快傑ズバット


 以前提示した、特撮俳優説の続きです。すなわち、後世に残る作品は必ず出演者が良いという私の持論です。一回目は「仮面の忍者赤影」をとりあげましたが、今回はさらに極端な例として「快傑ズバット」を持ち出します。まず、ぬいぐるみ方式の怪獣怪人が出てきません。特殊造型物はズバットとズバッカーだけです。そして、これが番組を早々と終らせる原因になりました。
 石森プロのズバットは白地に黒でした。これがテレビでは全身赤になります。玩具の売れ行きを心配したタカトクの判断だと推察できます。赤と黒だけならよかったのですが、見栄えを派手にするために黄と白のラインを入れたことでヒーローデザインとして雑な印象になりました。ズバッカーの方も雑で独創性がありません。推進ファンはあきらかに、かの名車マッハロッドの二番煎じです。石森プロのデザインでは軽飛行機のような形でした。オープニングのシーンはこのイメージをひきついだものと思われます。
 結果として、ズバットとズバッカーの玩具は売れず、タカトクがスポンサーを降ります。大好評高視聴率番組だった「快傑ズバット」は突然打ち切りになったのです。それなら……怪獣も怪人もメカも無い「ズバット」を、「仮面ライダー」「キカイダー」と比肩して語り継がれる変身ヒーロードラマにした役者とは?チッ、チッ、チッ、そいつは誰かに訊いてみな!
スポンサーサイト
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking