大魔神


 前回金目像を描いたので、動く神像として大魔神を描きました。先月買った「実相寺昭雄研究読本」(洋泉社)を読んだばかりなので、構図を意識しました。幼年期、お寺の仁王像や不動明王を見てふるえあがった記憶が誰にもあると思います。それが悪夢の中で動き出します。すがるべき神仏に攻撃されるのですから終末的な絶望です。
 大魔神一柱(神様ですから柱)では絵にならなかったので、「釈迦」の神像と戦わせてみました。(神様で遊ぶとバチが当りそうです)「大魔神」もすごい映画ですが、「釈迦」も楽しい映画です。小学生が日本人の顔にターバンを巻いて「アリババと四十人の盗賊」を演じたりしますが、「釈迦」は大映のオールスターがインド人を演じる壮大な学芸会でした。
スポンサーサイト
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking