宇宙刑事


 講談社X文庫「メーキング・オブ・東映ヒーロー3メカニカルヒーローの世界」。第3巻は戦隊とメタルヒーロー。なお、この本の発行は昭和62年4月。その時点ではメタルヒーローシリーズという呼称は確立しておりませんが、便宜的に使用いたします。
 メタルヒーロー第一作、特撮ヒーロー史に輝く「宇宙刑事ギャバン」。発案者はバンダイの村上克司さん。村上さんが描いた銀色の宇宙戦士のイラストから発想が広がっていきました。東映側のプロデューサーは吉川進さん。メインライターは上原正三さん。音楽は渡辺宙明先生、主題歌串田アキラ。そして、主演は大葉健二。私の感触では、「バトルフィーバーJ」→「電子戦隊デンジマン」→「太陽戦隊サンバルカン」→「宇宙刑事ギャバン」が大泉東映ヒーローの主流で、「大戦隊ゴーグルV」が分流ではないかと思えます。「サンバルカン」と「ゴーグルV」は水質が違う気がするのです。いま、気がついたのですが、私はゴーグルロボのデザイン画を見たことがありません。

 当時のテレビ雑誌で、市川森一さんのインタビューに答えて、上正さんが「宇宙刑事ギャバン」にかける意気込みと苦労を語っておられました。意気込みは金城哲夫の「ウルトラマン」には及ばずとも、自分の代表作にする。苦労については、時間と予算がウルトラシリーズより厳しいこと。
 予算についての条件は意外でした。我々特撮ファンの耳には、新作「宇宙刑事ギャバン」」は、第三話までに一億円をつかったという噂が入ってきていたのです。東通ECGシステムによるマクー空間の表現にお金がかかったのでしょうか?

 東通ECGシステムについては「特撮秘宝Vol.5」(洋泉社)に、理論と実際が解説されています。ビデオで合成してフィルムに変換する装置です。映像表現の可能性が無限に広がりました。カメラとVTRと周辺機器までは自力で開発したのですが、最後の焼き付けだけはアメリカまで持っていかなくてはなりませんでした。しかし、この画期的なシステムもハイビジョンカメラとCGの時代になると、まったく無用の長物になってしまいました。技術を継承する人もいません。着物とか日本刀よりもむなしいジャンルが特撮かも知れません。火縄銃みたいなものですら、その技術を伝える保存会があるというのに……。

 マクー空間について、もう少し書きます。これは銀色のキャラクターにしたギャバンがハレーションを起こして屋外撮影に向かなかったために考えられたアイデアでした。モンスターとギャバンの戦いが始まると、バトルフィールドが、セットと東通ECGで作った異次元空間に飛ぶという設定です。この設定は便利で、最後の火薬爆発のシーンが毎度三栄土木の採石場になっていたことにも説明がつくという思わぬ得もありました。
 と、初めは一挙両得と自画自賛していたのですが、やはり両刃のレーザーブレードでもありました。マクー空間へ入った時点でストーリーが途絶してしまうのです。人間ドラマに、突如、怪獣が出現する以上の断絶感です。第30,31話に宮内洋の宇宙刑事アランが登場します。本来ならば二人が力を合わせてモンスターを倒すべきなのですが、マクー空間へ入るのはギャバンだけで、せっかくの宮内洋が置きざりになりました。あのとき、宮内洋ファンはさびしい思いをしました。

 「メーキング・オブ・東映ヒーロー3」は、ちかごろあまり見かけない、少女ドラマにも一章割いています。昭和四十年代を通じて吉沢京子がものすごく人気があったことが追体験できます。吉沢やすみ先生が吉沢京子の大ファンで「ど根性ガエル」の吉沢京子のモデルが吉沢京子だったことは有名です。近年の実写ドラマ「ど根性ガエル」では前田敦子がやっていましたが、お母さん役くらいで出てほしかった。思春期とか青春を象徴するスターだったようですが、最近は、線香やお墓のコマーシャルもやっています。

スポンサーサイト

悪魔くん


「メーキング・オブ東映ヒーロー2ラディカルヒーローの世界」(講談社エックス文庫/昭和62年2月)。この“radical”というのは日本語に変換しにくい単語です。異色とか過激という意味がある一方で、正統・根本という意味もあります。ただ、これが特撮ヒーローのことかと思えば納得できるのです。ウルトラマン、仮面ライダー、またはキカイダーにしても、出現時は異端で衝撃的な存在でしたが、いつのまにか、主流になり基本になってしまいました。Radicalとは、そういう意味と理解してよいのでしょうか?
 この「メーキング・オブ東映ヒーロー」の2巻目で扱われているのは、ロボットヒーロー、忍者ヒーロー、妖怪ヒーローです。
 悪魔くんのカラー写真が載っていますので、今回は悪魔くんを描きました。セーターは茶色と白のVで、下地の毛糸は淡い桜色。これは、白黒フィルムで撮ったとき、自然な黒と白になる計算だと思います。不可解なのはマントの色で、表が光沢のある白、裏が、やはり光沢のある青です。特撮で飛行する場面を想定したとき、合成が難しくなります。カラー撮影会用のマントの疑いあり。

 「悪魔くん」は、映画監督をあきらめさせられた平山亨さんが、テレビ部に配属されてプロデュースした、第一回目の作品。玩具会社が企画し東映が受注して作る近年のシステムを作品と呼べるのかという疑義がありますが、「悪魔くん」にはスポンサーがありませんでした。東映が自費で製作し、テレビで放映するとき、一回毎に広告料を集金したのです。作品と呼んでよいと思います。第1話「妖怪ガンマー」の脚本を書いた高久進さんのインタビューが載っていますが、「良いものを作ろうと燃えていた」と証言されています。高久進さんは「キイハンター」から始まる丹波哲郎の刑事ドラマをずっと書いていく人ですが、子供番組でも名前をよく見ます。なぜか「仮面ライダー」シリーズは一本も書かれていません。
 そして、平山亨さんと伊上勝さんのコンビは「悪魔くん」から始まるのです。

 以前、字面だけを見て、伊上勝のペンネームは山上伊太郎からもじったのではないかと書いたことがあります。あれから、また嵐寛寿郎のインタビューを読み直しましたら、アラカンさんに「イガミ」と呼ばれていた人物がいたらしいことがわかりました。音感が似ていますが、この“イガミ”が脚本家山上伊太郎か否かは不明。もちろん、昭和20年にフィリピンで死んだ山上伊太郎と伊上勝に連続的師弟関係はありません。変身ヒーロー史を捏造することは自戒していますが、鞍馬天狗と仮面ライダーは結び付くはずだと確信しています。
 インタビュアーは竹中労さん。「聞書アラカン一代」という古い古い本なのですが、先日書店に行ったら、七つ森書館から新刊で出ていたのです。戦前戦中の映画界の裏事情がわかって、円谷英二研究者にもおすすめです。

 私にとっての「悪魔くん」体験を語りますが、これは本放送で見ていない人の共通談だと思います。白黒番組なので再放送が無かったことに加え、上に書きましたようにスポンサーがついていなかったので、玩具などの商品も出ていませんでした。
 その存在を知るのは勁文社の「全怪獣怪人大百科」です。「原色怪獣怪人大百科」には載っていません。しかし、「悪魔くん」が面白いという評価はずいぶん聞かされて耳年増にはなっていました。やがて、映像ソフトが流通するようになって、観てみたら本当に面白かった。特撮ファンとしては、なんらかの採点をしておかなくてはならないのですが、面白いといわれて観て面白かったら、何も言うことがありません。だまされて来てまことなり夕桜。
 加算するとしたら子役の魅力。第1話の貧太のびっくりする芝居、やはり第1話ラストシーンで、妹をものすごく雑におんぶする悪魔くん……第21話、化石人に氷漬けにされた桑原友美。救出に来たメフィストの魔力で解凍されるのですが、間髪入れずに愛想よく丁寧にお礼を言います。冷凍されて、ダメージゼロか。

千葉真一


 しばらく文庫本しばり。講談社X文庫「メーキング・オブ・東映ヒーロー1アクションヒーローの世界」(昭和62年)。撮影現場での貴重な写真やデータがつめこまれていて資料性の高い本です。仮面ライダー中心の本なのですが、「昭和30年代ヒーロー」という章があり、ここは、千葉真一特集みたいになっています。テレビ「新七色仮面」「アラーの使者」「くらやみ五段」、映画「宇宙快速船」「黄金バット」「海底大戦争」…はじめに千葉真一ありきといった観です。
 千葉真一が体操選手として、東京オリンピックを目指していたことは知られていますが、その一世代前のヒーロー役者・嵐寛寿郎も運動神経の良い人で、飛行機の操縦もできました。教官免許も持っていたそうです。高速華麗なチャンバラは卓越した身体能力の賜物だったのです。さらに、アラカンさんが子供時代にあこがれた、目玉の松ちゃん・尾上松之助という人も運動神経が抜群だったそうです。舞台の上でとんぼ返りをしているのを見た牧野省三にスカウトされました。顔が大きくて背が低いことも好都合でした。体全体のアクションと顔の表情がフィルムの1コマに同時に収まるのです。
 映画の歴史は作家や技術者と対等に、俳優の身体が作り上げたものであるはずです。素材のように軽視されるのは、老化し死滅してしまう個人の肉体に興業の永続を託せないからでしょうか。特撮ファンの間でも、俳優系のファンは、一段低く見られます。一生に一度だけ変身して一年で消えてしまう変身俳優の蜉蝣のような儚さを愛おしく思います。

 ところで、昭和30年代ヒーローの章を読んで、特記しておきたいと思ったのは「七色仮面」の製作費です。編集して劇場公開することが前提だったのですが、35mmフィルムで撮影されて、1本の製作費は500万円だったと書かれています。これは、後年破格と言われた「ウルトラQ」と同等の条件です。

 「くらやみ五段」は変身ヒーロー番組ではなく、千葉真一演じる主人公は盲目の柔道家。原作は寺田ヒロオさん。トキワ荘物語で、藤子不二雄、赤塚不二夫、石森章太郎の兄さん的存在として登場する人です。ウルトラ兄弟のゾフィーとイメージが重なります。「おそ松くん」や「オバケのQ太郎」を見て、こんな俗悪なものを子供に読ませてはいけないと忠告したほどの真面目な人です。
 寺田先生の代表作は「スポーツマン金太郎」。金太郎が巨人に入り、桃太郎が阪神に入って対戦します。本宮ひろしさんの「サラリーマン金太郎」という題名はこの漫画のパロディです。

 千葉真一といっても、私の時代は子供番組に出ていませんでした。唯一「宇宙刑事ギャバン」に半病人の役で出てきて、そのまま布団の中で永眠してしまいました。半病人の印象しか無い千葉真一さんですが、この人の偉さを考えるとき、自らもスターでありながら、弟子から多くのスターを出したことではないかと思うのです。
 千葉真一が東映の子供番組で活躍した時期、東映京都では、山城新伍、松方弘樹が子供向けスターだったのですが、この二人の弟子から真田広之のようなスターは出ていません。スターがスターを育てたという事例が思いつかないのです。考えに考えて出てきたのが、島田洋之助・今喜多代……。日本史全部を見渡しても、織田信長と力道山くらいしかありませんでした。千葉真一に思い入れの無い私ですが、その偉大さにようやく気付きました。

 「メーキング・オブ・東映ヒーロー1」には、長坂秀佳さんのインタビューがありますが、長坂秀佳特集はもっと後でやります。

伊賀電


 現時点でも降り続いている大雨で、生家の近隣(京都府)が被災したようです。片づけの手伝いに帰らなければならないかも知れません。それにちなんで、滅びた故郷の星を再建するために帰って行った男「宇宙刑事シャリバン・SEKISHA!」(昭和60年・徳間書店)。宇宙船文庫かと記憶していたのですが、アニメージュ文庫でした。このレーベルで実写を取り上げるのは異例だったと思います。私は特撮ファンなので気がつかなかったのですが、アニメファンからも注目されていた作品だったのでしょう。

 シャリバンはコードネームで本名は伊賀電。おそらく伊賀忍者の子孫という設定が企画段階にあったと推察できます。前作の主人公ギャバンがバード星人と地球人の混血児だったので、続編の主人公は地球人にするはずでした。それも、森に住んで、樹木やウサギを愛するコテコテのザ・地球人。メインライターは上原正三さん。
 はじめは、基本設定に則って書いていたのですが、途中で、地球人ではないかも知れないことを示唆します。そこから物語は急展開を見せます。伊賀電はなんと、大昔に滅んだイガ星人の末裔だったのです。宇宙刑事の職責に、イガ星の謎解きがサイドストーリーに加わりました。最終回は銀河連邦警察に依願してイガ星目指して旅立って行きます。
 イガ星とは、あきらかに、上原正三さんの故郷…沖縄です。

 上原正三さんの沖縄への思いは、そのまま畏友金城哲夫への思いです。死んだ友との約束のために戦う男の物語「宇宙海賊キャプテンハーロック」は、上原正三のアニメにおける代表作です。ハーロックもまた、地球に失望し宇宙へ漕ぎ出しながらも、故郷への思いを断ち切れない男でした。
 キャプテンハーロックの失望は、地球が繁栄し人々が堕落したことでした。上正さんも沖縄に失望していました。
 上陸してきたアメリカ軍に対して、沖縄の人は女学生から老人まで、苛烈な抵抗戦を繰り広げました。県民の四人に一人、十五万人が戦死しました。ところが、戦闘が終結すると、敵の宣撫工作にころっと恭順してしまいました。これを賢明と言うのか、それとも卑屈と見るのか、あるいはテーゲーなのか。
 上原正三さんは、沖縄の現状現実を直視しつつ、大昔、薩摩の侵略に空手で抵抗したという、日本の歴史教科書に書かれない琉球の英雄達に理想像を結びました。金城さんにしても、沖縄というより琉球王国にアイデンティティーをもとめていました。

 松本零士先生もまた、少年の目で日本民族の勇敢さと卑劣さを見つめていました。勇敢な日本人は戦って死に、卑劣な者だけが生き残ったのです。堕落した日本人に失望し、かつて存在したはずの真の男の姿をキャプテンハーロックに託しました。

 さて、ここで私が出てきます。私もまた、故郷を無くした男、祖国に失望した男、シャリバンやハーロックに強く共感しました。では、どれほどの体験があったのかというと、通っていた小学校の木造校舎が取り壊されコンクリートになったのです。はげしくがっかりしました。
 明治時代に建てられて百年経った校舎には、絹産業で町が栄えていた頃の栄華と戦前の記憶が刻まれていました。失望させられたのは、その価値を理解せず、子供も大人もコンクリートの新校舎を喜んでいたことです。これを見て暮らすくらいなら、町を出ようと思いました。星のかけらになろうとも!異土のかたいとなるとても…帰るところにあるまじきと。特撮ファンになった理由は時代の流れに乗れない性分からかも知れません。

 いまは大阪に住んでいますが、故郷に失望しながらも郷土愛を持つ男というキャラクターは続けています。人工的に小ぢんまりと整備されていく町にがっかりしながら、ふるさと納税したりしています。
 ちょっと前、駅前の再開発計画にひっかかり、家を立ち退きさせられた同級生がいました。特撮ファンの私を笑わせようと、
「霧の童話みたいやったで」
 と語りました。「怪奇大作戦」のこのエピソードも上原正三さんの脚本でした。ダム計画で沈む村の住人が工事を阻止しようと叛乱を企てる話です。私は、
「ほんで、立ち退き料なんぼもろたん?」
 と、キャプテンハーロックらしからぬことを聞いてしまいました。
 雨の中で昔のことを思い出しています。

ワルダー


 宇宙船文庫「日本最強悪役列伝」(昭和62年6月)。「月光仮面」から「超人機メタルダー」までのテレビ悪役200人を選出した本。大々的な世論調査をしたはずはなく、構成執筆として記名されている大石真さんほか三人くらいで決められたものだと思います。なぜか安藤三男のキャラクターが多く上位に選ばれているなと思うくらいは特に異論はありません。バルタン星人とジャミラは入っていますが、知能の低い怪獣は悪役の定義から外されているようです。
 そのバルタン星人は2位で、1位はハカイダー。ハカイダーの1位は現在も不動。ヒロインNo.1が永遠にアンヌ隊員であることとともに、考えてみれば「特撮」は動きの少ないジャンルです。

 前々回ビジンダーを描いたので、今回はワルダー。「日本最強悪役列伝」には15位で入っています。キカイダー01を倒すためにシャドウが雇った殺し屋ロボット。誰に造られたのかという出自が明かされません。ダークとシャドウ以外にもアンドロイドのメーカーがあり、レンタルもやっているのかという空想がひろがります。原作漫画にも登場しますが、まったく違うキャラクターです。初登場回の脚本は長坂秀佳さんなのですが、むしろ勝手な方向に独り歩きして行ったようなヤツです。
 おそらく、当初はキカイダーに対するハカイダーのような、01の好敵手として設定されました。ハカイダーの武器が銃だったので、ワルダーの武器は剣。なりゆきでサムライロボットの性格が与えられました。悪役ながら清廉潔白というオリジナルでハカイダーとのキャラクターの差異を確定させます。唯一の弱点はQちゃんと同じで犬が怖いこと。(なお長坂先生は犬好きで、作品にも犬がよく出てきます。)

 サムライロボットにされたことが、ワルダーにとっては幸だったのか不幸だったのか?昔の武芸者が武者修行で強くなっていくように、ワルダーのシステムも闘争を経験することで学習するプログラムですが、やはり、往時の剣士が真剣の決闘を勝ち抜きながら、精神を高めていったように、ワルダーの電子頭脳も精神的なものを醸成していきます。戦って勝って強くなる…その先に何があるのか。すなわち、キカイダーと同じ悩みを持ち始めました。自分はなぜ人造人間なのか?
 同僚ともいうべきハカイダーは相談相手になりません。知能は高そうですが狡猾な野心家であるこいつとは、最初から気が合いませんでした。むしろ、敵ながら強くてまっすぐな01に敬意を抱くのですが、それだけに弱みを告白するには男の意地が邪魔します。
 そこに、ビジンダーがいました。女の姿で油断させて01を倒すというコンセプトで造られたシャドウロボットだったのですが、01に良心回路を入れられてしまいました。人間的な思考が働き始めると、女であるだけに外見への苦悩は深刻になります。ワルダーは、人間社会でロボットとして生きる疑問と、目下の悩みをうちあけます。ビジンダーは共感しました。複雑な気持ちを理解してくれるビジンダーに感じた母性はすぐに恋情に変化します。剣の道を極め、禅境に至る可能性もあったサムライプログラムだったのですが、導く師に出会えなかったワルダーは恋慕の獄に堕ちてしまいました。

 しかし、ビジンダーが好きなのは01だったのでした。ワルダーは、守り刀として宝刀村雨をビジンダーに贈ります。これは自分の刀正宗とセットになっているものです。このワルダーの思いを込めた刀を…ビジンダーは、01にやってしまうのです。ワルダーは嫉妬に狂って01に決闘を挑み、村雨で斬られて死にます。

 奥山にふみわけ入りて人里に出る。柳生十兵衛のこの言葉をワルダーに供えたいと思います。非情の道を追い求めた先にも人の世が恋しくなると、いにしえの剣豪が言っていました。
プロフィール

ハヌマーン&さとる

Author:ハヌマーン&さとる
怪獣本・特撮書籍の蒐集。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking