さらば斗いの日々、そして


  長坂秀佳シナリオ傑作集「快傑ズバット最終回/さらば斗いの日々、そして」。この最終回は是非観てもらいたいので、ストーリーは書きません。若い人で「ズバット」を一度も見ていないという方は「さらば斗いの日々、そして」の前に、第二話「炎の中の渡り鳥」だけは見ておいて下さい。

 最終回のゲストにだけふれます。国際秘密警察神竜伸介役に千葉治郎(矢吹二朗)。番組が続くのならば、神竜伸介を早川健の相棒にしてパターンに変化をつける案もあったようです。仮面ライダーシリーズにおいては、滝和也と風見志郎は入れ違いだったし、その後の変身番組でも千葉治郎と宮内洋の共演はありませんでした。
 初共演かと思ったら、千葉治郎と宮内洋が桧垣三兄弟の次男と三男を演じる「姿三四郎」の映画がありました。いつどこで観たのか忘れましたが、後年、古書店で見つけたパンフレットが、私の宮内洋コレクションに入っています。下の写真はそのパンフレットに載っていたもので、中央が宮内洋。右が千葉治郎です。ある時期に量産されていた東映の格闘技映画の一本かと思っていたら、東宝の作品で、岡本喜八監督。

 岡本喜八映画と言えば、必ず天本英世が出ることになっているのですが「姿三四郎」に天本英世の名前はなく、代わりなのか喜八監督自身が出演しています。そのことよりも驚くのが、この映画の公開日が昭和52年10月29日。「快傑ズバット」終了直後です。宮内洋は「ズバット」の途中から「ジャッカー電撃隊」の番場壮吉を兼任しています。その合間に映画「姿三四郎」にも出演していたことになります。大忙しです。「ズバット」の撮影スタッフが宮内洋のスケジュールに合わせて行動していたら、千葉治郎がいたので、ついでにこっちにも出てもらったというのが、神竜伸介登場秘話ではないでしょうか?

 もう一人のゲストは松木聖。死んだ飛鳥五郎の恋人で、新繊維シルベールを発明する科学者皆川理沙役。飛鳥の遺言でシルベールを早川に届けに来ます。シルベールを使えば、ズバットスーツはさらに強化されるのです。
 「キカイダー01」の回で、「01」には上手い役者が出ていなかったというようなことを書いてしまいましたが、松木聖がいました。松木の演じたミサオは、長坂さん得意の謎の女のカテゴリーに入るのですが、庶民的で生活感がありました。では、何をして生計を立てているのかというとスリです。犯罪とはいえ変身ヒーロー番組で収入が描かれる登場人物は希少です。若いながら人生の苦労を知っているミサオ姐さんの印象が強いので、世俗離れした科学者の役はミスキャストでした。

 無料動画に懐かしい「銀河疾風サスライガー」の第一話があったので観てみたら、ヒロイン気まぐれバーディーがカジノでスリをやっていました。昔は、スリは職業として認知されていたのでしょうか?「一文笛」という落語で、スリの心意気が語られています。これは桂米朝の創作ですが、スリ師の実際に取材したものだそうです。

 長坂秀佳特集は今回で最後です。そして…私は「快傑ズバット」を見て特撮ファンになったようなものです。とにかく宮内洋に会いたいと願って、そのことが人生の最終目標のようになっていました。そして…特撮ファンをやっていたら、わりと簡単に宮内洋さんに会わせていただけました。そして…思いのたけを話して、サインをもらって、宮内さんの掛け声で変身ポーズをきめ、写真を撮ったとき、私の心のダブルタイフーンには虚しい風が吹き込んできました。V3もズバットもこの世界に実在しないことを確認してしまったのです。
 宗教をやっている人が神様に出会わずに信心しているように、変身ヒーローファンは変身ヒーローに会わないほうが良いのではないか…宮内洋さんは俳優としても人間としても立派な方なのですが、変身はできません。私が幼稚なのかアホなのか、その一点に失望するのです。次の目標が見えなくなりました。日本一という早川健以上の男はいるのか?いるとしたら番場壮吉…メタ矛盾になります。以前、このブログで「特警ウィンスペクター」を醒めた気持ちで観ていたと書きましたが、あのとき宮内洋に会っていなかったら、狂喜していたような気もするのです。
スポンサーサイト

ザイダベック


  勅撰長坂秀佳戯曲抄「さらば斗いの日々そして」8回目「アクマイザー3」。昭和50年東映の仕事で、原作は石森章太郎先生。もちろんテレビ前提企画で、石ノ森先生による漫画作品はありません。主要キャラクターのデザインと基本設定について意見を出された程度のかかわりだと思います。メインライターとしてシリーズ全体の構成を考え、脚本を書いたのは自分なのに、いつも頭に「原作石森章太郎」と付くのが悔しいと長坂さんは思っていました。

 「アクマイザー3」について語るには、世界観から説明しなくてはなりません。地球空洞説に基づく設定なのですが、私はその説が理解できておりませんので、テレビを通しての解釈を書きます。
 地球の裏側にダウンワールドという世界があります。引力ではなく遠心力で成立している空間です。熱と光は地球の核から供給されます。ダウンワールドの霊長はアクマという種族。南極と北極に二つの世界の出入り口があります。ときどき、船で地上世界に現れ人間を拉致していきます。その姿を目撃した人によって空想されたのが、「悪魔」とか「鬼」なのです。また、拉致された人間は食料にされたり労働力にされます。逃亡したのか解放されたのかはわかりませんが、ダウンワールドから生還した人の記録が「地獄」と呼ばれて語り伝えられたのです。
 かといって、アクマ族が妖怪的な物かと思ったらそうでもなくて、人間との混血も可能。主人公ザビタンの母親も人間です。もともとは地上の生物だった可能性も考えられます。その証拠に、地球の裏側の環境が変化したのか、種としての進化が限界を越えたのか、おそらく、その両方の理由で、サイボーグ手術を施さないとダウンワールドでは生きていけなくなりました。
 アクマ族は、やむにやまれず、地上世界の征服を開始するのですが、なぜだ!?同族のザビタン、イビル、ガブラが人間側に立って叛逆するのでした。また、なぜだ!?人間に味方することをアクマ族は「正しい心」「正義」と言います。アクマイザー3の自称は「正義の悪魔」…矛盾した言葉ですが、わが国においては普通です。

 さて、この壮大な世界設定を映像で表現するには何億ドルかければよいのかと、ハリウッドのプロデューサーなら頭をかかえることでしょうが、東映のプロデューサーは「仮面ライダー」シリーズの半分の予算しか計上しません。そして、現場も要求に応じます。第一話では、夜空に帆船が現れ、不思議な砂を撒いて人間を拉致し、北極点からダウンワールドに入り、人間を奴隷労働させるまでを、きっちり映像で見せます。第二話以降も、地上侵略を本気でやろうとしていることが伝わってくる大規模な作戦や大量殺戮の場面が描かれるのです。
 私が気になるのは、特撮シーンではなくて、アクマ族を取材する新聞記者島一平が勤務する東都タイムスの狭さです。机が二台くらいしかなく、警察の取調室かと思うくらい狭いのです。こういうところでお金が無いことが伝わってきます。また、アクマイザー3は人間に変身しないので、出演者は実質島一平役の千葉治郎一人と言っても過言ではありません。やっぱりお金のかかっていない番組です。

 千葉治郎。「仮面ライダー」の滝和也役以来、変身番組ではおなじみの人です。しかし、一度も変身したことがありません。お兄さんの千葉真一に『お面を被る役は損だからやるな』と言われていたからだそうです。
 変身ヒーローの持ち役が無いことで、子供には印象の弱い俳優ですが、昭和五十年代の東映のアクション映画、アクションドラマには宮内洋よりもよく出ています。主演映画もあって「激突!合気道」では主人公植芝盛平役。植芝盛平は実在した超人的武道家。実在の英雄を演じることも多く、「けんか空手 極真拳」では大山倍達が嫉妬したという天才児春山章(有明省吾)を、テレビ版「二百三高地」では、旅順封鎖作戦の軍神広瀬武夫の役を……そして、俳優を引退した後の職業が森林パトロール官というのも、ものすごくヒーローです。

 「アクマイザー3」のキーワードは、「地球空洞説」と、あと一つは「三銃士」。女アクマに惚れられたり、裏切られたり、だまされたりします。ちょっと異色のラテン系ヒーローです。
 「三銃士」の子供向け抄訳を読んだときの疑問が拭いきれません。四人の剣士が出てくるのに、何故、三銃士なのか?また、銃士という言葉も、いままで生きてきて三以外で聞いたことがありません。

バンキッド


 長坂秀佳迷作劇場7回目「円盤戦争バンキッド」。昭和51年東宝の仕事。全編の特撮を担当したのは真野田陽一監督。ただ…「バンキッド」と言って、真っ先に出る名前は宇宙人デザインの成田亨さんです。バド星人あたりで行き詰まった憾のある、セブン宇宙人のその先が提示されました。造形物も丁寧に作られているのですが、それでもデザイン画を見せられると魂がふるえます。
 
 そして、成田亨さんの次に出てくる名前が、バンキッドペガサス天馬昇役の奥田瑛二。国際的に認められる演技派俳優です。この人が好んで出る難解な映画は私には縁がありませんが、NHKのドラマで演じた本位田又八の役は思い出します。吉川英治の小説を読み返してもわかりにくかった人物が奥田瑛二を通してイメージすることが出来ました。

 バンキッドドラゴン宇崎龍一は田鍋友啓。小さいときから出ている人です。この番組では高校生。奥田瑛二の役は家庭教師。家庭教師と生徒は現実社会でも友達になる例が多くあります。
 龍一の弟、ラビット宇崎龍二役は辻辰之。前回取り上げた「少年探偵団」のトンボ。「バンキッド」は「少年探偵団」のストーリー構造の変形でした。子供のグループ円盤研究会が宇宙人の陰謀をあばいていくのですが、人間に化けた宇宙人を指摘する場面は怪人二十面相の変装を見破るパターンを踏襲しています。
 円盤研究会(少年宇宙遊撃隊)のメンバーはほかにオックス牛島一郎。役は、あのウルトラ6番目の弟、梅津昭典。番組のキャスティングに長坂さんの推薦があったのでしょうか?
 スワン白鳥ほのか役、鈴木美江。顔が小さくて、首と手足が長い。当然ながら身長もあって、仮面にタイツのヒロインのコスチュームを着せたくなります。実際、初期においては、五人の出演者本人が着ていたようです。惜しむらくは一人一人の顔型を取らずに仮面を作ったそうで、スワンの頭もデカい。鈴木美江は後年「仮面ライダー(スカイ)」に喫茶店アルバイト・ナオコ役でレギュラー出演。

 宇崎兄弟の祖父、宇崎巌博士の役が下条正巳。もちろん、その当時松竹映画「男はつらいよ」シリーズで寅屋のおいちゃん役をやっていました。こんな人がなぜ、東宝の「バンキッド」に出ていたのかが、返す返すも不思議です。
 竜崎兄弟の母親役が塩沢とき。子供向け特撮ドラマだと思って、全力のオーバー演技で笑わせようとしてくれます。物語全体をぶち壊すほどのパワーを出します。
 この、塩沢ときさんと平田昭彦が小学校時代の同級生だったという過去に驚きます。その平田昭彦も最終回にゲスト出演しています。特撮ファンとしては、こんな番組に平田昭彦に出てほしくなかったというのが普通の心情です。陸軍士官学校入学→東京大学卒業→内閣官房長官……になってもよいくらいのエリートなのに→ブキミ星人グザレ司令って…そんなもったいない経歴があるものでしょうか。

 もったいないと言えば、金子吉延が第15話にブキミ星人の役でゲスト出演していますが、青影時代の明るく融通無碍な芝居が見れません。
 ゲスト出演者では、他に第1話の水谷邦久。同じ東宝制作ヒーローレインボーマンです。第7話で幼稚園の保母さん役で出た佐々木梨里も特記しておきます。この人は女優ではあるのですが「魔神バンダー」と「オール怪獣大進撃」の主題歌を歌っていました。男の子の声かとばかり思っていたら、大人の女の人が歌っていたのです。なかなかの芸達者です。こんな名優たちと、天才成田亨が参加しながら、「円盤戦争バンキッド」が名作と評価され得なかったことの責任は、メインライターの長坂秀佳さんにもあります。

BD7


 よりぬき長坂秀佳さらば斗いの日々そして…六回目「少年探偵団」(昭和50年)。「レッドバロン」「マッハバロン」の日本現代企画の仕事でした。後に「特捜最前線」や二時間サスペンスで本領を発揮する人なので、怪獣番組よりも、地に足のついた設定のほうが性にあっているのかも知れません。上原正三さんも書いていますが、メインライターは長坂さんです。
 江戸川乱歩の原作との違いは、時代を昭和50年現在に移したことと、団長の小林少年以外は流動的だった探偵団の人員と人数を七人に固定したこと。この改編は成功しています。

 では、賢明なる読者諸君に七人の探偵を紹介しましょう。あるいは机北の友よ、淵籔の記憶を思いおこされたし。
 小林芳雄 団長。日本一の名探偵明智小五郎の助手。昭和11年、すでに小説家として名声の高かった江戸川亂歩が、少年倶楽部の執筆依頼を承諾しました。少年探偵団の構想の骨子は、読者を物語の中に引き込む装置だったはずでず。しかし、昭和50年版のドラマで小林団長を演じた黒沢浩は自己投影しにくい人です。顔が良いとか足が長いとかいう枝葉末節のことではなくて、人種が違うのです。何者かと思ったら、一世を風靡した少女モデルキャロライン洋子のお兄さんだったのです。
 そのキャロライン洋子は第一話のゲストで出演します。動くキャロライン洋子が見られます。どんな美少女だったのだろうと思ったのですが、そうでもありません。お兄さんのほうが綺麗なくらいです。

 以下、身長順。一番背が高い(最年長?)のが小林団長で、その次が篠崎始。当時、注目されていたスポーツ、アメリカンフットボールで鍛えていて体幹が強い。ニックネームは“ガッツ”。必殺技は反則タックル(うそです)。役は坂本高章。芸歴の長そうな人ですが、あまり見たことはありません。体が大きくなったので子役として使いにくくなったのでしょう。

 秋吉めぐみ 手品が得意で、ひとよんで“マジョ”。山添美千代という人がやっているのですが、手品とかいう小手先の芸当よりも、男心を惑わす魔性の魅力があります。斎藤浩子も佐久間真由美も好きだとは思わなかった私ですが、この山添美千代はちょっと好きになりました。怪獣番組には出ていないのですが、後年特撮上映会で観た「血を吸う眼」に出ていました。『あ、マジョや…』と判ったのですが、この映画は「少年探偵団」より過去の作品で、さすがの山添美千代も妖女というより、ただの幼女です。がっかりしました。
 桂正一 ゴム弓の名手で、またの名を“ゴムカン”。演じる簾内滋之は、特撮番組でもおなじみの子役。スター性のある人で、この後、「おらあガン太だ」で主人公をつとめます。
 羽柴壮二 人間から動物までなんでも声帯模写が出来る。二つ名を“オウム”。羽柴壮二というのは、原作で少年探偵団の結成を提案する人物なのですが、このドラマの中では語られません。篠崎始、桂正一も原作に登場しますが、名前を踏襲しただけで設定はテレビ版オリジナルです。オウム役内海敏彦は「マッハバロン」のレギュラーでした。「マッハ」から引き続き出ている人は、ほかに中村警部役の深江章喜。この人は「レッド」の頃からずっと刑事の役でレギュラー出演。私はよく、深江章喜と藤江喜幸を間違えます。そして…怪人二十面相役の人も、クレジットでは「?」となっているのですが「マッハバロン」から引き続き出ている人でした。
 白石四郎 機械いじりが好きで“キカイ”と呼ばれています。当初はラジコン操作の高専ロボット程度のものを造って通風孔から潜入させるくらいのことだったのですが、最終的には自律型二足歩行ロボット・ロボター7を完成させ工学会から注目される天才。演・岩渕英二。大人になって観返すと、この子が一番かわいい。
 山田三吉 身軽で愛称“トンボ”。演じる辻辰行は「円盤戦争バンキッド」のラビット役。次回は「バンキッド」を取り上げる予定。

 大日本雄辯會講談社の「少年倶楽部」に、「少年探偵団」ものが連載された期間は、昭和11年1月号から昭和15年2月号まで。ドイツがポーランドに侵攻し、日本は蒋介石とか共産軍と戦っていました。第二次世界大戦と位置づけられるのは後世のことで、当時は政治家も軍人も不可解な世界情勢は予測不能でした。ましてや小学生に理解できるはずもなく、当時の作文からも、対米英宣戦布告後のような危機感や闘志の滾りが読み取れません。怪人二十面相との闘いに没頭していました。
 小学生と書きましたが、当時は尋常科六年。高等科二年です。高等科は義務教育ではないので、尋常科終了後、五年制の中学に進学する人もいます。
 また、少年探偵団の活動範囲は東京ですが、昭和十八年までは東京府東京市でした。

 特撮技術史の観点で「少年探偵団」が語られるときは、必ず、(いまは亡き)スキャニメイトの効果的な使い方があげられます。忘れてならないのは、そのスキャニメイトで作られたタイトルバックの題字が戸川昌子だったことです。戸川昌子は江戸川乱歩賞を受賞した推理作家なので少年探偵団と無縁ではありませんし、社会的に分類されるなら文化人です。しかし、健全な児童教育とは縁遠い人です。銀巴里、美輪明宏…青い部屋、寺山修司…昭和史の退廃的な場所に棲んでいた人でした。「少年探偵団」は子供が自転車やローラースルーGOGOで走りまわるばかりの番組かと思いきや…淫靡で猟奇的な夜の世界に通じていたのでした。

神xGOD


 長坂秀佳ワークスさらば斗いの日々そして…5回目「仮面ライダーX」。お金を使わないでも「キカイダー01」みたいな面白い番組を書いた功績が評価され、長坂さんは仮面ライダー新シリーズの第1話を任されます。メインライターになるはずだったのですが、四話ほど書いただけで降ろされました。謎の女涼子と霧子の設定がわかりづらいと毎日放送側がクレームをつけたのです。
 涼子とは、ゴッドの理想に共鳴し洗脳された女で、独自の改造技術“カイゾーグ”の理論を研究する神啓太郎教授の助手になります。教授をさらに信用させるために息子の敬介の婚約者になろうともしました。しかし、この親子は予想以上に頑固で、とてもゴッドに入りそうもありません。方針を転換したゴッドは神親子を暗殺する命令を涼子に下しました。しかし、涼子は仮想家族のように行動しているうちに情愛を抱くようになっていたのです。涼子はゴッドの指令を遂行しながら、双子の妹霧子と名のって敬介の前にあらわれ、計画をもらしていたのだと……私は解釈していたのですが…実際は違いました。

 「仮面ライダーX」は涼子と霧子のほかにも謎があります。神啓太郎は第1話で殺されるのですが、その人格はコンピューターに記録されます。以後は、息子である敬介すなわちXライダーに助言を与えていく予定でした。ところが第2話で、敬介に自立心を持たせなければならないと言って自爆してしまうのです。この自爆は長坂秀佳さんの脚本には書かれていません。理由は神啓太郎役の田崎潤の出演料が高かったからだと云われています。それでも納得できないのは、田崎潤が同時期の子供番組「ジャンボーグA」には、ずっとレギュラーで出演していたからです。「仮面ライダーX」の制作予算はどれほど安かったのか?ちなみに「ジャンボーグA」も毎日放送の番組です。

 「仮面ライダーX」は、初期話を観るかぎり、それまでの仮面ライダーシリーズから独立した設定です。敵組織ゴッドとはGoverment Of Darknessの略。企画書には超大国が裏で手を結び世界の支配を企てるというようなことが書いてあります。当時の超大国はアメリカとソ連でした。直訳すれば闇の政府ですが、もちろん神という意味もあります。神や宗教の正体とは人間を支配するシステムで、想像や自由を許さないもの。これは「サイボーグ009」にも通底するテーマです。萬画家石ノ森章太郎の戦うべき敵でした。ところが、ゴッドに立ち向かうXライダーの名前も神なのです。神敬介。神を敬い介けるもの。これもどういうことなのか謎です。神と神の戦い。壮大な物語の最後に、神とは何か?その答えが示されるはずだったのかも知れませんが…ご存知のとおり「仮面ライダーX」は、路線変更、設定変更でグダグダになって最終回を迎えます。
 最終回。キングダークとの大事な決戦のとき、一文字隼人と風見志郎は何処へ行ったのか?敬介は何故、置き手紙の署名を間違えたのか?

 神敬介の名前も謎ですが、ゴッド秘密警察室長アポロガイストの名前にも引っかからずにいられません。太陽神アポロとともにApologizeというダジャレ的ダブルミーニングもあったのか?なお劇中アポロガイストは部下を叱りつけることはありましたが、誰かに謝ったことはありません。ダブルミーニングといえば、私は近畿言語圏に住んでいるので気づかなかったのですが、第15話から立花藤兵衛の喫茶店COLでアルバイトを始める、チコとマコには、東日本の人が指摘するような由来があったのでしょうか?
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking