな」を多用しています。笑福亭松之助作の際物落語「仮面ライダー」の中でも山本リンダの「こまっちゃうな」がドラマの緊迫性を台無しにすると指摘されています。

 笑福亭松之助の「仮面ライダー」は当時、よほどウケたようで速記が残っています。私もそれで知るのみです。これを梅田花月の実演で聴いたのが奈良の高校を卒業して大阪に出てきた杉本高文少年。のちの明石家さんま。「一文字隼人たらゆう男がさとつぼみたいな面かぶって…」の『さとつぼ』に打たれて弟子入りを決めたといいます。真偽のほどはともかくとして、すばらしい言語感覚です。

 話がそれましたが…それでは「仮面ライダー」の中で山本リンダが浮いていたかというと、けっしてそんなことはなく、むしろH2Oの中に入れた砂糖の結晶のように親和していました。まだお元気そうなので、いま一度「仮面ライダー」に出てもらいたいと思います。こう書くと儀礼的にまとめたようですが、仮面ライダーファンは必ず大喝采で迎えるはずです。
スポンサーサイト

カメストーン


 書斎派というのか出不精といおうか、引きこもり系の私が四天王寺に通うようになって、生活スタイルが一変しました。いまや、すっかりワイルドなアウトドア派です。歩いて30分くらいな場所にこんなワンダーランドがあったとは!“東大もと暮らし”とはこのことです。広大な敷地に堂塔史跡がひしめいています。お釈迦様の足跡もあれば源義経が鎧を掛けた松の木もあります。猿回しを見たり法話を聴いたり写経をしたり…豪快に遊んでおります。ディズニーランドというのは行ったことが無いのですが四天王寺より楽しいとは想像できません。ちなみに千四百年前に公人中の公人聖徳太子が建てたという歴史があり境内は24時間出入り自由なので、公共施設か公園のように思われているのですが、実は四天王寺は私有地です。寺内にある秋野暢子が卒業した名門四天王寺高校も私学です。

 今年は四天王寺名物古本市にも行ってきました。タイガーマスク研究会の参考資料として買った、昭和46年の週刊少年マガジンの感想を書いておきます。
 巻頭カラー特集は大山倍達と「最強!大山空手の秘密」!少女アイドルのグラビアが巻頭を飾る現在の週刊少年マガジンとの連続性は一点も見出せません。「タイガーマスク」は講談社月刊ぼくらで連載が開始されたのですが、週刊ぼくらマガジンに移行し、休刊統合にともない週刊少年マガジンに吸収されます。かつては「ぼくら」の顔で、カラー扉絵に二色刷りだったのですが、少年マガジンに来てからは肩身がせまそうです。この号は、悪役ワールドリーグ戦に優勝するも心身ともにぼろぼろになり、ラスベガスのネオンの中を「つかれた……」とつぶやいて帰っていく後ろ姿がラストシーンです。この後、帰国し、大阪府立体育館の裏道でダンプにはねられて死にます。
「タイガーマスク」を吸収したことで週刊少年マガジンは梶原一騎作品を三本同時連載することになります。他の二本は「あしたのジョー」と「空手バカ一代」。「あしたのジョー」はテレビ局主催のパーティの場面。ここにホセ・メンドーサが紛れ込んでいました。「グッドラック」と言ってジョーの肩に手をかけたら、あまりの握力に跡が残っていたという、あのエピソードにつながります。「空手バカ一代」は大山倍達とピストン堀口がプレミアムなスパーリングをする回。大山倍達とピストン堀口に技術交換を伴う交流があったことは事実。漫画では素人のように言っていますが、実は大山倍達は空手を習うより前にボクシングをやっていました。柔道も三段です。しかし、空手一筋のバカではなく器用な総合格闘家にしてしまったならタイトルに掲げたテーマが薄れます。

 連載漫画の一番後ろに石森章太郎「仮面ライダー」があってびっくりしました。トクをした気分もあったのですが、表紙にタイトルが載っていないことに不審をおぼえました。肩身のせまそうな「タイガーマスク」よりもひっそりとあるのです。ぼくらマガジンが休刊した理由は、仮面ライダーにタイガーマスクが人気を持っていかれたことでした。講談社は仮面ライダー専門誌テレビマガジンを創刊するのですが、石森章太郎「仮面ライダー」の連載は、テレビマガジンに行かず、「タイガーマスク」とともに週刊少年マガジンに移っていたのでした。この号の回は、一文字隼人が日の下電子の謎を探っているうちにショッカーの真相にたどりつく最終回目前のエピソードです。テレビの仮面ライダーが社会現象になるほどの話題になっていた頃、石森章太郎先生の漫画版仮面ライダーは、あまりにも人気が無かったのです。仮面ライダーファンの私も聞いたことがありませんでした。言ってはいけないタブーだったのでしょうか。

 四天王寺前夕陽丘駅のゆるキャラは亀和尚です。生惠幸子師匠のツッコミは「なにゆーてんのドロガメー!四天王寺に行ったらなんぼでもおる」でした。本当に昔、私は四天王寺の亀池から亀を一匹盗んだことがあります。そんな私から四天王寺さんにお願いがあります。亀池の亀を日本種と外来種に別けて、どちらかを西側の丸池に移してもらえないでしょうか?日本産の亀は絶滅が危惧されています。重ねてお願いします。グッドラック。

仮面ライダー2号


「宇宙船」Vol.27(昭和60年11月)。仮面ライダーのデザインからコスチュームの変遷までを徹底検証。この時期、宇宙船文庫のレーベルから「仮面ライダー 変身ヒーローの誕生」「仮面ライダー青春アルバム」「仮面ライダー立体資料集」の三冊も出ています。本格的な仮面ライダーの研究と評価はシリーズの空白期、ライダー不在の間に始まったのでした。ずっと、わからなかったことは、旧1号のマスクの色。フィルムの特性や印刷物によって違って見えるのです。実は濃い緑だったのですが、暗くて映りにくいからと現場でパールのスプレーが吹かれたのでした。したがって、正確に再現することは不可能なのです。複眼は、本当は無色にしたかったのですが、当時の透明ポリには夾雑物が混じっていて成形すると微妙なピンクになってしまうのでした。人為を超えた天慮が配された奇跡の意匠が仮面ライダーだったのです。検証し研究するほどに、そうとしか考えられないのです。

 天意にふたたび人意を加えたデザインが仮面ライダー2号です。現在でこそ造型マニアの評価は下がるのですが、日本中に仮面ライダーブームを起こし、社会現象として諸人に認識されたのはこの姿です。上映中の新作映画「仮面ライダー1号」のキャッチフレーズは『原点にして頂点』ですが、頂点と言えるのは一文字隼人仮面ライダー2号です。便宜上2号と書きましたが、本編ドラマ中では「仮面ライダー」としか呼ばれていません。
 放送開始前の藤岡弘の事故で、東映は急遽代役を捜さなくてはならなくなったのですが、その条件は藤岡より知名度のある役者でした。それが佐々木剛だったというのですが、今となっては、このことも当時を知る人の証言を聞かなければわからないことです。
 VHS時代、昭和46年の大映作品「海兵四号生徒」というビデオを見つけて借りました。パッケージはおそらく当時のポスターデザインを流用したものと考えられ、佐々木剛の名前と写真が大きく出ています。ところが、映画が始まっても佐々木は出てきません。兵学校生徒の一人なのだろうと血眼を刮いて探したら、Xライダー速水亮はいました。しかし、一文字隼人がいません。もたもたしているうちに終戦。負けて悔しがるラストシーンにだけ登場するのです。なるほど、特別なスター扱いされていると思いました。そうなのかと思うと、カニバブラーと戦う北海道ロケ編で、出演者とキャストが当地に乗り込むと、宿屋の玄関に「山本リンダ御一行様」と書かれていたという話が残っています。知名度については、藤岡弘<佐々木剛<山本リンダという順だったのでしょうか?

地獄大使


 「宇宙船」Vol.19(昭和59年8月)。特集は「帰ってきたウルトラマン」。これより「宇宙船」は第二次怪獣ブーム時期の作品群について本格的なアプローチと再評価を始めると宣言がなされます。スタッフインタビュー、団次郎と榊原るみの対談、四人の論客が視点を分担して語る、キャラクター論、怪獣論、メカニック論、ドラマ論。池田憲章さんが思いついたフレーズ「青春という名のウルトラマン」が言い得て妙です。この作品から受ける、不安定で未完成な印象や瑕瑾が愛おしいものに変っていきます。
 新作映画は「零戦燃ゆ」と「ウルトラマン物語」。「零戦燃ゆ」は杉田庄一さんをモデルにした主人公を堤大二郎が演じていました。杉田さんは山本長官が撃墜されたときの護衛機の一人でした。本土防衛任務のために呼び戻されて松山343空基地に着任してからは、迎撃機紫電改を乗機にしていたのですが、映画では「零戦燃ゆ」という題名上最後まで零戦で戦っていました。特技監督は川北さん。「ウルトラマン物語」はウルトラマンタロウの成長物語でした。子供時代のタロウはファンの間で便宜上“コタロウ”と呼ばれています。タロウの声が石丸博也になったのは、この映画からです。コタロウ時代は野沢雅子。ついでに…ウルトラの母はメーテルの池田昌子でした。ぬいぐるみに入っていた人は尻の大きい足の短い日本の女の人でした。

 今号から始まる平山亨さんによる連載「私が愛したキャラクターたち」が、ものすごく面白い。平山さんがプロデュースした作品の架空のキャラクター達の来歴を短編小説風に描き、その人間性を探求する企画です。製作裏話を聞くことも興味がありますが、時間や予算の制約の中で慌ただしく造られて画面から消えていったキャラクターの経歴を想像してみることも格別の娯しみです。
 地獄大使の本名はダモン。サンフランシスコのスラム街で生まれました。うりふたつのガモンという従兄がいます。これが後の暗闇大使です。貧困と差別と犯罪の中で育ち、ついに逮捕されてアルカトラズ刑務所に収監されるのですが、脱獄。ネバタ砂漠でガラガラ蛇を捕って、蛇買いに売る暮らしをしていたところ、人民解放戦線の青年と知り合い、一旗上げようと考え、一緒に、フランス領インドシナに渡ります。解放軍の闘士として戦っていたのですが、青年が政府軍に寝返ったため、隠れ砦を攻撃され憤死。幸か不幸か脳だけは無傷だったのでショッカーに拾われ改造人間として生き返ったのでした。

仮面ライダー1号


 Vol.10のあまりにマイナーな特集に、この雑誌は当時売れていたのだろうかと無用な心配をした私ですが、ここで増刊号が出ていました。「宇宙船臨時増刊3D・SFワールド」(昭和57年7月10日)。宇宙船に送られてきた読者の自作モデルの写真があまりにたまってきたので、これを消化するために発行されたようです。宇宙船に投稿が掲載されても謝礼は一切ありません。つまりはもとでがかかっていません。判型も小さくて薄いのですが、定価は本誌と同じ680円です。一抹の疑問は残ります……。
 この増刊号にも、やっぱり造型講座が載っているのですが、製作過程の写真と解説を読みながら造っていっても同じ物が出来上がったためしがありません。それよりも、完成にたどりつくまでに、どこかで行き詰まります。なぜかと思ったら、熟練モデラー達は言葉で説明できない感覚にたよって造っている部分が多いからです。そして、道具も大事です。違う道具を使ったら違う物が出来上がります。かと言って、同じ道具を使ったら同じ物が出来るかというとそうはいきません。大袈裟に例えるなら、宮本武蔵の二刀流とか王貞治の一本足打法みたいなものです。最近の宇宙船に造型講座が無くなったのは、実は伝承不能の個人芸だったからです。なお、梨田監督の現役時代のコンニャク打法は子供がよく真似をしました。

 この増刊号に造型の観点から仮面ライダーを再評価する小論が書かれています。無署名なのですが、おそらく、仮面ライダーを小学生で見ていた世代の人だと思われます。上の年代から不当に軽視され続けていた仮面ライダーについて、少なくとも造型物としては傑出していることは認めざるをえないだろうと、まだ控えめな論調です。作品論として「仮面ライダー」の評価がどう変化していったかも検証する興味の対象になりました。
★特撮ひっかけクイズ第1問 仮面ライダー新1号の腕のラインは何本でしょうか? 答 4本。写真でも映像でもわからないのですが、肩につながる2本と体側につながる2本があります。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking