にせウルトラマン


「写真集特技監督 円谷英二」(平成5年・朝日ソノラマ)竹内博さん渾身の編集。自身が出版物で既用した写真との重複を避ける配慮があったり、上梓後に見つかった資料については「宇宙船」の連載で発表し追補・訂正をする誠実さ。インターネットの記事をつなぎあわせて適当な論文を書く人には反省してほしい。
 この写真集を見ると円谷英二はいつもたばこを銜えているか指に挟んでいます。可燃物だらけの特撮スタジオの中でも、やはり火のついたたばこを持っています。明治時代の小学生はたばこを喫っていたという話を聞いたことがあります。教室に灰皿があったともいいます。糀屋を手伝って現金収入のあった英一もたばこを常用していたのではないでしょうか?たばこをふかしながら模型飛行機を造っている子供の姿がうかびます。「風立ちぬ」を観て、堀越二郎の喫煙シーンが多いことに現代の感覚でクレームをつけた人がありましたが、もし円谷英二がアニメになって、手にたばこを持っていなかったら、その映画は全部ウソになります。
 生前を知る人から寄せられた追想文が写真とは別に興味深く、実現しなかった企画「日本ヒコーキ野郎」と「かぐや姫」のことがわかります。羽田に日本初の飛行学校が開校。15歳の円谷英二は入学するのですが、主任教官が墜落死して5ヶ月で閉校しました。しかし、操縦技術は身につけたようで、東宝時代に撮影した飛行教育映画は、自分で陸軍の中間練習機を操縦していました。堀越二郎さんや糸川英夫博士といった人達によって日本は世界一の飛行機国になるのですが、敗戦で飛行機を作ることは禁止になりました。日本人に飛行機を作らせたら恐ろしいと。円谷英二は、なによりも飛行機にかけた人々の情熱が歴史から忘れ去られることを惜しみました。映画の形で残さなければならないと使命感に燃え、文字通り奔走します。明治大正の航空史を書いた小説「空気の階段を登れ」の著者平木國夫さんのもとへは何度も訪れました。友達だった森繁久彌にはテレビドラマにできないかと相談していたそうです。

「かぐや姫」についてはスクリプターだった鈴木佳子さんが、円谷英二から聞いた不思議な企画意図を書いておられます。子供の頃、家路を急いでいた黄昏時、道端で出遭った近所の少女が周囲の風景から鮮明に浮き出して見えた、あの一瞬の美しさを特撮で再現したいと考え続けていたというのです。脚本は上原輝男さんに依頼されます。この人は次男の昂さんの高校の担任の先生でした。その後輩金城哲夫も受け持ちます。国文学を専攻し、戯曲研究会の会員でした。円谷英二の印象として、まず産業映画人らしさが無いことに好感を持ったと書かれています。日本飛行学校、神田電機学校卒業という理論派実践的な経歴ですが、「かぐや姫」の本質、詩的幻想性を理解してくださる方とわかって尊敬できたと懐古されます。余談ですが、作家吉村昭さんは「零式戦闘機」という作品を書くときに堀越二郎さんを取材するのですが、技術者と小説家ではどうしても合わなかったと語っておられました。
 スクリプターの鈴木さんも円谷英二は詩が好きだったという印象が残っていると言い、矢島信男特撮監督も円谷英二の本質は技術者ではなく詩人だったと観ていました。
スポンサーサイト

ゼットン


「ウルトラマン大事典」(竹書房・昭和60年)A3版、とにかくでかくて重い本です。図書室にある持出し禁止の美術書のような物です。この本の特長は二つ。一つは第12話が欠番にされていなくて、スペル星人の写真と「遊星より愛をこめて」のストーリーが載っています。あと一つは、製作中止になった「ウルトラマンUSA」の翻訳シナリオが採録されていること。(シナリオタイトル ULTRAMAN HERO FROM THE STARS 主人公 ヴォルカン)
 第12話の裏ビデオは流通していたのでスペル星人の姿は皆知っていました。また、ポシャった映画のボツ脚本を読んでみてもしかたありません。しかし、当時、この本は予約が殺到して完売したと云われています。理由は価格です。20000円でした。2万円もするウルトラマン本なら、どれほどのことが書いてあるのかと気になって注文してみたのです。で、どれほどのことも書いてなくて、がっかりしたり怒ったりしながら、かといって手に入れなかったら夢に見るほど憾みが遺るだろうし、まあ気が済んだというところでしょう。

 こんな大きな本の納まる本棚も無いので、押入れに放り込んでおいたら、布でくるんだ表紙を虫が喰っていました。この虫がシャコモンスターみたいな可愛い形をしているので憎みきれません。

ゾフィー


「ザ・ウルトラマン」(内山まもる/小学館)ウルトラ漫画といえば一峰大二、楳図かずお、桑田次郎といった錚々たる大家によって描かれてきたのですが、特撮映像の迫力や俳優の演技におよばないという宿命を負っておりました。その概念を突き破ったのが、この漫画です。昭和50年度の「小学三年生」に第一部「さよならウルトラ兄弟」第二部「戦えウルトラ戦士」として一年間連載され、のちにコロコロコミック増刊号に「ザ・ウルトラマン」と題名を改めて一挙に再掲載されました。私が初めて見たのはこのかたちで、同級生の家に遊びに行ったときでした。
 ウルトラ兄弟が宇宙せましと飛び回って大活躍をします。テレビ以上に興奮しました。ウルトラの国にしても狭いスタジオでは表現しきれなかったのですが、漫画なら自由です。内山まもる先生の絵柄もよかった。野球漫画の人なので筋肉デッサンは正確です。描線が柔かく絵に丸みがあって幼年読者の感性にもなじみます。内山先生をウルトラ漫画の描き手に選んだ小学館編集部の炯眼は絶賛したいと思います。
 「ザ・ウルトラマン」がてんとう虫コミックスになっていることを知り、全4巻を本屋さんに注文しました。1巻第一話はコロコロコミックで読んだ大魔王ジャッカル対ウルトラ兄弟。主役はゾフィー。第二話は短編「若きファイタスの挑戦」。この話で、国民皆が知りたかったウルトラ戦士で一番強いのは誰かという質問にたいして、すんなり「セブン」と回答されます。小学館と円谷プロでおこなわれたであろう当時の編集会議の光景が想像されます。
 2巻以降もウルトラ大戦争を期待すると足もとをすくわれます。なんと、内山先生が以前に学年誌に執筆されていた「エース」や「タロウ」が収録されているのです。テレビに準じた設定ではやっぱり実写映像に勝てません。オリジナルストーリーは4巻から再開するのですが、このあたりの漫画は学校に持っていって他人に貸したり、先生に取り上げられたりしているうちに散逸させてしまいました。

 平成22年の映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」に内山まもる先生がウルトラ人の役で特別出演をされています。ウルトラマンシリーズの功労者が殿堂入りをしたという観でした。坂本浩一監督はよいことをなさいました。

ウー


「空想特撮映像のすばらしき世界ウルトラマン」(朝日ソノラマ・昭和53年)ファンタスティックTVコレクションNo.2。ちなみにNo.1は「科学忍者隊ガッチャマン」。この頃、「宇宙戦艦ヤマト」の大ヒットをきっかけに中学生以上の高年齢層に自国のアニメを研究対象にしようとする活動が澎湃しました。じっさい、意識されないうちに世界最高レベルになっていたのでした。そのテキストを提供するかたちで徳間書店からテレビランド増刊ロマンアルバムが発行され、朝日ソノラマからはファンタスティックTVコレクションが発売されるのですが、見直されるべき作品は実写にもあるということで、刊行されたのがこのNo.2だったのです。
「ウルトラマン」の企画時のタイトルが「ベムラー」だったことは、ウルトラマン大百科の「うらばなし」にも書いてあったのですが、その姿をこの本で初めて見ました。これだけでもびっくりしたのですが、そのさらに前に「Woo」すなわちウーという企画があったというのです。ウーがベムラーになって、ベムラーがレッドマンになって…アンバランスがウルトラQになって…混乱して頭がクラクラしてしまいました。

「幻の雪山」。このお話の中で、ユキという女の子が忌み遠ざけられる理由が現代人にはわかりにくくなっています。これは山窩です。山奥あるいは河原に住んで、戸籍も無く参政権も無いかわりに、租税も兵役の義務もありません。そういう漂泊民が昭和四十年代頃までいたのです。耕作地を持たないので、竹細工や炭を焼いて野菜や米と交換します。一部の農民以外に、その存在は知られないものでした。この回の脚本金城哲夫さんは沖縄出身なのに、なぜ知っていたかというと、山窩ブームがあったというのです。明治以来、ひたすら科学を信奉礼賛して経済成長と対外戦争を繰り返した反作用として、山窩の生活こそ本来の人間の生き方ではないかと見直す運動でした。その行動圏を研究したり、山窩文学とよばれる小説が書かれました。山窩の群に入った人もいます。
 そして、ウーは山姥です。これは神道や仏教より古くからあったものです。道具を持つ前の原始人類の主食は木の実です。山こそ豊穰を恵む神様であり飢餓をもたらす怪獣でした。古代日本人は偶像として山姥を想像したのです。山や森、巨大な古木を神と観る信仰は宗教以前に世界的にあったのですが、キリスト教世界では禁じられました。
 こう見ると「ウルトラマン」の本質が解けてきます。未来とか宇宙の対極にテーマがあります。「Woo」「UNBALANCE」の企画会議に参加した大伴昌司さんとSF作家クラブの意見は活かされることが少なかったのです。

ケムラー


「世界怪物怪獣大全集」(大伴昌司編集/キネマ旬報社)怪獣本の金字塔。表紙のメインイメージはアウターリミッツのテタ星人なのですが、その表紙をめくると、いきなりケムラーの顔です。バルタン星人でもレッドキングでもなく、さらには、ゴジラ、ガメラをおさえてケムラーなのです。ケムラーが最新怪獣だったのかと思ったら発行は昭和42年5月。「ウルトラマン」は終了して「キャプテンウルトラ」が放送中。しかし、この1頁のグラビアだけで日本が怪獣ブームだった時代の熱気が伝わってきます。
 ケムラー。成田先生のデザイン画では下顎が左右に開くアイデアがあります。完成したぬいぐるみを見ると、やはり下顎に亀裂が入っています。本編中は開かないのですがが、顎の開くケムラーを描いてみました。

 実相寺昭雄さんの小説「星の林に月の舟」の中に、怪獣ブームに便乗する変なライターが登場します。あきらかにモデルは大伴昌司さんです。これに対して門下の高弟竹内博さんが「大伴先生は、あんな下品な人物ではない」と宇宙船で怒っておられました。仏像や万葉集に耽溺していく実相寺監督と、時代の最先端を追い続けた大伴さんとでは体質が合わなかったのでしょう。大伴さんは大阪万博に向って急速な経済成長を遂げていく日本の姿を取材し解析する人でした。怪獣映像は興味の対象の一部だったのです。
 大伴昌司さんの業績を再評価しようという番組がNHK教育テレビでありました。同時代の中でも異色で突出した才能の謎を、幼年期にメキシコで暮らしたことに遠因をもとめようとしていました。ちなみに実相寺さんは、子供時代に青島と満州にいました。こちらは、大日本帝国の支配地なので気楽な特権階級なのですが、日米開戦前のメキシコには不穏な空気が漂っていて、大伴さん一家(本姓は四至本)は危険を感じて帰国します。
 大伴さんは、実相寺監督が書いたように、ただの外部のマスコミ人間ではなく、「ウルトラQ」の原点「Woo」「UNBALANCE」の企画会議にも顔を出していたのですが、円谷英二にきらわれて、出入り禁止を喰らったこともあります。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking