佐久間良


 前回のつづき。宇宙船文庫「24年目の復讐ー上原正三シナリオ傑作集ー」から、「帰ってきたウルトラマン/キミがめざす遠い星」、放送タイトル「怪獣使いと少年」。

 シナリオを読んで、完成作品を見直し、確信に至ったのですが、ムルチはメイツ星人が連れてきた怪獣ではなく、地球の魚が水質汚染で畸形化したものです。あげくに、ウルトラマンに口を裂かれ、スペシウム光線で焼き殺されました。この悲しい物語の中の悲しみのアイコンです。「怪獣使いと少年」というサブタイトルはTBSに納品するときに内容をぼかすためにつけられたものだと思います。この題名だと、狡い宇宙人が少年を惑わすストーリーを想い浮かべます。また、メイツ星人が怪獣を伴って地球の調査に来たのなら、侵略行為と看做し地球人はこれを裁くことができます。

 この回は地球人と宇宙人の話ではなく、日本人と朝鮮人の話です。舞台となった川崎は、関東大震災のおり朝鮮人虐殺が行われた場所です。商店主やサラリーマンなど、善良な庶民が暴徒になりメイツ星人を襲撃する場面があります。棒、竹やり、鎌等、時代錯誤かと思える武器ですが、これは震災当時の自警団の得物です。メイツ星人は警官が発砲した銃弾二発で絶命するのですが、往時の朝鮮人は、農機具みたいな殺傷能力の低いものでメッタ打ちにされて死んでいったのです。これは残酷過ぎてテレビドラマでは再現できません。
 殺傷能力が低いと書きましたが、それでも被災全地域で、名前と場所が判明しているだけで、2613名の朝鮮人が虐殺されました。これに追加して、朝鮮人に間違えられて殺された日本人57名。支那人9名。自警団等による殺戮は震災が発生した大正12年9月1日から10月30日まで行われていました。警察も憲兵も庶民の暴動を抑えることが出来ず、新聞は『不逞鮮人、混乱に乗じて強盗、放火、井戸に投毒』というデマを記事にして広めたため、全国的な行動になってしまいました。

 戦後になっても、大阪の少年どもは「(朝鮮人)狩り」という遊びをやっていました。おそらく、川崎でもやっていたのではないかと推測します。かくも残酷で愚かな日本人を、ウルトラマンが救済する理由はあるのでしょうか?人種差別は世界中にあるし、日本人移民も海外で迫害されてきたと言うのは、論点をずらした弁解です。ウルトラマンが問い糾すのは日本人と朝鮮人の関係です。さらに、帰属集団から離れて『おまえは、どうなんだ』と詰問するのです。

 川崎の河原で穴を掘り続けている少年がいます。
 北海道の炭坑が閉山し、出稼ぎに行ったまま帰ってこない父を捜して、この河原でムルチに襲われました。助けてくれたのはメイツ星人でした。河川敷の廃工場で二人で暮らしていたのですが、宇宙人であることがばれて殺されてしまいました。少年はひとりぼっちになってしまいました。
 少年の名は佐久間良。
 学校へも行かず、勉強もせず、テレビも観ず、漫画も読みません。人間にも地球にも絶望しているので、ウルトラマンもいりません。金も無く、力も無く、知恵も無く、いじめられてもいじめられても耐え続け、地面にはいつくばり虫けらのように生きています。救いようのない話かと見える「怪獣使いと少年」に、たしかな答がありました。佐久間良の生き方こそ、美しくて凛々しくて、正しい。
スポンサーサイト

ウィンダム


 上原正三のウルトラセブンについて考えるつもりだったのですが、宇宙船文庫「24年目の復讐ー上原正三シナリオ傑作集ー」(昭和60年3月)には、「セブン」からは三本しか選ばれていませんでした。
「悪魔の住む花」お話も映像も面白かったのですが、これはアイデアとして「ミクロの決死圏」に永久に勝てない悲しさがあります。
「1万5千人の侵略(あなたはだあれ?)」地球人がすべて、昼に活動して夜に寝ていると思って侵略計画を立てたフック星人の事前調査は、メトロン星人より杜撰でした。
「300年間の復讐」一旦、ボツになったあと、実相寺さんに見せたのですが、やっぱり理解されなかったというシナリオです。上正先生には思い入れが深いらしく、セブンのために書かれた他のOK脚本、NG脚本を押しのけて、この文庫にも入っています。そして平成5年になりNHKドラマ「私が愛したウルトラセブン」の中でついに映像化されるという執念のシナリオです。文字でしかなかったトーク星人も実体化しました。

 今回のイラストはそのトーク星人を描こうとしたのです。アンヌを妹とまちがえて拉致したのですから人間と同じ顔だと思いますが、NHKドラマ中に登場するトーク星人はゴース星人とフック星人を併せたような顔でした。成田ー池谷ラインから外れないものをという忖度だったのでしょう。森の中の洋館に住んでいると書かれてあるので、貴族のイメージがわきました。馬に乗せたくなったのでメカウマのデザインくらいは自分で考えてみようと思ったのですが、成田ー池谷ラインに沿ったものをと忖度していたらウィンダムみたいになってしまいました。ウィンダムにトーク星人を乗せるのは不自然なので、そのままウィンダムにしてしまいました。今回は最初からグダグダです。

 グダグダなまま、表題作「怪奇大作戦/24年目の復讐」を見てみます。戦争中、爆雷を受けて沈んだ潜水艦の中で生きていた兵士が、薄い酸素でも呼吸できる水棲人間になり、横須賀に駐留する在日米軍に復讐するという話。水棲人間の謎解きよりも、戦争を忘れてはならないという部分にテーマが置かれています。水棲人間の役は天本英世。天本さんも徴兵されましたが、内地にいたので実戦経験はありません。
 日本の女とデート中のアメリカ兵が狙撃されます。沖縄出身の上原さんが見せつけられた光景だったと思います。その関係が恋愛であれ売春であれ強姦であれ、日本男子としては面白いはずはありません。なお、この時点で沖縄はまだ返還されていません。

 そして、この5年後、フィリピンのルバング島で小野田寛郎少尉が発見されます。その任務は残置諜報員。かりに今回の戦争で負けたとしても、現地情勢の調査を続行し、日本軍が再びルバング島に上陸したときに情報を提供し協力せよという命令。補給が断たれたら自給自活。連絡系統が断たれたら独断専行。選抜されて中野学校で教育を受けたというくらいですから、かなり優秀な軍人だったことは間違いありません。水棲人間ではありませんが、30年間も緊張状態にあると体質も変化したそうです。夜でもジャングルの中で行動できるようになるし、凄いのは、飛んでくる銃弾の軌道が見えるようになったといいます。その線を避ければ弾に当たらないのです。

 昔の上官だった人が出て行って命令解除を通達し、小野田元少尉はようやく帰国します。日本国民はとまどいました。一人で戦争を継続し、日本軍の再起を信じていた小野田さんから見れば、戦後生まれも含めて全員裏切り者です。
 元中尉坂井三郎さんも動揺しました。プロフェッショナルの軍人として旧敵アメリカ軍からも尊敬され、水棲人間がつけ狙った横須賀の在日米軍の司令官も、着任時必ず表敬訪問するという人です。こんな理想的な関係すら裏切りになるのか。「丸」編集長高城肇さんと対談した当時の感想が「続々・大空のサムライ 撃墜王との対話」(光人社)に収録されています。
 小野田さんの言い分には非の打ち所が無いが、それでも疑問が残る。命令だけで三十年間も戦い続けられない。本当のことを黙っている。日本軍を裏切り、部下を殺したフィリピン人への復讐ということなら納得できると坂井三郎は言うのです。

「300年間の復讐」「24年目の復讐」「復讐鬼ヤプール」…上原正三は復讐の作家とも呼ばれています。  つづく
 

ノンマルト


 前回、宇宙船別冊ウルトラブックスを出してしまいましたので、宇宙船文庫も取り上げて、より完全を期します。「ノンマルトの使者ー金城哲夫シナリオ傑作集ー」(昭和59年9月)。巻末の竹内博さんの解説によると、昭和52年にアディン書房より「金城哲夫シナリオ選集」が上梓されていたのですが、そこには円谷プロ作品が三本しか入っていなかったそうです。朝日ソノラマの「金城哲夫シナリオ傑作集」は全部円谷プロ時代の仕事。「WOO」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「マイティジャック」「戦え!マイティジャック」「怪奇大作戦」。「WOO」はもちろん未映像化企画なのですが、「セブン」の未使用シナリオ「認識票No.3」もおさめられています。登場する怪獣はジャッキー。池谷仙克さんの気持ちになり切ってデザインを考えてみると愉しくなります。『う〜ん、成田さんの物からあまり離れてはいけないし、かといって同じようなものでもいかんし、どないしたもんや……』

 表題作「ノンマルトの使者」。監督の満田さんと酒を飲んでいて思いついた話だといいます。かつて地球に先住民がいて、後発で進化した人類こそ侵略者だったとしたら?宇宙からの侵略者に毎週攻撃されている地球人が、侵略者でもあったという視点は、満州やベトナムに進出した結果、世界戦争に敗れた日本民族としての記憶からの発想です。
 太古の昔、剽悍で狡知に長けた人類に圧迫されたノンマルトは海に逃れ、海底に独自の文明を築き上げました。ところが最近、地上にあふれた人間は、海に居住地をもとめて海底開発計画を進め始めました。おとなしいノンマルトも、ついに生存権を賭して人類に逆襲してきました。
 壮大無辺なアイデアです。30分では収まりません。いや、収拾はついたのです。ノンマルトを全滅させるという一番安易で合理的な方法で。ノンマルトを地球史から消してしまいました。金城さんも満田さんも、こんな結末になるとは、最初、考えていなかったのではないでしょうか?人類の目指すべき理想を提示するのが「ウルトラセブン」の方向性だったはずです。

 物語の中で決断するのはキリヤマ隊長でした。海底都市を眼前にして、知性を有する地球生物である可能性は考えたのですが、戦闘を続行します。最前線の指揮官として、この決定はまったく正しい。状況を迅速に終了させ部下の損耗を少なくすることが第一義です。じっくり考えたとしても、海上交通、海底資源、水産物の供給をノンマルトに遮断されたら日本人は滅亡するしかありません。
 ならば、ウルトラ警備隊のノンマルト殲滅作戦に加担したセブンの決断はどう判定されるのか?ウルトラセブンは地球民族同士の戦争に立ち会った第三者です。

 本質論として、ウルトラセブンは最初から最後まで明確なものではありませんでした。ウルトラ人としては青年期ですが、年齢20000歳。20000年分の知識と経験があります。人類が宗教や哲学の体系を完成させるより長い年月を生きています。身長40メートル。大脳容積は人間の10000倍。戦闘力は地球防衛軍並かそれ以上。これは、もう神です。しかし、ウルトラセブン=モロボシダンが老成した人物として描かれていたかというと、地球人が造った戦艦マックスを見て「かっこいいなあ。乗ってみたいなあ」と目をキラキラさせている、むしろ幼稚なやつです。北海道出身のフルハシとか九州出身のソガよりも純朴な青年です。
 モロボシダン=ウルトラセブンとは誰だったのでしょう。ゴジラを見た三島由紀夫は、あれは戦争で死んだ兵士の霊が日本に復讐に来たのだと思いました。セブンもやっぱり戦争で死んだ兵士の魂のような気がします。ゴジラとは逆に、恨みを残さずに死んでいった、ひたすら純粋で勇敢な若者が日本を救うためにウルトラセブンとして甦ったのだと思えるのです。おそらくアメリカ兵もドイツ兵も勇敢であり純粋だったと思いますが、セブンは日本人にちがいありません。出撃直前なのに友達と肩を組んで何の疑問も無くニコニコしている若い特攻隊員の写真の顔がウルトラセブンです。

 最終回「史上最大の侵略 後編」中のソガの科白。「ダンは死んで帰っていくのだろうか。だったら、ダンを殺したのは俺たち地球人だ」これは金城さんのシナリオの中に書かれていません。どの段階で出てきたのかわかりませんが、つき刺さるような科白です。純粋で勇敢な青年達を殺したのは、軍部とか資本家とかいう実体のあやふやな他者ではなく、全ての生き残った日本人です。

 次回は宇宙船文庫「24年目の復讐ー上原正三シナリオ傑作集ー」を取り上げます。また、ウルトラセブンの話になると思います。

仮面ライダーJ


 宇宙船別冊ウルトラブックスという本が平成2年から刊行されていました。忘れていたわけではありませんが、資料性が薄い気がして無視していたのです。しかし、宇宙船のバックナンバーを並べて特撮ファン史を辿るという主旨に鑑み、私感で価値判断すべきではないと考えを改めました。私のてもとにあるのは下の三冊だけですが、もっと出ていたのかも知れません。
 ウルトラブックスはAB版の絵本サイズで、漢字にふりがなが打たれています。年少読者から宇宙船の子供向けを出して欲しいという要望があったのでしょうか?どうも…それは考えにくい。私の知っている子供は頭の中はポケモンだらけで戦隊にすら興味を持ちませんでした。小学生にもなると怪獣なんて言っていたらいぢめられます。宇宙船読者の高齢化に危機感を抱いた編集部が次世代特撮ファン養成のために発行した本…それに違いありません。

 ウルトラブックス94年版最強怪獣・ヒーロー超図鑑から、仮面ライダーJを描きました。Jリーグ発足の年に登場したライダーです。ただし、サッカーとは関係無く、巨大化することが唯一最大の特徴です。古いファンは巨大化する仮面ライダーを歓迎するはずがありません。なんと、石ノ森章太郎先生も雨宮慶太監督も巨大化には大反対だったといいます。脚本は上原正三さんなのですが、第二稿を書くときに巨大化させる設定が入って驚いたと言われます。原作者と監督と脚本家の意思が入っていない映画を作品と呼べるのか疑問がわきます。
 では、誰が仮面ライダーJを巨大化させたのか?企画に4人の名前がクレジットされています。
 一人目は渡邊亮徳さん。そもそも毎日放送と東映の間でオートバイに乗った仮面ものをやると話をつけたのはこの人。仮面ライダーについては最大の発言権があります。二人目は山科誠さん。バンダイの社長。スポンサーなのですから発言権は強いと思われます。三人目は吉川進さん。戦隊、宇宙刑事、「BLACK」で上原正三さんと仕事をしてきた人。上正先生に脚本をふったのは吉川プロデューサーです。
 そして、村上克司さん。一番、不気味な名前です。Jは石ノ森章太郎先生存命中最後の仮面ライダーなのですが、私は石ノ森先生のデザイン案を見たことがありません。村上さん本人か村上さんの指示で描かれたバンダイ側の決定画があるだけです。マフラー、ベルト、手袋、靴をオミットして、巨大化したときに違和感が無いことを前提にデザインされています。面長なのも下から撮ったときにパースが出るようにするためでしょう。

 巨大化するJもブーイングを浴びたのですが、さかのぼって、スカイライダーが空を飛んだことも不評でした。飛べるのならオートバイで移動する理由が無くなります。……ところが、後年、ライダー大集合映画が作られるようになると、特異な能力を備えた二人が画面の中で存在感を発揮します。展開に変化をつけ盛り上げるのです。桂米朝師が芸人論としていみじくも語っておられた、若いときにイヤミやったところが歳とったら味になるとはこのことに違いありません!
 なお、米朝一門と仮面ライダーは無縁でもなくて、朝丸(ざこば)の弟子の都丸がガンガンジーの役で出ていました。ガンガンジーが出ていた期間、あの枝雀さんも「仮面ライダー(スカイ)」を観ていたそうです。

毒蝮三太夫


「宇宙船」Vol.68(平成6年5月)から、もう一本。「ウルトラセブン/太陽エネルギー作戦」。「ウルトラセブン」といえば、シリアスでハードなSFドラマ。ウルトラシリーズ最高傑作、とりもなおさず、特撮ファンにとって価値基準の最上位の聖域……であると、同時に『ウルトラセブン』といわれれば、なにかほっこりするものがあります。ずっと前ですが、ウルトラセブンのパチンコ機のテレビCMを見て、私の母が「ウルトラセブンは子供に良いことを教えなあかんのに、パチンコみたいな悪いもんになったらあかんやん」と憤慨していました。この感覚です。ふと考えたら、その母親よりもセブンの顔のほうがより強く深く心に刷り込まれている気がします。おもちゃのアヒルについていくヒヨコのように…ほっこりもするはずです。
「ウルトラセブン/太陽エネルギー作戦」は、ほっこり系のセブンです。通産省の太陽エネルギー利用促進のPRドラマ。フルハシがウルトラ警備隊の隊長。アンヌは退官してお母さん。このアンヌの住んでいる家が振興協会推薦の理想のソーラーハウス。電気もお湯もタダ。二酸化炭素排出ゼロ。年中快適の良いことづくめ。久しぶりに現れたセブンも窮地に陥るのですが、胸のソーラーパネルで太陽エネルギーを取り込んで大逆転。宿敵エレキングを倒します。万歳万歳、よかったよかった、ほっこりほっこり。

 番組の最後に「提供 通産省」とテロップが出るのですが、そのとき私が思ったことは、ウルトラマンの版権は国が管理すべきではないかということでした。円谷プロが版権に関して急に厳しくなってきたのです。漫画のコマにウルトラマンを描いたり、怪獣を造って売ることを取り締まり始めました。鳥山明先生がペンギン村の住人の中にちっちゃいウルトラマンを紛れ込ませているのは楽しみだったし、下手ながら怪獣も造っていたので捕まるのではないかとハラハラしていました。販売の認可を受けようとするなら、原型を持って円谷プロに行き、手直しさせられ、あげく売り上げの40〜60%を上納しなくてはなりません。円谷プロがそういう商法を始めたことを知った成田亨さんは、実際にデザインした自分のもとに著作権料が入ってこないことを悔しがっておられました。法律とか契約については無知な私ですが、不条理と義憤を感じて、ウルトラマンもウルトラセブンも、もはや円谷プロのものではないと思ったのです。

 そして……この頃、円谷プロはオーストラリア、アメリカについで、中国の制作会社と合作でウルトラマンを作ろうとしていました。ところが、寸前で共産党に中止命令を出され頓挫します。
 では、それ以後、支那の国にウルトラマンはいなかったのかというと、むしろ増え続けていたのです。昨年ニュースになって日本中を騒がせたのが新作映画「再見奥特曼(さよならウルトラマン)」。寝耳に水!の円谷プロは抗議し訴訟を起こしましたが、独裁共産大国は中小企業の訴えなど取り合いません。謎のタイ人からウルトラマンの権利を買ったというのです。意外なところで「白猿ハヌマーン&ウルトラ6兄弟」が亡霊のように祟ってきました。云わんこっちゃない!尖閣諸島を国有地にしたようにウルトラマンの版権も国に預けておくべきだったのです。

 最初に、パチンコウルトラセブンに対して、お母はんが面白いことを言ってほっこりしたと書きましたが、それで終りではありませんでした。そのパチンコウルトラセブンの開発費として計上されたのが100億円、最終的に200億円かかったというのです。昭和42年当時の「ウルトラセブン」一話分の製作予算を500万円として、掛ける49話。このパチンコ機が出来た平成17年の物価に換算したとしてもオリジナルの総製作費は5億円くらいではないかと考えられます。茫然としました。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking