沢口靖子


 「宇宙船」Vol.23(昭和60年3月)。平山亨さんの連載「私が愛したキャラクターたち」その第5回は「イナズマンF」のガイゼル総統。本名はヨハン・リーベック。第二次世界大戦が始まる前のパリで、不思議な東洋人(後の帝王バンバ)に邂逅し、自分が超能力者であることを自覚したといいます。もうワクワクするではありませんか。
 「高山良策怪獣製作日記」。「ファイヤーマン」の中途半端に恐竜をアレンジした怪獣や、「アイアンキング」後半に出てくるヘニャヘニャな昆虫怪獣も高山さんの仕事でした。怪獣ファンとしては、このことをどう考えてよいのか迷います。
 酒井敏夫さんの「特撮をめぐる人々」は伊福部昭さんへのロングインタビュー。円谷英二との出会いが不思議です。お互い名前も仕事も知らないまま酒呑み友達だったといいいます。「ゴジラ」の打ち合わせで、初めてその人が特撮で高名な円谷英二であることを知りました。名作誕生の裏には、不思議な運命的出会いがあります。アニメ「佐武と市捕物帳」のナレーターが小林昭二だったのが、私には不思議でなりません。後に「仮面ライダー」を世に出す石森章太郎と小林昭二がここで出会っていたのです。

 おたよりコーナーは復活「ゴジラ」の感想大会。概して低い評価がなされています。ナイトシーンなのに、ゴジラの顔に照明が当たっているのはおかしいという技術的な指摘から、沢口靖子がセリフを棒読みという演技論まで。最大の目玉だったサイボットゴジラは顔も体型も悪いと散々です。オフィシャルブック「THE MAKING OF GODZILLA1985」(昭和59年/小学館)ではサイボットゴジラが絶大な効果を上げていたと書かれているのですが、お金をもらって書かれた文章と、お金を払って鑑賞した読者の投書とどちらが信用できるかは言うまでもないでしょう。なお、その本でも、監督の橋本幸二さんが「一番苦労したのは沢口くんの芝居の下手さ」だったと白状しています。
 そのサイボットゴジラと沢口靖子を、私は当時の吹田駅前で見ました。吹田市制何周年かの式典に便乗した映画の宣伝でした。市長が「記念すべきこのよき日に、子供の人気者ゴジラさんも来て下さいました」というような式辞を述べていました。沢口靖子が壇上から「わたしも大阪出身なんです」と挨拶して客をつかもうとしたら、「大阪のどこやー」という声が上がり、沢口が「堺です」と答えると、場の空気が冷めました。吹田の住人にとっては堺は親近感を感じない距離なのです。
 ところが、泉陽高校の沢口靖子といえば、地元堺ではデビュー前から有名な美少女だったのでした。泉陽高校というのは与謝野晶子を輩出した名門女学校です。つきあっていた男がいたそうですが、羨望と注目に耐えきれず逃げるように身を引いたと、そんな話を堺の友達から聞いたことがありました。
スポンサーサイト

大川めぐみ


 ここでまた増刊が出ます。「宇宙船別冊スーパーギャルズ・コレクション」(昭和58年4月30日)。特撮女優を集めた本です。表紙は大川めぐみ。ゴーグルピンクをやり終えて、「魔拳カンフーチェン」に出演中。インタビューも採録されています。運動神経がまったく無くて、体も固くて、5メートルしか泳げないと言っています。アクションシーンではすぐ泣いてしまったそうな……あの番組を一所懸命観ていたこちらとしては、怒っていいのか、はたまた笑っていいのか苦しみます。そもそも戦隊シリーズとは何なのか?いまなお続いていることに意義があるのか?特撮とは戦隊物という認知のされかたを30年前の特撮ファンは望んでいたのか?
 あるいは、その一つの答えとして。本誌Vol.7、Vol.9で特撮女優特集をしたとき、編集部も想定外だったのは、女子読者からの反応が良かったこと。怪獣相手に戦うヒロインは幼年女児にとっては憧れであり、ドラマをより深く楽しむための自己投影の対象だったのです。そのとき、JACの道場で猛特訓に励んだ専門女優よりも、大川めぐみのような無力に近い素人女優の方が感情移入しやすくなります。戦隊シリーズの強みは女子客を取り込めることだったのでした。

 ところで、この別冊の裏表紙に重大な歴史的広告が載っています。東宝ファミリークラブのビデオソフトの通信販売が開始されたのです。怪獣の玩具やレコードを集める理由が、映像の余韻を楽しむ依り代であったとしたら、映像そのものを私有することで意味と価値が代わります。みうらじゅんさんらの世代は運動して上映会を開催して、画面をカメラで撮影していたのですが、その涙ぐましい努力も何だったのかということになってしまいます。
 価格は、ゴジラシリーズが平均25000円、ガメラシリーズが28000円、ウルトラマン一話分が6500円と、後の市販DVDソフトと比較してかなり高いものです。なぜか「宇宙怪獣ガメラ」だけは40000円!当時、このビデオを買った人は、いま、何だったのかということになっていると思います。

藤山直美


「コメットさん」は「ウルトラマン」より後に作られた番組なのですが、19話までは白黒です。その第11話「ふしぎなふしぎな女の子」に小学生時代の藤山直美が出ていてびっくりしました。わんぱく兄弟とコメットさんをむこうにまわして手のつけられない大暴れを見せます。藤山直美でもう一回びっくりしたのは「ゴジラ×メカゴジラ」の出演。逃げ遅れて踏み潰される一瞬の場面でした。藤山直美を特撮女優に入れます。

「コメットさん」に関係した人で意外な名前は、香川登志緒さん。「てなもんや三度笠」の作者です。コメットさん研究の第一人者籾山幸士さん編集の同人誌「β星より愛をこめて」を読んで内幕がわかりました。九重佑三子の所属事務所マナセプロからの「歌わせろ」という要求に折れて、二年目からドラマの後に「今月の歌」というコーナーがつけられました。同時期九重は、てなもんやシリーズ第二弾「てなもんや一本槍」にも出演していて劇中で歌う予定だった「ポロロンワルツ」を「今月の歌」に使いたいと願い、作詞の香川さんが諒承したのでした。経緯がわかれば意外でもないのですが、「てなもんや一本槍」は台本も映像も保存されておらず、「今月の歌」も再放送ではカットされていたのでフィルムが紛失して未確認の分があるそうです。
 さて、香川登志緒さんという人ですが、大阪のど真ん中に生まれて、子供の頃から寄席通いをしていたら、かの吉本勢に「ぼん、そないに好きか」と声をかけられ翌日から木戸御免タダで入れるようにしてもらいました。香川さんは「やさしい御寮人さんや」と思ったそうですが、吉本勢は、もっと賢くてしたたかな人です。演芸の将来を考えて評論的視点を持った見巧者を育てておこうと目論んだのです。そして、この少年の資質を見抜いた眼力の確かさに舌を巻きます。吉本100年の礎を築いた女傑です。香川さんは、楽屋へも自由に出入りして、桂春団治、エンタツ・アチャコ、ワカナ・一郎ら戦前の名人の芸と人物を観察することになります。
 終戦時は兵隊として満州にいたのでソ連軍の捕虜になったのですが、なんとか生きながらえて帰国しました。他者の追随を許さぬ笑芸についての知識が重宝され、お笑い番組の作家になるのですが、基本的に狷介でヘンコな人です。演出家の澤田隆治さんや同じ作家の花登筐さんともけんかしました。この香川さんを藤山寛美は、松竹新喜劇の座付きとして招きました。香川さんは寛美の子役時代も知っています。寛美丈はもちろん台本も頼んだのですが、香川さんと一緒に、よく死にかけたような役者の話しを聞きにいきました。「古い話を聴こうとする寛美はえらい」と評していましたが、藤山寛美はおそらく、大阪の芝居の歴史を香川登枝緒に記録させようとしていたのではないか?未来の大阪の芸人のために……。

 晩年は「若いくせに名人いとし・こいしの味わいがある」とダウンタウンに注目しました。ダウンタウンの方も「香川先生」と慕いました。いと・こい師は漫才は教えることはできないものと終生弟子をとりませんでした。それを証明してしまったのがダウンタウンなのですが、この二人が長く活躍できているのは、香川先生から昔の芸人の心意気や芸談を聴いたからではないかと思うのです。

菱見百合子


「宇宙船」Vol.7(昭和56年8月)。特集1はSFプラモデル。仕上げや改造、撮影等テクニックの解説に多くのページが割かれています。そういえば、最近の宇宙船には造型教室がありません。特集2は「SPFXギャル大集合」。先行のSF映画雑誌や、アニメ雑誌の軟派な企画を、日本特撮の女優でやってみようという試み。画期的な視点の提案でもあったのですが、この特集で重大なことが決定…あるいは確認がなされました。人気投票が取られ、Vol.8で発表されるのですが、圧倒的な得票数でアンヌ隊員が1位になったのです。以後、特撮女優ナンバー1はアンヌ隊員・菱見百合子に確定し、現在にいたるも揺るぎません。ちなみに2位は、当時放映中のデンジピンク・小泉あきら。この人はおそらく現在は2位ではないでしょう。
 特撮ヒーローナンバー1のウルトラセブンのヒロインがそのまま1位になったことに異議は無いのですが、演じた女優が菱見百合子でなくても、1位になっていたのではないかという気はするのです。かりに、イメージキャストの真理アンヌだったとしたら、地球防衛軍の感覚的スケールがひろがります。宇宙から来たエトランゼ、モロボシダンの無意識の孤独に、日本人とインド人の混血として生きてきた真理アンヌがシンパシーを覚えていたとしたら、最後の別れはもっと切ないものになります。その場合、最終回の主役は、シリーズ全体のテーマを背負ったアンヌになってしまいます。

 ただ、怪獣映画やヒーロー番組で、ヒロインがあまりにでしゃばるものは、必ず駄作になります。戦争に女は無用だからです。金子修介監督の「大怪獣総攻撃」はゴジラ映画の中でも最低の評価を受けたのですが、主人公の新山千春の出演場面を全部カットすれば、かなりすっきりした怪獣映画になります。特撮の女優は“添え物”でよいのです。役に立たないくせに、動けば人質になり、ヒーローが変身しようとすると、そばでジッと見ていてジャマをする。これが王道です。で、菱見百合子はというと作品「ウルトラセブン」において見事なまでに“添え物”であったという結論になります。

テレビ
「ウルトラセブン」「ミラーマン」「ウルトラマンレオ」「電撃戦隊チェンジマン」「光戦隊マスクマン」「仮面天使ロゼッタ」「ULTRASEVEN X」
映画
「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」「ウルトラマンゼアス2」「シルバー假面」「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

真理アンヌ


 「変身忍者嵐」にアラカンさんが出演するのは、第26、27話。続く第28話のゲストは真理アンヌ。これがまた、ずっと気になっている人です。ウルトラ警備隊の友里アンヌ隊員は真理アンヌをイメージキャストに考えられていたのですが、スケジュールの調整がつかず、豊浦美子を経て菱見百合子になりました。よほど売れっ子だったのだろうと想像するのですが、そのわりには私の見る子供番組によく出てきます。「変身忍者嵐」では頭にゴムの蛇を載せて顔を白塗りしただけの魔女メドーサ。いかにも安っぽい妖怪です。これを引き受けるくらいなら、アンヌ隊員をやっておけばよかったと思うのですが……。

 前回、嵐のデザインは失敗だったという石森先生ご自身の述懐を採録しました。私などは、その謙遜を言葉通りに受けとったのですが、平成になりアレンジされてよみがえります。「仮面ライダー龍騎」のオーディン、「仮面ライダー響鬼」の鬼の鎧。見る目のある人が見れば、やはり尋常ならざるデザインなのでしょう。
テレビ
「少年ケニヤ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「マイティジャック」「仮面ライダー」「緊急指令10−4ー10−10」「恐怖劇場アンバランス」「変身忍者嵐」「ワイルド7」
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking