ペギラ


「宇宙船」Vol.12(昭和57年11月)。50年代空想科学映画集大成。宇宙船が創刊号以来提示してきた主題なのですが、読者の興味は日本の特撮作品、そしてフィギュアに移行していきます。初めて募集された自作SFモデルコンテストの結果が発表されています。
 作品研究は「忍者部隊月光」。海外の名作SF映画を紹介してくれるよりも、出来不出来に関係なく、日本の作品を検証して欲しいというのが読者の願いです。とくに昭和30年代の白黒作品は再放送の機会が無く、そのまま歴史から消えてしまいそうな危機感を特撮ファンは共有していました。「忍者部隊月光」は有名な作品なのですが、放送当時を知らない者には熱気が伝わってきません。放映リストを見て驚きます。昭和39年から41年にわたって130回もやっていたのです!後年CSで録画しながら観ていたのですが、途中でくじけてしまいました。音楽が渡辺宙明さんであることから、戦隊シリーズの元祖とする見解もありますが、黒タイツにベレー帽とブーツというスタイルの忍者集団が出てきます。これは、まさにショッカー戦闘員です。

 この年の七月に亡くなられた高山良策さんの訃報に、美術評論家ヨシダ・ヨシエという方が追悼文を書かれています。怪獣の造り手としての高山さんについては宇宙船読者のほうが詳細に御存知だろうという謙虚な書き出しなのですが、一箇所だけ否定したいところがあります。高山さんは昭和13年から昭和15年まで輜重兵として支那大陸に出征していました。ヨシダ氏はこれを、戦闘を主任務とする兵科よりも輸送業務だけの輜重兵は、おだやかな性格の高山さんにとってはすくいであったと書かれています。それは違います。輜重兵として招集されると、なんの教育もされずに現地に送られます。そして、後方の補給基地から前線へ弾薬糧抹を運ぶのです。他の兵種からは戦闘員として見られません。高山さんは、それなら自分たちは何だろうと考えて「牛か馬」という結論にたどりつきました。人間として相手にされていないのですから、いじめられることもありません。こういう待遇をされていると、心まで「牛か馬」になってしまいます。高山さんは、人間であるために絵を描き続けたのです。ただし、人間でありながら家畜の扱いを受けることは、銃で撃たれるよりも過酷な状態です。
 高山さんがウルトラ怪獣を造っていた時代は、ちょうどベトナム戦争の時期と重なります。社会主義とか共産主義に与するものではないにせよ、ジャングルにひそんで強大なアメリカ軍相手にゲリラ戦を続けるベトナム兵に、日本人の多くは心情的に味方せずにはいられませんでした。高山さんが怒ったのは、アメリカの爆撃機が爆弾の代わりにコンクリートの固まりを落としたときでした。「殺すなら人間として殺せ!」と。
 私は、コンクリートに当たって殺されるのと、高価な原子爆弾で殺されるのと、どっちがいいのか考えてみました。広島に原爆が投下されたとき、犠牲者や被爆者に同情するよりも、各国はその数値データを欲しがりました。牛や馬ですらない、ただの数字です。……いま、平成の日本人は、動物ほどの悲しみもないナンバーとして存在しているだけのような気がしてきました。
スポンサーサイト

ケムール人


「成田亨画集」(昭和58年、Ⅱ昭和59年・朝日ソノラマ)怪獣研究家必見の本。意外と図書館や図書室に置いてあったりします。原画展もよく開催されているので本物をご覧になるのもよいかと思います。私は京都府大江山に建つ鬼のMONUMENTも見にいきました。バブル景気の時代、ときの竹下総理が地方自治体に“ふるさと創成資金”とかいう名目で一億円づつ配りました。これをもらった大江町は大江山に鬼の銅像を建ててやろうと考えました。そこにたまたま成田亨さんがあらわれます。日本の怪物である鬼を研究する目的で訪れていたのですが、話しをしていてこの人が彫刻家だと知った観光課の職員さんは「渡りに舟」とばかりに依頼をしたのでした。成田さんにとっても、これが最大の彫刻になりました。

 成田亨さんこそ日本の怪獣を定義した人です。
 渡辺明さんは怪獣は生物でなくてはならないと言っていました。キングギドラは宇宙怪獣でありながら外見は既存の地球生物の要素で構成されています。円谷英二は炎や光線を吐かせました。生物というより兵器に近い演出です。本多監督は、自己の人生観から災害あるいは戦争のような個人の力で抗いがたいものと解釈しました。東映は妖怪です。
 成田さんは怪獣は恐竜でも妖怪でもないと考えました。ウルトラQ怪獣をデザインしながらギリシャ哲学のカオス・コスモスの対立理論に辿り着きます。そして、怪獣をカオス=渾沌とするなら、ウルトラマンは必然的にコスモス=秩序となります。成田さんは円谷プロに対して、二つの問題で不満をいだいておられました。自分がデザインしたものが商品化されても権料が入ってこないこと。もう一つはコスモスの典型(キャノン)として完成させた彫刻作品ウルトラマンの姿に、他人が手を加えることです。芸術への冒瀆です。

 平成13年から製作された「ウルトラマンコスモス」。おとなしい怪獣に憑いて凶暴化させるカオスヘッダーという敵と戦います。カオスとコスモス…成田亨さんへのオマージュかと思いますが、二年にわたる長期シリーズになりパワーアップするたびにコスモスの姿がどんどん変っていきました。本当の顔もわからなくなってしまいました。これは渾沌カオスではないか。

ナメゴン


「ウルトラマン大鑑」(朝日ソノラマ・昭和62年)大げさな名前の本ですが、ようするに「ウルトラQ」から「ウルトラセブン」までの企画書集です。第一期三作に加えて「Woo」、フジテレビとの間で進められていた「ウルトラ・セブン」、「帰ってきたウルトラマン」の後番組(?)として考えられていた「戦え!ウルトラセブン」の企画書等も収録されています。特撮ファン必携の資料集ではあるですが、基本的にテレビ局やスポンサー向けの宣伝文なので、読んでいると空虚な気持ちにもなります。
 裏話をほじくるのが趣味の怪獣ハウスとしての読みどころはTBS側のプロデューサーだった栫井巍さんの特別寄稿。「夢を紡いだ人々」という題なのですが、クリエーターの純粋な精神を賛美するだけの甘い話ではなく、契約、予算、宣伝といった、夢を形にするまでの現実的な苦労が綴られています。ニューヨークのオックスベリー社を訪ねた円谷英二が金策のあても無いまま、最高位機種のオプチカルプリンターを発注してしまったところから、「ウルトラQ」放送開始日までの経緯が語られます。TBS側からの視点というのがウルトラファンにとっては新味で貴重です。TBSは宣伝と製作費回収の目的で怪獣ステージショーを計画するのですが、円谷英二は縫いぐるみ(原稿ママ)を外に出すことを許しません。電話では埒があかないので、栫井さん自身が円谷プロまで出向いて懇願し説得します。
「ウルトラQ」は全話の撮影を終了させてから放送順が考えられました。栫井さんは第1回はナメゴンの出る「宇宙からの贈り物」(制作No.5 監督円谷一 脚本金城哲夫)に決めていたのですが、円谷一監督が「飯島(敏宏)君に無理言って脚本を書いてもらったから第1回放送は『ゴメスを倒せ!』にしてほしい」と言ってきました。栫井さんはその要求を呑むかわりに、ストーリーが難解で面白いと思えなかった、やはり円谷一監督の「あけてくれ」を放送しないという交換条件を出します。栫井さんと一さんは学校の先輩後輩で、この二人の人間関係で成立した打ち明け話です。

 株主東宝から出向してきて円谷プロとTBS間の契約の証人になった人、オックスベリー社から派遣されてきて設置を指導した技術員、あるいは予算や実費など、すべて実名で具体的に書かれているのですが、「アンバランス」から「ウルトラQ」に題名を変えようと提言した人の名前はあかされていません。「会議の席で誰かが言った」となっています。誰だったのでしょうか?“ウルトラ”シリーズは、まさにその人の発言から始まったのです。

トドラ


 トドラは東宝映画「妖星ゴラス」のマグマにヒゲをつけただけの同じぬいぐるみです。いま一つの共通項は、どちらも最初の脚本には書かれていないのに営業サイドからの「怪獣を出せ」という要請に応じてむりやり割り込んで登場しました。けっきょくトドラに全部持っていかれた「206便消滅す」ですが、本当は東京上空の異次元空間で零戦にであう話でした。

 三菱A6M零式艦上戦闘機。1000馬力未満のエンジンしか使用できない現況で、海軍の要求は速度、旋回性、航続力などのスペックが世界最高レベルかそれ以上であること。軽量にして重武装、高速でありながら離着艦が容易。技術の常識に反する無理難題だったのですが、完成してみると計画目標をすべてクリアし、設計者の予想も超えるバランスのとれた飛行機になりました。「ウルトラQ」の企画当初のタイトルは「アンバランス」。石坂浩二のナレーションでも「すべてのバランスが崩れた世界…」と言っていますが、脚本、演出、音楽、出演者、怪獣…すべてが良くて、日本製SFドラマとして奇跡的なバランスを保った番組になりました。ウルトラQの精華はいまなお不朽です。

ピーター


 模型機関車の話を続けますが、戦時統制下で食料や生活必需品が窮乏してゆく中、円谷英二は真っ先に模型機関車の部品を買い集めました。理解不能の行動であったと円谷マサノ夫人が述懐しています。的場徹さんにも解ろうはずがありません。円谷英二の怪獣映画の多くは関沢新一さんが脚本を書いていますが、二人のつながりも機関車にあったようです。上原輝男先生(円谷皐さんの高校時代の担任)につれられて脚本家志望の青年金城哲夫が円谷家にやってきます。脚本が書きたいというのであればと、円谷英二は関沢新一さんに預けることにしました。関沢邸で金城さんが目にしたのは至るところに飾られた機関車の写真でした。さらにびっくりしたのは床一面にレールが敷かれていて、その上を模型機関車が走っていたのです。

「燃えろ栄光」このお話に出てくる悪い興行師が、もし私でしたらダイナマイトジョーとピーターをリングに上げて戦わせます。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking