牢忍ハブラム


「宇宙船」Vol.47(平成元年3月)。すでに新シリーズ「機動刑事ジバン」はスタートしているのですが、特集は「世界忍者戦ジライヤ」。本当に特撮ファンに愛された作品でした。前の番組「超人機メタルダー」は特撮ファンという職業的視聴者には評判良かったのですが子供にソッポをむかれ打ち切りになりました。しかし「ジライヤ」は子供にもウケたと、吉川進プロデューサーもホクホクです。
 世界中に忍者が存在するという世界観…そんな発想がどこから出てきたのだろうととまどいながら観ていたのですが、考えるのをやめたら楽しくなりました。以前「怪獣ハウス」で「ジライヤ」を取り上げたとき、本物の忍者初見良昭さんが出演していることが、この作品の価値という書き方をしてしまいました。それも訂正しませんが、初見良昭さんのおじいちゃんとジライヤと高校生の妹と小学生の弟、この仲の良い小さな家族が力を合わせて正義を守るという雰囲気がとても好きでした。ジライヤは一昨年の戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」にゲスト出演します。ものすごく興奮して、こんなにも私はジライヤが好きだったのかと自問自答しました。

 かといって…「世界忍者戦ジライヤ」を名作と思えないのは「仮面の忍者赤影」を知っているからです。子供向け時代劇がお家芸だった東映は昭和47年「変身忍者嵐」で視聴率的に失敗しました。以降子供向け時代劇は作らなくなったのですが、昭和51年「忍者キャプター」で、現代を舞台に忍者を活躍させる手法を見つけます。このやり方だと着物や小道具、ロケ地の選定に苦労がいりません。「ジライヤ」も「ニンニンジャー」も現代忍者です。これが忍者ヒーローの表面的な歴史なのですが、時代劇で勝負したら「赤影」に絶対勝てないというのが真相ではないかという気がしてきました。次回は「赤影」について書いてみたいと思います。日本の特撮は怪獣からではなく忍者から始まったのですから。なお「ジライヤ」とはもともと歌舞伎の演目です。忍者ヒーローを語るにはそこまで遡る必要があります。

 ジライヤ一家が狙われる理由は、パコという秘宝を代々守り続けているからなのですが、そのパコとは何かが思い出せないことにいま気づきました。最終回近くで聖徳太子が建立(製作でも建造でもなく大仏と同じく建立の語を用いる)した磁雷神という巨大ロボットが登場します。あれだったのでしょうか?でたらめも極まれりという展開でした。

 聖徳太子といえばお札の顔だったことを憶えている年代です。聖というよりも欲という字が浮かびます。国語の時間に、お札の顔が一新されるという新聞記事を読んで作文を書きなさいという課題が出されたことを思い出しました。子供の頃から世の中が変ることがいやな保守派だった私は、反対意見を書きました。聖徳太子と福沢諭吉では歴史としても人物としてもスケールが違い過ぎる。この差は日本人のスケールが小さくなったことを表すのではないか。それまでは政治家から選出されていたが、今回は文化人から選ばれたという部分にも反駁しました。普遍的な法則や真理を追求する学者が高尚で、ときに大衆の不定形な欲望利害と対峙しなければならない政治家が下賤であるとは思わない。政治家と学者、そして、軍人は国家の根幹であり、その重要性に上下は無いはず。第一級の政治家であり学者であり軍人でもあった聖徳太子こそ最高額紙幣の顔にふさわしいというような内容の作文を書きました。
 いま思えば、あの時期に聖徳太子の実在性を疑問視する学説が流行していたのでした。三經義疏、十七条憲法にしても聖徳太子が書いたという確証が無いというのです。法隆寺、四天王寺など聖徳太子の実在を毫も疑ったことの無い側から反論もあったはずですが、すると、空飛ぶ馬を持っていたとか前世の記憶があったという挿話を肯定するのか否定するのかという問題になります。部分的にでも否定すれば信仰が揺らぐのです。
 聖徳太子は民衆信仰の対象でもありました。天才で超人で慈愛の人。真相を解明し自説を発表するのもよいのですが、日本人が求めて作り上げた理想像として研究することの方が意味があると思います。これは特撮ヒーロー論の結論へつながる布石でもあります。
 とにかく、次回「仮面の忍者赤影」について書いておかねばならないと思っているのですが、「赤影」と「ジライヤ」、両方に出演しているものすごい芸歴の人がいました。牢忍ハブラム役の大前均です。
スポンサーサイト

ガンヘッド


「宇宙船」のバックナンバーを再開します。Vol.46(昭和64年3月)。川北紘一監督の「ガンヘッド」の速報が載っています。これは日本サンライズから東宝に持ちかけられた企画だといわれています。メカ好きの川北監督が嬉々として撮影されたであろうことは伝わってくるのですが、状況設定が複雑で観客には何をやっているのかよく分かりません。時代も場所も分かりません。じつは角川書店から文庫二冊の原作が出ていて、映画はそれの後日談だったのです。ガンヘッドは本来自律型のロボットなのですが、高嶋政宏が操縦方式に改造しました。さらに閉所恐怖症でコクピットが苦手というややこしい設定になっています。ガンヘッドのデザインは河森正治さん。前々回絶賛したバルキリーを産み出した人です。あのウルトリアも河森さんでした。あまり関係ありませんが「ガンガンヘッドは男のロマン」の吉本新喜劇島木譲二が今年死にました。合掌。

 戸袋を捜したら、川北紘一監督にもらったサインが見つかりました。1984.9.14となっていますので「ガンヘッド」の前の作品「零戦燃ゆ」の公開直後です。こっちは状況設定がわかりやすく場所や時代に迷うことはありません。堤大二郎演じた搭乗員の名前は浜田庄一。すぐに杉田庄一さんがモデルだということがわかります。「風立ちぬ」の堀越二郎さんの役は北大路欣也、その助手曽根嘉年さんの役を大門正明。私が初めて買った新車はランサーの一番安い型だったのですが、その時の三菱自動車の社長が曽根嘉年さんでした。なぜ知ったかというと、三菱の車種に不具合が見つかったとかいう件で新聞に載ったからです。不安になるよりも、その名前を見て絶対的な安心感を得ました。太平洋上で燃料計が0を指しても生還できそうです。

「風立ちぬ」の題名を挙げましたが、あのアニメの最初の場面。少年時代の堀越二郎さんが夢の中で飛行機を作って飛びます。そういえば、私も同じような夢をよく見ていたことを思い出しました。バスの車庫がある敷地のスクラップ置場に零戦があったのです。私はこれをレストアしてなんとか飛行可能状態にして隠しておきました。(夢の中の話です)そのことをときどき思い出して、ガソリンを入れて飛んでいたのです。
 夢を見ていても埒があかないので、進路相談のときに戦闘機乗りになりたいと言ってみたら「あほか」と一蹴されました。やはり、先輩で戦闘機パイロットを志望した人がいたというのです。私なんかより知力も体力も断然優れていたのですが、何段階かの適性検査の過程で落とされたそうです。テストの中には、耳から空気を入れて鼻に抜くといった後天的努力では如何ともしがたい種目もあったといいます。いずれにせよ、お前ごときボンクラには到底無理と。だいたい、私の持っている情報も少々古くて、小学校を卒業して予科練に行くとか、学徒動員で特攻隊員になるとかあまく考えていました。「ウルトラマンエース」などを見ていても、前日までパン屋とか看護婦をしていた人が、すぐ戦闘機を操縦しています。このさい、特攻隊でもよいと食い下がったら「どあほ」と二蹴されました。最近のジェット戦闘機は100億円とか200億円とかするしろもので、体当たりなんかさせられない。死ぬなら一人で死ね。寝言にはつきあってられないということでした。

 ジェット戦闘機の値段がそれほどのものなら「ウルトラマンエース」のTAC隊員にも、超獣に攻撃されてちょっと損傷を受けたくらいで、すぐ脱出するのはやめて欲しいと思ったのですが、零戦にしても、戦後の物価に換算すれば一機一億円くらいになるそうです。で、「ガンヘッド」の撮影のために作られた1/1、6.12mのガンヘッドが一億円かかったといいます。貧乏人には高いのか安いのか見当がつきません。

カメストーン


 書斎派というのか出不精といおうか、引きこもり系の私が四天王寺に通うようになって、生活スタイルが一変しました。いまや、すっかりワイルドなアウトドア派です。歩いて30分くらいな場所にこんなワンダーランドがあったとは!“東大もと暮らし”とはこのことです。広大な敷地に堂塔史跡がひしめいています。お釈迦様の足跡もあれば源義経が鎧を掛けた松の木もあります。猿回しを見たり法話を聴いたり写経をしたり…豪快に遊んでおります。ディズニーランドというのは行ったことが無いのですが四天王寺より楽しいとは想像できません。ちなみに千四百年前に公人中の公人聖徳太子が建てたという歴史があり境内は24時間出入り自由なので、公共施設か公園のように思われているのですが、実は四天王寺は私有地です。寺内にある秋野暢子が卒業した名門四天王寺高校も私学です。

 今年は四天王寺名物古本市にも行ってきました。タイガーマスク研究会の参考資料として買った、昭和46年の週刊少年マガジンの感想を書いておきます。
 巻頭カラー特集は大山倍達と「最強!大山空手の秘密」!少女アイドルのグラビアが巻頭を飾る現在の週刊少年マガジンとの連続性は一点も見出せません。「タイガーマスク」は講談社月刊ぼくらで連載が開始されたのですが、週刊ぼくらマガジンに移行し、休刊統合にともない週刊少年マガジンに吸収されます。かつては「ぼくら」の顔で、カラー扉絵に二色刷りだったのですが、少年マガジンに来てからは肩身がせまそうです。この号は、悪役ワールドリーグ戦に優勝するも心身ともにぼろぼろになり、ラスベガスのネオンの中を「つかれた……」とつぶやいて帰っていく後ろ姿がラストシーンです。この後、帰国し、大阪府立体育館の裏道でダンプにはねられて死にます。
「タイガーマスク」を吸収したことで週刊少年マガジンは梶原一騎作品を三本同時連載することになります。他の二本は「あしたのジョー」と「空手バカ一代」。「あしたのジョー」はテレビ局主催のパーティの場面。ここにホセ・メンドーサが紛れ込んでいました。「グッドラック」と言ってジョーの肩に手をかけたら、あまりの握力に跡が残っていたという、あのエピソードにつながります。「空手バカ一代」は大山倍達とピストン堀口がプレミアムなスパーリングをする回。大山倍達とピストン堀口に技術交換を伴う交流があったことは事実。漫画では素人のように言っていますが、実は大山倍達は空手を習うより前にボクシングをやっていました。柔道も三段です。しかし、空手一筋のバカではなく器用な総合格闘家にしてしまったならタイトルに掲げたテーマが薄れます。

 連載漫画の一番後ろに石森章太郎「仮面ライダー」があってびっくりしました。トクをした気分もあったのですが、表紙にタイトルが載っていないことに不審をおぼえました。肩身のせまそうな「タイガーマスク」よりもひっそりとあるのです。ぼくらマガジンが休刊した理由は、仮面ライダーにタイガーマスクが人気を持っていかれたことでした。講談社は仮面ライダー専門誌テレビマガジンを創刊するのですが、石森章太郎「仮面ライダー」の連載は、テレビマガジンに行かず、「タイガーマスク」とともに週刊少年マガジンに移っていたのでした。この号の回は、一文字隼人が日の下電子の謎を探っているうちにショッカーの真相にたどりつく最終回目前のエピソードです。テレビの仮面ライダーが社会現象になるほどの話題になっていた頃、石森章太郎先生の漫画版仮面ライダーは、あまりにも人気が無かったのです。仮面ライダーファンの私も聞いたことがありませんでした。言ってはいけないタブーだったのでしょうか。

 四天王寺前夕陽丘駅のゆるキャラは亀和尚です。生惠幸子師匠のツッコミは「なにゆーてんのドロガメー!四天王寺に行ったらなんぼでもおる」でした。本当に昔、私は四天王寺の亀池から亀を一匹盗んだことがあります。そんな私から四天王寺さんにお願いがあります。亀池の亀を日本種と外来種に別けて、どちらかを西側の丸池に移してもらえないでしょうか?日本産の亀は絶滅が危惧されています。重ねてお願いします。グッドラック。

レインボーマン(アニメ版)


 昭和58年度版テレビヒーロー大百科からスーパーメジャーヒーロー宇宙刑事シャリバンを描いた後で思い直しました。怪獣ハウスに載せるイラストは、陽の当たらなかった者でなくてはならないと。すなわちアニメ版レインボーマンこそ平成最後の年に誰かが思い出して供養してやらねばならなかったのでした。
 アニメ版レインボーマンは失敗作でした。商品展開を考えて巨大ロボットを登場させたことが間違いでした。ロボットで決着をつけるならレインボーマンに変身する理由が半分無くなり、物語の説得力が失われます。なによりも、毎日放送は日曜日の午後に「超時空要塞マクロス」と一緒に放映したのです。視聴者は同系統のロボットアニメとして比較せざるを得ません。一目瞭然と言うより同じ時代の新作アニメとは思えないほどの技術の差がありました。「マクロス」のオープニング。エレベーターで格納庫から甲板に上がってきて、誘導員の指示で飛び立つバルキリーの緻密な作画に心を鷲掴みにされます。バルキリーは合体ロボットではなく一体変型タイプです。当時現役の実機F-14そのままの飛行形態から、ガラッとひっくり返って戦闘ロボットになります。これを完全再現したおもちゃが発売されていました。どうなっているのか知りたくて、私は春休みにアルバイトをして手にいれました。合体方式でもなくパーツの付け替えもなく、しかも、飛行形態とロボット形態どちらもかっこいいという、すばらしいデザイン、すごい設計でした。前回、シャリバンをほめちぎりましたが、グランドバースから変型するバトルバースは不格好でした。戦闘ロボットというより作業機械を意識したといいますが、そういう運用描写は本編中に無かったと思います。同時期、機関車からロボットに一体変型する銀河疾風サスライガーというのがありました。アニメではかっこよかったのですが、おもちゃにしたとき再現しきれずバランスの悪い物になっていて買う気が起こりませんでした。

 初めてアルバイトして買った完全変型バルキリーは、いまもこの写真のような状態で保管しています。では、それ以前に欲しいおもちゃがあったらどうしていたかというと、木を削って自作していました。サテライザー、大空魔竜、マグマライザー、ウルトラホーク1号、ビートル、ウルトリア……。その時点における技術力を傾注して作り上げた自信作ではあったのですが、家を出るときに湮滅しました。これを子孫に見られたら恥ずかしいと思ったのです。
 私の生家に、ものすごく精巧な船の木製模型がありました。作ったのはおばあちゃんの妹の子供で、戦中戦後のある時期、うちに住んでいました。健治郎さんという人で、いとこである父の口からも「けんちゃん」という名前がよく出てきました。もちろん、お会いしたこともあります。高価なプラモデルをお土産に持ってこられました。小学生の頃の写真を見ると、丸顔でかわいくて賢そうな子供です。その人が私と同じ年頃に自作したという船の完成度が圧倒的だったのです。船体も完全に対称で表面も磨き上げられていました。この作品と較べられたら私の作ったものはゴミでしかなかったのです。
 さて……その健治郎さんとは別に、もう一人、おばあちゃんの弟の子供という人もいたらしいのです。この人は出来が悪く寝小便ばかりするので、おばあちゃんに怒られてばかりでした。ひねくれた性格がさらに歪み、家を飛び出しそのまま行方不明になってしまいました。名前も覚えられておらず、おばあちゃんも、弟武一さんの子供だからと「武一の子」という記憶しか残っていません。ある宗教に、その人の生まれ変わりが私だと告げられました。問題児になったのは、その子のたたりだと告げられ、怖くなった母がお祓いをしてもらったという一幕がありました。
 アニメ版レインボーマンの話が、いつのまにか私の前世の話になっていました。

宇宙刑事シャリバン


 漸く、勁文社「テレビヒーロー大百科」に話を戻します。その昭和58年度版。この版になってアニメ番組と実写番組が区分されました。おそらく特撮ファンの擡頭が認識されるようになったのでしょう。ただし、アニメファンの方が断然優勢です。本の前半がアニメで、実写は後半です。採り上げられる作品数もアニメが24本に対して、実写は7本。「大戦隊ゴーグルⅤ」「科学戦隊ダイナマン」「宇宙刑事ギャバン」「宇宙刑事シャリバン」「ロボット8ちゃん」「バッテンロボ丸」「魔拳カンフーチェン」これで全部です。この時代の特撮ファンに問いたい!かくも不遇な仕打ちを受けながら、君は如何なる信念で特撮ファンたらんとしたのか?
 なお24本のアニメにはロボット物だけでなく「パーマン」「ミンキーモモ」といった系統の作品も含まれています。こっちで気になるのはアニメ版「レインボーマン」。あと…「サイボット ロボッチ」。田舎の村に住む博士が造った少年ロボットの話で、あきらかに「Dr.スランプ」なのですが(ちなみに「Dr.スランプ」は何故か大百科に入っていません)、私はこの「サイボット ロボッチ」に、あの「ジャンジャジャ〜ン ボスボロットだい」の匂いも感じます。

 今回はとりあえずシャリバンを描いときました。一口メモとして、私は全身を描きたい派なのですが、宇宙刑事は腰から上だけをトリミングして、メカの細部や映り込みを描き込んだ方がかっこよくなります。
「宇宙刑事シャリバン」はかっこよさという一点で頂上を示した作品だったと思います。これを超えることができなかったために、あるいは、かっこよさとは別の価値観を模索しているうちにメタルヒーローシリーズは自滅していったのではないでしょうか。「ブラック」「RX」も同じ手法で作られたことで独自性を残しえませんでした。
 ならば、シャリバンはどうしてかっこいいのか?かっこいいとはどういうことなのか?そんな根源的なことを考えてしまいます。シャリバンのデザインはおそらく何十枚と描かれて、製作側、スポンサー側で検討が重ねられた結論で、その総意に基づいてマスクとスーツが造型されました。かっこよくて当然と言ってしまうことは容易なのですが、シャリバンの決めポーズ、四股立ちから右手を開くあの型はどこから生まれたのでしょうか。無骨なポーズがなぜかっこいいのか不可解なのです。
 なによりも不可解なのは、エンディングの謎のカットです。シャリバンが歩いてくる背後を関係ない車が横切ります。「強さは愛だ」の歌詞で言うと〽くーるしみをくーるしみをのところ。背骨がびびるほどかっこいいのです。聞くところによりますと、当然NGカットなのですが、なんか不明ながらかっこいいので使ったといいます。
 同じことを後のシリーズ「巨獣特捜ジャスピオン」のエンディングで意図的にやられるですが、柳の下の泥鰌の古諺のまま、かっこいいという感覚は得られませんでした。かっこよさとは何か?計算では出せないということまでは言えそうです。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking